食専門のフランチャイズ比較

洋食で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全47

洋食のフランチャイズ、独立開業情報の特徴

洋食のフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「三ヶ月以内に開業/独立できる」のフランチャイズが多く、全体平均74%に対して95%と高く、次いで「研修制度有り」の割合が全体平均85%に対して90%、「低資金で開業」の割合が全体平均75%に対して90%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均63%に対して88%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均68%に対して88%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均70%に対して88%、「空き時間で稼ぐ」の割合が全体平均53%に対して88%、「1人で開業」の割合が全体平均60%に対して88%、「半年以内に開業/独立できる」の割合が全体平均62%に対して85%、「副業としてスタート」の割合が全体平均55%に対して83%、「女性が活躍!」の割合が全体平均52%に対して78%、「好きな時間に働ける」の割合が全体平均49%に対して78%という特徴を持っています

短期間での開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

洋食フランチャイズの魅力とは

洋食と言えば、ハンバーグ、ステーキ、パスタ、オムライス、カレーにピザなどが思い浮かびますが、どれも主力級の料理ばかりです。

飲食フランチャイズでも、これらの商品を扱った洋食系フランチャイズが多数存在しており、開業を考えている方にとっても、見過ごせない業態のひとつでしょう。

フーズルートにもゴーストレストラン型の洋食ブランドが多数ありますので、洋食フランチャイズの魅力をお届けいたします。

洋食フランチャイズの種類は?

洋食フランチャイズと言っても、フランチャイズブランドによって異なる料理を取り扱っています。

特に取り扱いの多い洋食メニューは以下です。

料理名特徴
ハンバーグひき肉をパン粉や玉ねぎと混ぜ焼く王道の肉料理。子どもから大人にまで幅広く好まれている。
ステーキ厚切り肉を焼いた料理。特別な日の食事にピッタリな豪華な料理。
パスタオイルパスタ、明太子パスタ、カルボナーラなど味のバリエーションも豊富な麺料理。
オムライスケチャップライスを卵で包んだ料理、食欲をそそるビジュアルは万人受けする人気料理。
カレー数種類の香辛料を用いて具材と煮込みご飯にかけた料理、スープカレー、キーマカレーなどバリエーションも豊富。
ピザピザ生地の上にさまざまな具材を乗せ焼いた料理。デリバリー市場でも人気の高い料理。

それぞれの洋食メニューを幅広く扱うお店から、特定の洋食メニューを看板料理に専門店化するブランドもあり、組み合わせ次第で様々な販売戦略が取れます。

洋食フランチャイズの平均的な開業資金

フーズルートに掲載されている案件での開業資金の平均は238万円でした。

実店舗型、ゴーストレストラン型と販売スタイルによって必要な資金は大きく異なり、ゴーストレストラン型の方が低資金で開業が目指せます。

洋食フランチャイズの平均的な営業利益

ゴーストレストラン型は利益が出にくいと考えている方も多いかもしれませんが、フーズルートに掲載されている案件での平均的な営業利益は33万円でした。

低資金で開業でき利益がしっかり残せるため、フランチャイズ加盟を検討するならおすすめの業態です。

洋食フランチャイズのメリット

洋食フランチャイズが人気である根底には、経済的なメリット以外にも多数のメリットがあります。

デリバリーとの相性が良い

これまで洋食メニューを食べるには、外食するか自炊するかのどちらかでしたが、コロナ禍で飲食デリバリーの需要が高まりました。その中で様々な洋食デリバリーのブランドが生まれ、デリバリーで洋食を注文するという新しい行動様式も生まれました。

なかでも洋食系メニューを取り揃えたブランドは多くの消費者を魅了し続けアフターコロナでも衰えずポジションを確立しています。

自宅で美味しい洋食メニューをゆっくり楽しめるデリバリーは消費者にとっても大きなメリットがあるのです。

レシピ開発が不要

フランチャイズに加盟する最大の魅力はレシピ開発が不要という点です。

飲食オーナーにとって売上を下支えするレシピはとても重要です。オリジナリティのあるメニューを開発するには相当数の時間と試食を繰り返す必要があります。さらに消費者の反応から改良を加え続けていかなければならず、初心者にとっては非常にハードルが高いものです。

洋食系フランチャイズに加盟することで、レシピ開発の負担が軽減でき、すぐにでもビジネスが開始できるというのは大きなメリットの一つと言えるでしょう。

洋食フランチャイズのデメリット

一方で洋食フランチャイズならではのデメリットも存在します。

イートインではワンオペが難しい

洋食は調理工程が多いため、提供までに多少の時間が必要になります。加えてイートイン型店舗の場合、少なからず接客も求められるのでカウンター席のみでもない限りワンオペでお店を回すことは難しいでしょう。

したがって、イートイン型の店舗で開業を考えている場合、従業員の確保と相応の人件費が発生することを念頭に置く必要があります。

逆にデリバリー型の店舗であれば、商品を配達員が届けるので接客も不要でワンオペでの営業が可能です。デリバリー型は必要経費が少ないため利益の確保がしやすい特徴もあります。

洋食イメージ・先入観とのギャップ

消費者の洋食へのイメージはバリエーション豊富なメニューから、その日の気分によって注文する料理を変えられる点があります。しかし、メニュー数が多いということは飲食店にとってのデメリットになり得ます。

メニュー数が多ければ消費者の満足度は高くなりますが、注文数の予測を立て、調達する食材の量を調整する必要があります。予測が外れれば、最悪の場合、食材の廃棄が増えることになります。

一方、特定メニュー専門のデリバリー型ブランドの場合、バリエーションは少なくなりますが、食材のロスを抑えることが出来ます。オペレーションも簡略化されており注文が立て込んだとしてもスピーディに商品の提供が可能です。

洋食のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

洋食のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

洋食のフランチャイズ開業にかかる平均資金は208万円程度です

Q2

洋食のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

洋食のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは39件あります。

Q3

洋食のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

洋食のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは30件あります。

Q4

洋食のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、30万円程度で、最高営業利益(月間)は、136万円で「Di PUNTO(ディプント)」です。

Q5

洋食に掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す