飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

飲食の販促

>

Uber Eats・出前館掲載デリバリーブランド数ランキング!TOP30【2022年6月】

Uber Eats・出前館掲載デリバリーブランド数ランキング!TOP30【2022年6月】

コロナ禍により、フードデリバリーサービス市場が急拡大しています。

飲食店等の店員が配達するサービスは従来から存在していましたが、近年では、プラットフォームを利用して、注文の取り次ぎ・配達の代行をおこなうサービスが提供されています。

日本のフードデリバリープラットフォームの代表として挙げられるのがUber Eats(ウーバーイーツ)出前館です。

そこで、今回は急拡大している2つのデリバリーサービスに加盟しているデリバリーブランド店舗数をランキングでまとめました。

それぞれの特徴や掲載ブランドの比較を交えてまとめて紹介していきます。

Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、2016年9月に日本でサービスの提供が開始され、現在の掲載店舗数は150,000店舗以上です。

個人レストラン・中小飲食店・大手チェーンレストラン・デリバリー専門店・コンビニなどと多岐にわたり提携しています。大手の店舗はもちろん、個人レストランも充実しています。

Uber Eats掲載店舗数ランキングUber Eats掲載店舗数ランキング

順位ブランド名(掲載店舗数)
1ローソン(1017)
2から好し(533)
3ほっともっと(527)
4すき家(480)
5吉野家(477)
6ガスト(469)
7カレーハウスCoCo壱番屋(455)
8松屋(452)
9ドミノ・ピザ(383)
10マクドナルド(340)
11ケンタッキーフライドチキン(326)
12ニャムニャムチキン(308)
13モスバーガー(292)
14スシロー(287)
15餃子の王将(280)
16魚民(242)
16ピザハット(242)
18からあげの鉄人(241)
19ピザーラスタイル(239)
20なか卯(231)
21牛角(211)
22ドトールコーヒーショップ(210)
23キッチンオリジン(206)
24はま寿司(205)
25サイゼリヤ(196)
26串カツ田中(195)
27スターバックスコーヒー(193)
28コメダ珈琲店(188)
29バーミヤン(178)
29丸亀製麺(178)

※2022年6月9日時点 Food's Route調べ

1位は日本のコンビニエンスストアで初めてフードデリバリーサービスへ加盟した「ローソン」。コロナ禍により、食品だけでなく日用品などの配達ニーズが高いことがわかります。

大手チェーン店がランクインするなかで、大人気韓国チキンのデリバリー専門店「ニャムニャムチキン」が12位にランクインしています。

出前館

出前館は、2017年3月に神奈川県で配達代行サービス「シェアリングデリバリー®」を開始し、配達範囲の拡大やデリバリーサービスの需要が増えたことで、現在の掲載店舗数は100,000店舗以上となります。

コロナ禍前はピザや寿司のようなデリバリー専門店が多い傾向でしたが、2020年から個人レストラン、中小飲食店、大手チェーンレストランが急増し、Uber Eats(ウーバーイーツ)にも引けを取らないラインナップになっています。

出前館掲載店舗数ランキング

順位ブランド名(掲載店舗数)
1マクドナルド(888)
2ガスト(806)
3ドミノ・ピザ(757)
4吉野家(603)
5ほっともっと(581)
6ピザーラ(531)
7カレーハウスCoCo壱番屋(525)
8土鍋パスタ SPALA(449)
9VIVA PAELLA ビバパエリア(431)
10ピザハット(422)
11銀のさら(353)
12餃子の王将(290)
13なか卯(270)
14から好し(249)
15松屋(240)
16日高屋(223)
17バーミヤン(214)
18リンガーハット(211)
19デニーズ(206)
20釜寅(199)
21スシロー(184)
22くら寿司(179)
23やよい軒(170)
24ココス(163)
25ジョナサン(162)
26ロイヤルホスト(161)
27ナポリの窯(159)
28ケンタッキーフライドチキン(158)
29かつや(152)
30宅配とんかつ かさねや(151)

※2022年6月9日時点 Food's Route調べ

1位は「マクドナルド」。ピザやお寿司などデリバリー専門店が上位にランクインしています。また、大手チェーンレストランが多くランクインしています。

Uber Eatsと出前館の違いとそれぞれの特徴

フランチャイズ展開で店舗数拡大中のブランド「ほっともっと」がUber Eatsで3位、出前館では5位と上位にランクインしており、お弁当のデリバリー需要が高いことがうかがえます。

Uber Eatsには、「スターバックスコーヒー」や「ドトールコーヒー」、「コメダ珈琲店」など軽飲食ブランドが多数ランクインしています。

出前館は、自社で配達機能を持っている場合も、注文代行サービスとして利用できます。

そのためUber Eatsに比べて、ピザやお寿司などデリバリー専門店が上位にランクインしています。

まとめ

やはり、掲載数は大手チェーン店が上位を独占するランキングになっていました。

フードデリバリー需要は拡大し続けている中で今後、飲食業界がどのような動きを見せるのか、注目してみてください。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。