飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

東京都エリアのフランチャイズ一覧

東京都で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全166

次のページ

◆東京エリアの外食に関わる情報
東京は「ミシュランガイド東京 2021」で星付きレストランが446軒掲載されるほど“美食都市”として知られています。

東京都内の飲食店の数は全国1位の「7万9,067件」で、第2位である大阪府の「4万7,502件」を遥かに凌ぎます。

また、飲食店の数だけでなく飲食店の種類も豊富で、伝統ある店舗からトレンドの店舗まで世界各国のグルメを楽しむことができます。

・渋谷駅エリア
1日あたりの乗降者数が74万1,712人で、新宿に次ぎ国内2位である渋谷駅は、「流行の街」として国内外からたくさんの人が訪れます。

ファッションや音楽、グルメがメインの繁華街の印象がありますが、近年ではIT企業やベンチャー企業の誘致を積極的に行っており、「渋谷ストリーム」や「渋谷スクランブルスクエア」となどのオフィスを併設した複合型施設が話題となっています。

そのため、観光客だけでなくビジネスマンまで、連日多くの人々が集まるエリアとなっております。

・新宿駅エリア
アジア最大の歓楽街と呼ばれる歌舞伎町がある新宿駅は、1日あたりの乗降者数がギネス記録になったほど、多くの人が行き交います。

新宿の顔となる歌舞伎町は、「歌舞伎町一番街エリア」「花道通り・区役所通りエリア」「新宿ゴールデン街エリア」とわけられ、それぞれのエリアで違った顔を持ちます。

まず、歌舞伎町一番街エリアは居酒屋チェーンやカラオケ屋などが密集していて、お酒を飲みに訪れた人々で賑わっています。歌舞伎町のなかでも比較的治安の良いエリアです。

続いて花道通り・区役所通りエリアは、人気飲食店が多いためランチの時間帯にはカップルや学生、ビジネスマンの姿が多く見られます。また高級キャバクラ、ホストクラブ、ナイトクラブなどのナイトスポットも多いエリアなので、夜になると一気にネオン街へ変貌します。

最後に新宿ゴールデン街エリアは、昔から作家や役者などの芸能関連の人々が足繁く通うエリアで、ノスタルジックな雰囲気あふれる場所です。主に1人でも入れる小さな飲み屋が数百軒ほど立ち並んでいます。

・原宿駅エリア
流行の発信地として知られ、SNSで話題になる飲食店やスポットが多く集まる原宿エリアは、店内が美術館のようなビジュアルのお店など、色々なコンセプトの飲食店が混在しています。

国内のみならず海外でも知名度が高いので、平日・週末問わず常にたくさんの人が行き交います。原宿エリアでは海外の観光客にウケがいい飲食店の出店がおすすめです。

・池袋駅エリア
新宿・渋谷と並ぶ3大副都心の一つである池袋エリアは、巨大な百貨店や家電量販店から、日本一の大きさを誇る書店、アニメ関連のショップなどたくさんの顔を持ちます。

また、グルメ激戦区としても知られており、特にラーメン屋や寿司屋、アジア料理が豊富にあります。

・新橋駅エリア
サラリーマンの街「新橋」では多くのビジネスマンが行き交い、夜になると仕事終わりの彼らを癒す場として栄えてきました。
特に新橋駅周辺には飲食店、家電量販店、娯楽施設などの様々な商業施設が密集しています。

また、新橋ガード下には赤提灯系の居酒屋がたくさんあり、どの店も夜になると満席になるほど賑わっています。

・赤坂駅エリア
赤坂エリアには赤坂駅、赤坂見附駅、溜池山王駅の3つの駅があります。

赤坂は行政の中枢機関と隣接しているので、赤坂駅周辺には法曹ビルや行政の外郭団体の拠点などが多く、エリア全体でオフィス街としての色が強いのが特徴です。

また、赤坂駅にはTBS本社が入っている「赤坂サカス」をはじめ、多数の飲食店や居酒屋、娯楽施設があります。ランチタイムは休憩中のビジネスマン、夜は仕事終わりのビジネスマンで賑わいます。

・銀座駅エリア
言わずと知れた東京都内の超一等地で、あらゆる高級飲食店が軒を連ねています。

伝統芸能である歌舞伎を楽しめる「歌舞伎座」や、GINZA SIX、三越などたくさんの楽しめるスポットがあるので、平日・週末問わずたくさんの人で賑わいます。

ただしメインとなる商業施設の閉館時間以降は、一気に人の往来が減ります。

・六本木駅エリア
六本木は高層ビルが立ち並び、昼間はビジネス街の色が強いエリアです。

ランチタイムになると、六本木のオフィスで働く会社員が近くの美味しい飲食店を求めて行き交います。
また、「六本木ヒルズ」をはじめとした大型商業施設も多く、休日になると多くの人がショッピングや食事をしに六本木エリアに訪れます。

ハイセンスな高級料理店のイメージが強いですが、実は飲食チェーンも多く24時間その時間帯も顧客が来店する可能性があります。

・八王子駅エリア
多摩地区で最も人口の多い八王子市の中心駅「八王子駅」周辺は、繁華街が広がっており居酒屋をはじめとした飲食店が混在しています。

繁華街のかき入れ時となる夕方以降に合わせて、多くの飲食店は夕方から営業を開始している印象です。

・立川駅エリア
立川市内には、中央線・青梅線・南武線の停車駅である「立川駅」、多摩都市モノレールの「立川南駅」と「立川北駅」があります。
居住地としても人気で、駅前開発が盛んなエリアです。

立川駅には南口側と北口側にそれぞれにロータリーがあり、どちらの出口にも商業施設やビルが立ち並ぶ繁華街となっています。特に目立つのが、シネマ1・2の映画館、伊勢丹や高島屋などの百貨店などです。

また、北口が新たに開発され2020年にGREEN SPRINGの建設が完成したので、今後も賑わいを見せるエリアとなるでしょう。

さらに北口には「国営昭和記念公園」があり、花火大会、フードフェスティバル、イルミネーションなどの季節折々のビッグイベントが開催されるので、年間を通して多くの来場者が訪れます。

・吉祥寺駅エリア
住みたい街のトップにランクインする「吉祥寺」には大型の商業施設が多く、またグルメタウンとしても知られています。エリア全体にさまざまな系統の飲食店があり、SNSで話題となる店舗も豊富です。

吉祥寺の顔ともいえるアーケード型商店街の「サンロード商店街」には、飲食店や雑貨店など約160店舗が並んでいます。

また、レトロでディープな雰囲気のある「ハモニカ横丁」には、多くの居酒屋と商店があり、昼間は買い物客、夜は飲み屋を求める人々で賑わいます。

・町田駅エリア
町田には、昔から地元住民に親しまれる飲食店と、全国的に知名度の高いお店が混在するエリアがあります。カレー屋や生煎饅頭(なまやきまんじゅう)屋が何軒かあり、クレープ激戦区としても知られています。

町田のクレープ屋は夜遅くまで営業していることが多く、学校終わりの学生や仕事終わりの会社員、また飲み会の締めにクレープが購入されます。

◆東京エリアのデータ
東京都の県庁所在地は「東京」になり、東京都最大のターミナル駅「JR新宿駅」では1日あたりの乗降客数は157万8,732人です。

東京都の総人口は1404万7,594人で、東京都の主要都市のうち23区内の世田谷区、練馬区、大田区、江戸川区、足立区、23区外の武蔵野市、八王子市、町田市の人口総数はそれぞれ下記のとおりです。

都市名人口
世田谷区94万3,664人
練馬区75万2,608人
大田区74万8,081人
江戸川区69万7,932人
足立区69万5,043人
八王子市57万9,355人
町田市43万1,079人

出典:令和2年国勢調査(総務省統計局)

東京都内にある飲食店の数は7万9,067件、県庁所在地である「東京(23区)」の外食における支出額は18万6,028円で、全国で1位になります。
出典:政令指定都市の「一般外食」への一世帯当たり支出額(2020年)

◆東京都の最低賃金

東京都の最低賃金は、2021年10月1日から1時間『1,041円』です。

最低賃金に関する詳細は厚生労働省の「あなたの賃金を比較チェック│最低賃金制度」のページをご確認下さい。

東京都のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

東京都でフランチャイズを開業する場合の平均資金はどれくらいですか?

東京都でフランチャイズを開業する場合の平均資金は493万円程度です。

Q2

東京都で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

東京都で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件は45件あります。

Q3

東京都で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

東京都で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件は38件あります。

Q4

東京都のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、52万円程度で、最高営業利益(月間)は、185万円で「元祖中津唐揚げ もり山」です。

Q5

東京都のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【🧇デザート】オフピーク帯を活用できるゴーストレストラン〜空き時間・人件費を有効活用するなら〜」「バーチャルレストラン デリバリープラン」です。

さらに条件を絞り込んで探す