食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ一覧

ファーストフード・ハンバーガーで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全38

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ、独立開業情報の特徴

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「半年以内に開業/独立できる」のフランチャイズが多く、全体平均48%に対して88%と高く、次いで「未経験からスタート」の割合が全体平均83%に対して88%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均48%に対して88%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均27%に対して75%、「三ヶ月以内に開業/独立できる」の割合が全体平均58%に対して75%、「低資金で開業」の割合が全体平均58%に対して75%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均52%に対して75%、「夫婦で独立」の割合が全体平均42%に対して75%、「複数店舗経営で稼ぐ」の割合が全体平均46%に対して75%という特徴を持っています

短期間での開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

海鮮居酒屋経営者様 大阪府(開業10年目)

2013年06月OPEN

コロナ禍で通常営業ができない中、スタッフもいて家族もいてこのまま飲食店舗を運営していくのか不安に思っているときに最後のチャンスと思って問合せしてみました。 導入まで初めての事で自店でのデリバリーなどは行ったことが無かったので包材の用意や食材の発注など色々知ることができました。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

イタリアン経営者様 兵庫県(開業5年目)

2018年06月OPEN

問合せをした時点でテイクアウトを自店で行っていました。今回、導入をしたことで、デリバリーサイトを活用した店舗の運用がわかった。自店のブランドでもデリバリーサイトなどへの掲載を実施。今までの来店と違い雨の日などの売上もあがり、新しい売上の母体ができつつあります。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

和食法人経営者様 京都府(開業2年目)

2021年06月OPEN

来店数がコロナによってかなり減ってしまった中で、 何か売上を回復させる方法がないかと探している時に見つけ導入しました。実際に開始するまでは本当に注文が入るのか不安もありましたが、実際にオープンしたところ初日から21件の注文が入りました! その後も継続して入ってきており、今ではコロナ前と比較しても変わらない売上になっています。ブランドを増やしたらまだまだ伸びる可能性があるので、今後もチャレンジしていきたいと思います。

ハンバーガーのフランチャイズは儲かるのか?

ファーストフードの代名詞と言えば、ハンバーガーですよね。

手軽に食べられ、定番のチーズ以外にも照り焼きやエビカツなど味のバリエーションが豊富であり、子どもや若い世代の人々を中心に、ハンバーガーは多くの消費者を魅了しているメニューです。

ハンバーガー業界はマクドナルドなどの大手チェーン店がシェアの大半を占めている状況ではありますが、だからこそ「一味違ったハンバーガーを食べたい」という需要も存在します。

ハンバーガーのフランチャイズでは、大手チェーン店とは異なる見た目や味、素材やラインアップといった独自性があり魅力的な商品展開をすることが成功への秘訣です。

それでは、フーズルートにおけるハンバーガーフランチャイズの掲載案件から、実際の開業資金と収益性を確認していきましょう。

ハンバーガーフランチャイズ案件の開業資金について

フーズルートにはデリバリー型で短期間で開業が可能なフラチャイズ案件が掲載されており、開業資金の平均は37万円でした。

既存の飲食店において別業態を展開したい(バーチャルレストラン・ゴーストレストランとして開業)といった場合、調理設備が整っているので初期コストも不要であり、必要な期間も資金も少なく済みます。

新規で店舗取得・調理設備を導入する場合と比較し、既存店舗でのメニュー拡充的な導入としてデリバリー業態で運営するのは、低リスクでハンバーガー屋を開業できる点が最大の魅力と言えるでしょう。

なお、これから飲食業界に新規参入する場合(飲食店の店舗を持たない場合)、個人の方であればシェアキッチンを利用して独立開業するという方法もあります。

ハンバーガーフランチャイズ案件の平均的な営業利益

フーズルートに掲載されている案件で調べたところ、平均の営業利益は30万円でした。

いわゆるバーチャルレストラン・ゴーストレストランタイプとして既存事業の売上に積み上げが可能です。

ハンバーガーフランチャイズは収益の底上げにつながる事業と言えるでしょう。

ハンバーガーフランチャイズのトレンド

例えば以下のようなコンセプトのハンバーガーがトレンドとなっています。

  • 和牛100%のパティを使用したハンバーガー
  • ヘルシーで女性をターゲットにしたライスバーガー
  • 台湾バーガー「バオガー」
  • バンズにドーナツを使用した「ルーサーバーガー」
  • バンズをレタスに置き換えた低糖質バーガー

このようにトレンド入りするハンバーガーにはパンチワードやSNS映えするビジュアルといった個性的なバーガーが中心ですが、その理由は特徴の少ないハンバーガーは大手チェーン店との勝負に負けてしまい人気を集められないからです。

ハンバーガー業界は高単価の個性バーガー、低価格が魅力的な大手ハンバーガーチェーンと大きく二極化していると言えるでしょう。

ハンバーガーのフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

ハンバーガーショップの出店に向いている立地の特徴として、以下が挙げられます。

  • ターゲットとなる客層の人通りが多い
  • 競合しそうなライバル店が周辺エリアにない
  • 通りに面した場所(路面店)
  • 大型ショッピングセンター内

通行量の多い繁華街や飲食店が集中するエリアなら、イートインスペースを用意するより目につきやすい路面店でテイクアウトやデリバリー型のハンバーガー店を開業するのが良いでしょう。

賃料は高くなりやすいエリアですが、消費者の絶対数が多く・配達員の確保もしやすいため、売上は伸ばしやすいというメリットがあります。

イートインスペースを設けたハンバーガー店を開業するなら、賃料が抑えられた少し駅から離れた場所の方がスペースも確保しやすく経営がしやすい傾向にあります。

ただし、「今日はこの店舗でハンバーガーを食べよう」といった目的来店を狙うことになるためインパクトのある看板商品は不可欠となります。

なお、ハンバーガーはSNSとの親和性も高いため話題作りができれば、地理的に不利な場所であっても集客には困らないでしょう。

ハンバーガーフランチャイズのメリット

世代を問わず万人受けするハンバーガーは、庶民的な価格で提供さえすれば購入ハードルが低いため、それだけでも十分なメリットと言えます。ただハンバーガーはそれ以外にもメリットがあります。

調理方法がシンプルである

ハンバーガーの調理方法は、他の飲食業態と比較しても工程がシンプルです。ファーストフードと呼ばれる所以でもありますが、具材をバンズに挟んで終わりなので、オペレーションとしても分かりやすいです。

実際、マクドナルドはわずか1分程度でハンバーガーが調理できるよう仕組み化されており、消費者からの信頼も獲得しています。

オペレーションを極めることで提供が早いと消費者からの評価も得られる点はハンバーガーフランチャイズのメリットとも言えるでしょう。  

未経験でも開業できる

ご存知のとおりハンバーガーは具材をバンズに挟むというシンプルな料理なので、特別な技術が必要ありません。

フランチャイズの場合、開業のための研修や本部のサポート、専門知識・技術を短期間で習得できるようマニュアル化がされており、特にハンバーガーフランチャイズは未経験でも開業がしやすい業態といえるでしょう。

イートインだけでなく、テイクアウトやデリバリーとの相性が抜群

もともと持ち運びがしやすく、冷めてもほとんど味が落ちないハンバーガーは、テイクアウト率が高い商品で、店舗によっては売上全体の60〜80%がテイクアウトを占めることも珍しくありません。

主要地域では配達員が増えたことによりフードデリバリーが一般的な注文方法のひとつになりました。

商品の特性上デリバリーとの相性がよいため、ハンバーガー業界的にはデリバリーの一般化が売上高を押し上げる要因になったと言えるでしょう。  

なかでも業界最大手の「マクドナルド」では、2020年12月期連結決算で発表された営業利益が前期比11.7%増の312億円で、9年ぶりに過去最高の営業利益となりました。

ハンバーガーフランチャイズの注意点・懸念点

メニュー数が多いとオペレーションが大変

特にハンバーガー業態はメニュー数が多くなりやすい業態ですが、メニュー数が多ければその分オペレーションが大変になってしまいます。

顧客にとってハンバーガーとはファーストフードで『早く提供されるのが当たり前』だと認識していることがほとんどなので、オペレーションが複雑になりすぎるのは避けたいところです。

これを少しでも解消するためにも、「看板メニュー」を分かりやすく目立たせ、注文がある程度集中するようにハンドリングすることで、オペレーションが楽になり材料費のコストダウンにもなります。

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ開業にかかる平均資金は89万円程度です

Q2

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは6件あります。

Q3

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは7件あります。

Q4

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、50万円程度で、最高営業利益(月間)は、111万円で「ドムドムハンバーガー」です。

Q5

ファーストフード・ハンバーガーのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「AETA WORLD(アエタワールド)」「フーシェア」です。

さらに条件を絞り込んで探す