飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

宮城県エリアのフランチャイズ一覧

宮城県で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全159

次のページ

◆宮城エリアの外食に関わる情報
宮城県の飲食店は東北最大の都市である仙台市が最も多く、「仙台城」「仙台市博物館」「AER展望テラス」などの観光地や、商業施設、オフィス、学校が集まる集客しやすいエリアです。

仙台名物である牛タン専門店を含め、評判の焼肉店が揃っていることでも有名です。

・仙台市青葉区「国分町」
仙台一の繁華街である国分町。特に仙台のご当地グルメをはじめ、様々なグルメが集まる場所が国分町の2丁目で、東北地域最大の繁華街として賑わっています。地元住民は2丁目を“分町(ぶんちょう)”と呼ぶ文化もあります。

国分町1丁目はオフィス街とビジネスホテルがあり、平日のランチの時間帯はとても混雑します。国分町3丁目には仙台市役所があり、季節ごとの各種イベント時は人通りが多くなります。

国分町発祥の食べ物として有名な炉端焼き、仙台牛タンを求めて県内からだけでなく、県外からも観光客や出張サラリーマンが訪れます。国分町は飲食店を出店するエリアとして高い人気があります。

◆宮城エリアのデータ
宮城県の県庁所在地は「仙台」になり、宮城県最大のターミナル駅「JR仙台駅」では1日あたりの乗降客数は18万2,556人です。

宮城県の総人口は230万1,996人で、宮城県の主要都市である仙台市、石巻市、大崎市、名取市、登米市の人口総数はそれぞれ下記のとおりです。

都市名人口
仙台市109万6,704人
石巻市14万151人
大崎市12万7,330人
名取市7万8,718人
登米市7万6,037人

出典:令和2年国勢調査(総務省統計局)

宮城県内にある飲食店の数は9,560件、県庁所在地である「仙台市」の外食における支出額は10万2,892円で、全国で43位になります。
出典:政令指定都市の「一般外食」への一世帯当たり支出額(2020年)

◆宮城県の最低賃金

宮城県の最低賃金は、2021年10月1日から1時間『853円』です。

最低賃金に関する詳細は厚生労働省の「あなたの賃金を比較チェック│最低賃金制度」のページをご確認下さい。

宮城県のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

宮城県でフランチャイズを開業する場合の平均資金はどれくらいですか?

宮城県でフランチャイズを開業する場合の平均資金は564万円程度です。

Q2

宮城県で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

宮城県で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件は39件あります。

Q3

宮城県で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

宮城県で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件は34件あります。

Q4

宮城県のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、55万円程度で、最高営業利益(月間)は、185万円で「元祖中津唐揚げ もり山」です。

Q5

宮城県のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「バーチャルレストラン デリバリープラン」「CRISPY CHICKEN n’ TOMATO」です。

さらに条件を絞り込んで探す