食専門のフランチャイズ比較

クレープで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全35

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

クレープのフランチャイズ、独立開業情報の特徴

クレープのフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「未経験からスタート」のフランチャイズが多く、全体平均82%に対して100%と高く、次いで「低資金で開業」の割合が全体平均57%に対して100%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均47%に対して100%、「三ヶ月以内に開業/独立できる」の割合が全体平均57%に対して100%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均29%に対して86%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均51%に対して86%、「複数店舗経営で稼ぐ」の割合が全体平均45%に対して86%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均39%に対して86%、「10坪以下で開業」の割合が全体平均53%に対して86%、「副業としてスタート」の割合が全体平均39%に対して86%、「研修制度有り」の割合が全体平均82%に対して86%、「1人で開業」の割合が全体平均41%に対して86%、「好きな時間に働ける」の割合が全体平均27%に対して86%、「夫婦で独立」の割合が全体平均43%に対して86%、「半年以内に開業/独立できる」の割合が全体平均49%に対して71%、「空き時間で稼ぐ」の割合が全体平均25%に対して71%、「女性が活躍!」の割合が全体平均41%に対して71%という特徴を持っています

未経験でも開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

海鮮居酒屋経営者様 大阪府(開業10年目)

2013年06月OPEN

コロナ禍で通常営業ができない中、スタッフもいて家族もいてこのまま飲食店舗を運営していくのか不安に思っているときに最後のチャンスと思って問合せしてみました。 導入まで初めての事で自店でのデリバリーなどは行ったことが無かったので包材の用意や食材の発注など色々知ることができました。

MOMI & TOY'S

株式会社アルテゴ

篠崎優一さん 株式会社ブルーシー

2010年08月OPEN

早期希望退職をきっかけに、退職金で何かできないかと充実のシステムと低リスクであるMOMI&TOY’Sでの起業を決意しました。接客とモノづくりの両方で楽しい仕事です。そして多店鋪展開もしやすく、とにかく楽しい仕事です。レジャー気分のお客様のテンションが高いので、リアクションも良いですし友好的です。作るスキルの上達も楽しめます。また、人を育てる時間も短く、飲食の中では低投資なので多店鋪展開がしやすいのも魅力です。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

イタリアン経営者様 兵庫県(開業5年目)

2018年06月OPEN

問合せをした時点でテイクアウトを自店で行っていました。今回、導入をしたことで、デリバリーサイトを活用した店舗の運用がわかった。自店のブランドでもデリバリーサイトなどへの掲載を実施。今までの来店と違い雨の日などの売上もあがり、新しい売上の母体ができつつあります。

MOMI & TOY'S

株式会社アルテゴ

五十嵐 大二郎さん 株式会社コーワフードサービス

2009年05月OPEN

35歳でクレープ屋開業を決意しました。女性のお一人様でも気軽に入れるビジネスがやりたかったので、35歳頃からクレープ屋を開業するのが夢でした。クレープ業界は外食業界ではまだまだ伸びしろがあるマーケットだと思います。 MOMI&TOY’Sのオーナーに向いている方は現場が好き、接客が好きな方ですね。もちろんスタッフに現場ごと任せることが多いわけですが。私と妻の場合、両方とも現場が好きなので税理士さんに「もうスタッフさんに任せてもいいんじゃないですか」と言われたりするくらいです。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

和食法人経営者様 京都府(開業2年目)

2021年06月OPEN

来店数がコロナによってかなり減ってしまった中で、 何か売上を回復させる方法がないかと探している時に見つけ導入しました。実際に開始するまでは本当に注文が入るのか不安もありましたが、実際にオープンしたところ初日から21件の注文が入りました! その後も継続して入ってきており、今ではコロナ前と比較しても変わらない売上になっています。ブランドを増やしたらまだまだ伸びる可能性があるので、今後もチャレンジしていきたいと思います。

クレープフランチャイズの魅力を知ろう

甘い匂いを漂わせ道行く人の食欲をそそる「クレープ屋」。

女性や子どもから絶大な人気があるクレープはフランチャイズ業界でも注目を集めているジャンルの一つです。スイーツ系の中でも注目度の高い「クレープ フランチャイズ」の魅力について解説していきます。

開業資金

フーズルートに掲載されている案件での平均は128万円でした。

クレープ業態は他業態に比べ、必要な調理設備が少なく、調理スペースも一畳程度あれば充分ということから、飲食フランチャイズの中でも開業資金は少額で済む部類です。

また、テイクアウトが主流のためイートインスペースも不要という点は新規で開業を検討する方にとっては魅力的に感じるでしょう。

営業利益

また、クレープはスイーツの中でも利益が出しやすいため、フーズルートに掲載されている案件での平均的な営業利益は31万円と高い結果になりました。

後述しますが、開業資金が少なく利益が確保しやすいという点ではクレープ フランチャイズは魅力的なビジネスと言って良いでしょう。

クレープフランチャイズのトレンド

これまでのクレープは具材と生地の食感が重要とされていましたが、アレンジがしやすいクレープは、斬新なアイデアが生まれやすくSNSで人気が出ると模倣した商品が登場し、トレンドになるといった流れがあります。

トレンドになっているクレープの特徴

  • 生地、食感が斬新で良質である
  • SNS映えする魅力的なビジュアルがある
  • 具材に力を入れている

具材や生地をアレンジしやすいクレープは、いわゆる進化系クレープの登場がしやすく、SNSで注目されるたびに大きな反響が返ってくるのが特徴です。SNSで注目されているクレープ店のほとんどは行列を作っています。

中にはクレープの常識を覆すことで注目を集めているクレープ店もあります。

クレープの特徴

  • 食べ歩きがしやすい→フルーツ盛りだくさんで食べ歩きをさせない
  • もちもちの生地→パリパリの生地

このように、逆張りの戦略でも当たる可能性があり、自分のアイデア次第で流行りを作ることができるクレープのフランチャイズは面白いビジネスといえるでしょう。

クレープのフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

クレープ屋のメインターゲットは主に女性や若者なので、そうしたターゲット層が多い繁華街や観光地の路面店が出店の候補地として挙げられます。

また、フランチャイズであればブランド力がありますので、ショッピングセンターや商業施設の飲食区画へ出店することで効率的に集客することができます。

その際、地元に根付いたショッピングセンターや商業施設よりも、観光客も訪れる可能性があるエリアにあるショッピングセンターや商業施設が望ましいです。

というのも、地元に根付いたそうした立地では土日祝日に集客できたとしても、平日は集客に苦戦する可能性が高いからです。

観光客や人が多く集まる都心部などの場合、平日でも地方から観光に来た方や平日が休みの方の集客が望めます。

クレープフランチャイズのメリット

続いてクレープフランチャイズのビジネスとしてのメリットや特徴を解説します。

収益性が高い“粉もの”

クレープは、たこ焼きやお好み焼きと同じ小麦粉が原材料のため、原価が抑えられる特徴があります。見た目の印象とは異なりますが、いわゆる「粉もの」の一つなのです。

さらにクレープの場合、生地を薄く伸ばして焼くため、粉もの系商品の中でも群を抜いて原価率が低いと言えます。

ホイップクリームやフルーツなど材料費の高い具材もトッピングで使うため原価は上がりますが、その分だけ提供価格も上げやすいため、収益が確保しやすい特徴があります。

初期投資を抑えることができる

テイクアウトするのが基本であるクレープは、広い店舗スペースがなくとも出店可能です。

店舗面積が狭くても出店できるので、固定費の大半を占める賃料を抑えることができ、店舗取得費(初期投資額)も抑えることができます。

季節の影響を受けにくい

クレープの売上は特に春先が好調で、旬の6月が終わると売上は落ち着きます。

夏場は焼き物の売上が下がると言われている季節ですが、アイスをトッピングしたクレープを取り入れることで夏でも売上をあげることが可能です。

初心者であっても参入しやすい

クレープ作りは、2週間、早ければ1週間で誰でも綺麗に焼くことができるようになるため、技術や資格は必要ありません。

また、フランチャイズであれば研修が充実していることがほとんどなので、初心者であっても安心して開業することができます。

クレープフランチャイズの注意点・懸念点

いいこと尽くしのように感じられるクレープフランチャイズですが、注意点や懸念もあるので、事前に把握をしておきましょう。

時間帯で売り上げにバラつきがある

クレープが売れやすい時間帯は、一般的に14時~18時くらいと言われています。

食事として成立しない料理のため、夕方以降になると売上が落ち込んでしまいます。

こうした時間帯による売上のバラつきの対策として、惣菜系のクレープ、甘くないクレープといった食事の代替えになるメニューを取り入れると良いでしょう。

天気の影響を受ける

ショッピングセンターや商業施設内での出店であれば影響は少ないですが、テイクアウトがメインのクレープの場合、天候によって客足に大きな影響が出ます。

また、調理後すぐに食べないと味が落ち、クリームやアイスなども溶けてしまうので、デリバリーにも向いていない商品です。

差別化を図るのが難しい業界

クレープはメニューが簡単に真似されやすく、逆に素材にこだわって差別化を図ろうとすると原価が高くなってしまうという懸念点があります。

しかし、フランチャイズであればブランド力に頼ることができるので、特段ユニーク性がなかったとしても安定した集客が可能です。

クレープのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

クレープのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

クレープのフランチャイズ開業にかかる平均資金は74万円程度です

Q2

クレープのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

クレープのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは7件あります。

Q3

クレープのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

クレープのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは7件あります。

Q4

クレープのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、43万円程度で、最高営業利益(月間)は、80万円で「フーシェア」です。

Q5

クレープのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「太陽のアサイーベリー&スムージラボ」「 【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」です。

クレープに掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す