飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

北海道エリアのフランチャイズ一覧

北海道で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全157

次のページ

北海道エリアの外食に関わる情報
北海道の飲食店は札幌市内が最も多く、国内外の観光客が訪れるエリアです。
また、札幌市はラーメン激戦区として知られており、「すみれ」などのラーメン店がひしめいていることでも有名です。

・札幌市中央区「狸小路商店街」
市民から“狸小路”と呼ばれる「狸小路商店街」は100年以上の歴史を持つ老舗の商店街です。
商店街はアーケードで全て繋がっているため、雨や雪が降る日でもゆっくり買い物や食事を楽しむことができます。

商店街は札幌の中心部から東西へ約900メートルわたって延びており、飲食店などの店舗が約200軒立ち並んでいます。

また、狸小路6丁目・7丁目界隈は人通りは少なくなりますが、地元のグルメが味わえる飲食店や地元の人が通う居酒屋など個性豊かでディープな店舗が並んでいます。狸小路商店街は、地元の人から観光客まで幅広い層が楽しめるエリアです。

・札幌市中央区「ススキノ」
札幌市の中心部にある日本三大歓楽街の一つ「ススキノ」は居酒屋やバーなどが多く立ち並ぶエリアです。
正式に“ススキノ”を指す場所はなく、定義は曖昧で地下鉄「すすきの駅」周辺を中心に広がった場所のことを指します。

夜の街として有名なススキノですが、日中から開店している飲食店も多く、夜のススキノとは違った静かで穏やかな時間を楽しめる場所となっています。

風俗営業店も存在していますが、ススキノは治安がいいエリアとしても有名ですので、観光客や女性のみのグループでお酒を飲みに来る人も多いです。

・札幌市西区「琴似 (ことに)」
西区を代表する繁華街です。札幌駅まで近く、JRと地下鉄が利用できる立地にある「琴似」は利便性が高いエリアです。

JR琴似駅の前には駅ビルがあり、豊富な商業施設が入っています。
また駅周辺には有名チェーン店や隠れ家的な居酒屋もあり常に人で賑わっています。

単身者向けの賃貸物件や高級住宅街もあるため、地元のかたが仕事帰りに食事をしに立ち寄るケースも多いです。

北海道エリアのデータ
北海道の県庁所在地は「札幌」になり、北海道最大のターミナル駅「JR札幌駅」の乗降客数は19万9,186人です。

北海道の総人口は522万4,614人で、北海道の主要都市である札幌市、旭川市、函館市、釧路市、帯広市の人口総数はそれぞれ下記のとおりです。

都市名人口
札幌市197万3,395人
旭川市32万9,306人
函館市25万1,084人
釧路市16万5,077人
帯広市16万6,536人

出典:令和2年国勢調査(総務省統計局)


北海道内にある飲食店の数は2万6,585件、県庁所在地である「札幌市」の外食の支出額は11万8,335円で、全国で27位になります。
出典:政令指定都市の「一般外食」への一世帯当たり支出額(2020年)

◆北海道の最低賃金

北海道の最低賃金は、2021年10月1日から1時間『889円』です。

最低賃金に関する詳細は厚生労働省の「あなたの賃金を比較チェック│最低賃金制度」のページをご確認下さい。

北海道のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

北海道でフランチャイズを開業する場合の平均資金はどれくらいですか?

北海道でフランチャイズを開業する場合の平均資金は513万円程度です。

Q2

北海道で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

北海道で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件は42件あります。

Q3

北海道で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

北海道で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件は38件あります。

Q4

北海道のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、52万円程度で、最高営業利益(月間)は、185万円で「元祖中津唐揚げ もり山」です。

Q5

北海道のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【🧇デザート】オフピーク帯を活用できるゴーストレストラン〜空き時間・人件費を有効活用するなら〜」「バーチャルレストラン デリバリープラン」です。

さらに条件を絞り込んで探す