食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

配食サービスのフランチャイズ一覧

配食サービスで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

10件/全10

配食サービスのフランチャイズ、独立開業情報の特徴

配食サービスのフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「空き時間で稼ぐ」のフランチャイズが多く、全体平均53%に対して100%と高く、次いで「既存店の売上UP」の割合が全体平均70%に対して100%、「低資金で開業」の割合が全体平均75%に対して100%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均68%に対して100%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均63%に対して100%、「未経験からスタート」の割合が全体平均80%に対して100%、「1人で開業」の割合が全体平均60%に対して100%、「三ヶ月以内に開業/独立できる」の割合が全体平均74%に対して100%、「半年以内に開業/独立できる」の割合が全体平均62%に対して83%、「夫婦で独立」の割合が全体平均52%に対して83%、「好きな時間に働ける」の割合が全体平均49%に対して83%、「無店舗で開業」の割合が全体平均31%に対して83%、「副業としてスタート」の割合が全体平均55%に対して83%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均32%に対して83%、「居抜きOK」の割合が全体平均45%に対して67%、「女性が活躍!」の割合が全体平均52%に対して67%という特徴を持っています

時間に融通を利かす事を大事に思うのであれば、おすすめのジャンルになります。

配食サービス フランチャイズで地域に貢献

高齢化社会の現代日本で、配食サービスの重要性が高まっています。ビジネスとして配食サービスに興味がある方に向けて、配食サービス・魅力について触れていきます。

内閣府の発表によりますと、日本の高齢者率は、昭和45年で7%を超え、平成6年に14%、令和3年で28.9%に達したとあります。

一般的には65歳以上の割合が14%を超えると高齢化社会と定義されるそうで、日本はかれこれ30年近く、高齢者が多い社会が続いていることになります。

高齢者には、日々の生活に支障をきたす場面が多いため、政府としても出来る限りの支援をしているわけですが、配食サービスもその一環の位置づけです。配食サービスがもたらす社会・地域への価値は何か、どういった役割があるのかを解説していきます。

配食サービスとは

一般的に「配食サービス」とは、ご自身で食事の準備が難しい高齢者のためのサービスです。類似サービスで「宅食サービス」がありますが、大きな違いは自治体と連携しているかという点です。

自治体と連携

配食サービスを利用するのは高齢者の方になりますが、まず自治体で配食サービスの利用申請をするところから始まります。そこで登録された方に自治体から該当地域内の配食サービス事業者を紹介され、利用者本人がご自身の意思で選ぶ。というのが大まかな流れです。

したがって、配食サービスの事業者になりたいと考えている方は、自治体と連携するところから始める必要があります。

詳しくは自治体のホームページを確認すると良いでしょう。「市区町村名 配食サービス 事業者募集」といったキーワードでお調べになると自治体の関連ページが見つかります。

高齢者向けの健康的なメニュー

配食サービスは、前提として高齢者向けの食事ということもあり、提供するメニューは栄養バランスが取れた健康的なものでなければなりません。

高カロリーの若者向けメニューでは申請ができない訳ではありませんが、事業目的から逸脱する内容の場合、選ばれる可能性は低いでしょう。

メニューの特徴

  • 栄養士が監修した栄養バランスが取れたメニュー
  • おかゆに変更できるメニュー
  • ムース食(咀嚼が困難な方向け)

上記のように高齢者の食事情に合わせた柔軟なメニューを提供しているところが目立ちます。

配食サービスの事業者登録を検討するなら、既存で弁当事業を行っている事業者の方が大きな業態変更が不要のため取り組みやすいのではないかと考えます。

宅配と安否確認

配食サービスの目的は食事を運ぶだけではありません。食事を運ぶ目的の他に、安否確認という目的も含まれています。

そのため利用者の要望がない限り食事は手渡しで行い、都度安否を確認するという点が求められます。また、利用者が何回利用したか、休止したかといった情報を自治体に対して定期的に報告する必要もあります。

この点が宅食サービスとの大きな違いになり、社会・地域への貢献につながる大切な事業であると言えます。

配食サービスを開始するには

配食サービスを開始するには、まず該当の自治体に申請を行うところから始まります。

自治体によって募集時期や募集要項が異なる場合があります。主に市区町村内に事業所・施設があること、次年度の1年間の委託という形式が一般的です。

高齢者世帯が増えている現状から考えて、配食サービスの事業者登録が増えることは自治体としても望ましいことと言えます。

配食サービスの魅力

前述のとおり、配食サービスには高齢者へ食事を提供する・安否を確認するという重要な役目があります。今一度、配食サービスの魅力について解説します。

地域・社会への貢献

地域・社会に貢献できる事業というのは大きな魅力の一つです。

配食サービスという関わり方ですが、高齢者が増えている日本においては影響度が増す一方です。事業に携わる従業員も社会貢献ができるということは、誇りに思えるのではないでしょうか。

安定した注文数の確保

仮に配食サービスを始めた場合、一定の利用者から注文が入る事になります。

デリバリー系のビジネスの場合、注文数は不定期のため場合によっては食材廃棄が増えるリスクがあります。その点、定期的に注文が入る配食サービスは安定すると考えられます。

配食サービスのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

配食サービスのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

配食サービスのフランチャイズ開業にかかる平均資金は23万円程度です

Q2

配食サービスのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

配食サービスのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは6件あります。

Q3

配食サービスのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

配食サービスのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは6件あります。

Q4

配食サービスのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、21万円程度で、最高営業利益(月間)は、35万円で「バーチャルレストラン デリバリープラン」です。

Q5

配食サービスのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【カフェ業態におすすめ!話題のスイーツブランド】幸せのHappyチュロス」「バーチャルレストラン デリバリープラン」です。

配食サービスに掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す