食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ一覧

たこ焼き・お好み焼きで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全32

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ、独立開業情報の特徴

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「三ヶ月以内に開業/独立できる」のフランチャイズが多く、全体平均52%に対して100%と高く、次いで「好きな時間に働ける」の割合が全体平均21%に対して100%、「1人で開業」の割合が全体平均35%に対して100%、「未経験からスタート」の割合が全体平均83%に対して100%、「副業としてスタート」の割合が全体平均33%に対して100%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均23%に対して100%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均44%に対して100%、「低資金で開業」の割合が全体平均56%に対して100%、「夫婦で独立」の割合が全体平均38%に対して80%、「女性が活躍!」の割合が全体平均35%に対して80%、「半年以内に開業/独立できる」の割合が全体平均44%に対して80%、「空き時間で稼ぐ」の割合が全体平均21%に対して80%、「無店舗で開業」の割合が全体平均21%に対して80%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均50%に対して80%という特徴を持っています

短期間での開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

海鮮居酒屋経営者様 大阪府(開業10年目)

2013年06月OPEN

コロナ禍で通常営業ができない中、スタッフもいて家族もいてこのまま飲食店舗を運営していくのか不安に思っているときに最後のチャンスと思って問合せしてみました。 導入まで初めての事で自店でのデリバリーなどは行ったことが無かったので包材の用意や食材の発注など色々知ることができました。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

イタリアン経営者様 兵庫県(開業5年目)

2018年06月OPEN

問合せをした時点でテイクアウトを自店で行っていました。今回、導入をしたことで、デリバリーサイトを活用した店舗の運用がわかった。自店のブランドでもデリバリーサイトなどへの掲載を実施。今までの来店と違い雨の日などの売上もあがり、新しい売上の母体ができつつあります。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

和食法人経営者様 京都府(開業2年目)

2021年06月OPEN

来店数がコロナによってかなり減ってしまった中で、 何か売上を回復させる方法がないかと探している時に見つけ導入しました。実際に開始するまでは本当に注文が入るのか不安もありましたが、実際にオープンしたところ初日から21件の注文が入りました! その後も継続して入ってきており、今ではコロナ前と比較しても変わらない売上になっています。ブランドを増やしたらまだまだ伸びる可能性があるので、今後もチャレンジしていきたいと思います。

たこ焼き・お好み焼きフランチャイズを知ろう

屋台の代名詞と言えば、たこ焼きとお好み焼きが挙げられます。粉ものの聖地・大阪の定番メニューであり、また日本全国どこでも老若男女問わず食べられている非常にポピュラーな料理ですよね。

ちょっとしたおやつから食事として、お酒のおつまみにもなりえるため、たこ焼きとお好み焼きは高い需要があります。

一般的に「粉ものは原価が低く儲かりやすい」と言われていますが、実際にビジネスとしてのたこ焼き屋やお好み焼き屋は儲かるのでしょうか?

まずは開業資金と収益性を確認してみましょう。

たこ焼き・お好み焼きフランチャイズ開業資金

フーズルートに掲載中の案件の場合、たこ焼き・お好み焼きフランチャイズの開業資金は平均13万円程度でした。

他の業態と比較して開業資金が非常に少額な理由は、テイクアウト専門店やデリバリー専門店、キッチンカーなどの小規模な経営が可能であるためです。

たこ焼き・お好み焼きフランチャイズは、大型の店舗がなくても開業可能であるため、少ない初期費用で飲食店の独立開業を目指している方に向いていると言えます。

たこ焼き・お好み焼きフランチャイズ収益性

たこ焼きもお好み焼きも庶民的な食べ物のため客単価が低い傾向にありますが、フーズルート掲載店で調べたところ、平均の利益は31万円となりました。

たこ焼きやお好み焼きは、どの年代からも人気が高く、時間帯や季節にも左右されることがないメニューです。調理工程が少ないことから商品の提供が速く回転率を上げられるため、客単価が低くても十分に収益を見込めます。

初期コストも少なく回収が容易であることから魅力的なフランチャイズと言えるでしょう。

たこ焼き・お好み焼きフランチャイズのトレンド

関西のソウルフードとしても定着している「たこ焼き」に長年ポピュラーな食べ物として支持を得ている「お好み焼き」ですが、業界でトレンド入りするものには、定番の味・見た目を変化させた一風変わった商品が話題を集めるようです。

とくに熱いのが一風変わった“創作たこ焼”ですが、話題になった「たこ焼き」にはこんなものがありました。

  • たこの代わりに、明太子やうずらをいれた「変わり種たこ焼き」
  • お出汁に浮かべた明石焼き風の「つゆたこ焼き」
  • 醤油味、ゆず味、梅味などフレーバーをかけて食べるたこ焼き
  • たこ焼きの上にかき氷が乗った「たこ焼かき氷」
  • 四角いたこ焼き「かくタコ」

お好み焼きでは生地や具材に独自性を加えた商品が話題を集めているようです。

  • 皮をパリパリにして具材を挟み食感を楽しめる
  • 焼き上げたお好み焼きのうえにたっぷりねぎを乗せる
  • 通常の2~3倍もの分厚さだが生地がふわふわ
  • 仕上げにたっぷりチーズをかける
  • 海外の郷土料理をオマージュした「○○風お好み焼き」

安定してフランチャイズビジネスを行うためには、定番のたこ焼き・お好み焼きに加えて“おもしろさ”や“目新しさ”自宅では作れない“味へのこだわり”など他店との差別化といった戦略が重要です。

ですが、変わり種は主力商品の魅力を体験してもらうための起爆剤とし、変わり種に依存しないメニュー構成を組むのが堅実と言えるでしょう。

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

たこ焼きやお好み焼きは自分でも手軽に作れる食べ物ですが、どうせなら美味しいものが食べたいと外食を選択する傾向もあります。

また、たこ焼き・お好み焼きのターゲット層は小さな子供から高齢者まで幅広く親しまれることに加え、テイクアウトでも提供できることから、場所や利用シーンの影響を受けません。

飲食のフランチャイズとして場所を選ばないというのは強みであり、駅近のスーパーのテナント、ロードサイド、繁華街の飲食ビルと人が多く集まる場所であれば、どんなエリアでも通用します。

どんなエリアでも通用する点から移動式のキッチンカーを用いてテイクアウト専門店として開業するのも良いでしょう。

たこ焼き・お好み焼きフランチャイズのメリット

環境や場所を選ばない魅力がある

誰もが一度は食べたことがあり、長い間親しまれてきた「たこ焼き」と「お好み焼き」は食べる場所や環境を選ばない食べ物と言えます。

ランチで食べる・おやつにする・お酒おつまみにする、お土産にするなどあらゆるシチュエーションに対応できるので、他の飲食店に比べても幅広い顧客層に売ることが可能です。

一日中需要があると言ってもいいでしょう。

在庫回転率が高く食品ロスが少ない

たこ焼きやお好み焼きは通常300〜700円程度で販売することが多いため、購買への障壁が低いといえます。

したがって在庫が売上に変わるまでのスパンも短くなります。

また在庫回転率が高いということは、食材の廃棄が少ないということであり、廃棄コストが削減できることはその分の経費が抑えられ収益を上げやすい業態と言えるでしょう。

利益率が高い

たこ焼きやお好み焼きは、原材料のほとんどが小麦粉やキャベツなどの安価な食材であるため他のフランチャイズに比べれば食材原価が低いことが特徴です。その原価も大量に仕入れることにより更に低くなります。

加えて店内で提供するお好み焼き屋の場合は、客自身に焼いてもらうスタイルが一般的です。

そのためオペレーションの負担が減り人件費が節約でき利益が確保しやすいのです。

狭小な店舗でも経営が出来る

テイクアウト型の販売スタイルに特化するのであれば、狭い店舗での経営も可能です。

たこ焼きやお好み焼きは調理場所も比較的小スペースで済み、基本的に高額な設備も必要ありません。

小規模の店舗であれば、調理・注文・会計を全て1人で回すことも可能でしょう。

たこ焼き・お好み焼きフランチャイズの注意点・懸念点

客単価が低い

たこ焼き屋・お好み焼き屋で注意すべき点は、一人当たりの注文数が少ないため客単価が低くなりやすい点です。1・2品でお腹を満たすことができる料理なので、アルコール類・サイドメニュー系の注文数も伸びにくい傾向にあります。

また、店内で自分で焼いてもらうスタイルの場合は人件費が節約できる反面、滞在時間が長くなり回転率が悪くなりがちです。

このデメリットをカバーするためには、「量が少なめのサイドメニューを作る」、「原価率の低いアルコール等のドリンクを充実させる」などの客単価を上げるための工夫が必要です。

開業エリアに注意しないと生き残れない

立地の良くないエリアや、既に地域に密着した競合店があるエリアに出店した場合、客数を増やすのは至難の業です。

一度、他店で定着している顧客を自分の顧客に取り込むには相当の努力が必要です。

たこ焼き・お好み焼きは原価が低く狭い店舗で1人で経営することが可能と言っても“開けば間違いなく儲かる”わけでは無いため、「儲かっている店のリサーチ」、「開業地周辺の調査」、「地域住民の生活動線の調査」は怠らないようにしましょう。

個人でも開業はできる

素人であれば、熟練の技術や知識といった専門的なノウハウを短期間で得られるためフランチャイズを利用するのが得策でしょう。

しかし、前述の通り開業コストが少額で済むため、経験者であれば自前のレシピで出店・開業することも容易です。たこ焼き・お好み焼きは特殊な技術や機器が必要ではない点からフランチャイズを利用するメリットが低いようにも感じられます。

たこ焼き屋・お好み焼き屋で技術の習得は必須か

たこ焼きなら焼きの技術を学ぶべき

たこ焼きは一見簡単な料理にも思えますが、こだわれば奥が深い料理です。

周りはカリッと中はふわっとやわらかにするための生地作り、具材、焦がさないよう絶妙な焼き加減の調整、味の決め手になるソースなど、プロの味を手に入れるには一定の修練が必要と言えます。

リピート客の心を掴むためにも、しっかりとした研修制度のあるフランチャイズで技術を学ぶのが良いでしょう。

お好み焼きは客に焼き方を伝えるだけ

お好み焼き屋といえば鉄板のあるテーブルで客自身が焼くスタイルが一般的です。

焼き方はテーブルに置いたマニュアルを見せ、都度スタッフがアドバイスをすれば良いので、焼き方の技術をオーナー自身が習得する必要はないとも言えます。

しかし、状況に応じてお店側で焼く場面もあると思いますのでフランチャイズの研修制度を利用し技術を備えておくのが良いでしょう。

焼きをマスターすれば人気店になれる

たこ焼きにせよ、お好み焼きにせよ新規客がリピート客として定着するかどうかは焼きの技術によって大きく変わってくるでしょう。

真新しいコンセプトや提供方法で話題性を獲得できたとしても、商品の味に魅力がなければ一見客で終わってしまいます。焼きの技術をマスターすることが長く愛されるお店作りの近道になると言えます。

そのためにもしっかりとした研修制度のあるフランチャイズを選ぶことがおすすめです。

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ開業にかかる平均資金は20万円程度です

Q2

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは5件あります。

Q3

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは5件あります。

Q4

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、39万円程度で、最高営業利益(月間)は、64万円で「キッチンカーの開業なら【キッチンカーbiz 】」です。

Q5

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「 【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」「AETA WORLD(アエタワールド)」です。

たこ焼き・お好み焼きに掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す