食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

カフェ・喫茶店のフランチャイズ一覧

カフェ・喫茶店で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全37

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

カフェ・喫茶店のフランチャイズ、独立開業情報の特徴

カフェ・喫茶店のフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「未経験からスタート」のフランチャイズが多く、全体平均83%に対して100%と高く、次いで「研修制度有り」の割合が全体平均81%に対して86%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均23%に対して71%という特徴を持っています

未経験でも開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

カフェ(喫茶店)フランチャイズのトレンド

チェーン店から個人店まで競合が多いカフェ業界では、以下のようなカフェがトレンド入りしています。

  • 隠れ家カフェ
  • スイーツが絶品なカフェ
  • レトロカフェ
  • ブックカフェ
  • 韓国カフェ
  • 純喫茶

InstagramなどのSNSの普及により、“映えるカフェ”がトレンド入りしているのが特徴です。

とくに最近の若い世代(Z世代)では、提供されるメニュー(食事)だけでなく、店内装飾など含めた空間を重視する傾向にあります。

しかし、LTV(顧客生涯価値)の観点から見ると、こうした一過性のブームで勝負するカフェではなく、年齢問わず普段使いしやすいカフェのほうが息の長い経営に向いています

そのため、「利用シーンを問わず、1人でも利用しやすい」といった、顧客がカフェに求める居心地の良さを提供できる店舗作りこそが、成功するカフェへの近道と言えます。

カフェフランチャイズは儲かるの?

新たにカフェや喫茶店を経営しようと思った場合、接客マニュアルや調理オペレーションが確立されている分、フランチャイズでは開業時から効率的な運営ができるというメリットがあります。

それではカフェフランチャイズの開業資金、収入面を見ていきましょう。

カフェフランチャイズの開業資金

フーズルートに掲載中のカフェの場合、開業に必要な資金の目安は約1027万円です。

カフェは店内にイートインスペースを設けなければならず、ある程度の広さが必要であるため物件取得費がかさみがちで、必要な開業資金も高額になる傾向があります。

なお、フランチャイズの場合、既存店の運営データから最適な店内導線や必要な客席数などが考慮されており、本部から物件選びのアドバイスがもらえるというメリットが存在します。

そのため、物件選びで失敗するリスクが低減され、結果として個人店よりも必要な開業資金を抑えられることもあるのです。

カフェの開業資金のうち、大半を占めるのは物件取得費や内装工事費であるため、「儲かる店舗」を目指すのであればフランチャイズへの加盟は十分魅力的な選択と言えるでしょう。

どのくらいの収入が期待できるのか

フーズルートに掲載中のカフェの平均的な営業利益は52万、最高額は98万円で「PRONTO(プロント)」という結果になりました。

業態がらリピート客が定着しやすいこともあり、知名度の高いブランド名を利用できることも踏まえると、カフェのフランチャイズは安定した収益を出しやすい傾向にあります。

カフエが成功しやすい地域の特徴とは

一般的にカフェの出店場所は以下の3つが適しています。

1) オフィス街

ランチの需要がずば抜けて高く、店舗面積が狭くても出店できます。テイクアウト専門店でも十分利益を出せる立地です。

2) 繁華街

特に土日や休日に人が集まりやすく、比較的どの時間帯でも売上を確保しやすい立地です。

3) 駅近

周りの人の流れが多いので、集客がしやすい立地です。

しかしこうした立地は需要が高いため、店舗の家賃や敷金・補償金などが高くなります。また、オフィス街はエリアの特性上、土日・休日の集客で苦戦する可能性があります。

狙い目のエリア

上記3つ以外に狙い目なのが、集客力のある施設が近くにあるエリアです。集客力のある施設付近に出店すれば成功すると断言はできません。

カフェで提供するメイン商品のターゲットはどんな人物か、該当施設に集まる顧客層との相性は良いか、どういったシチュエーションでお店を利用してもらうか等を事前に考えながら出店場所をリサーチをすると良いでしょう。

カフェ(喫茶店)フランチャイズのメリット

未経験でも開業できる

カフェは、飲食業界のなかでも未経験でも開業しやすい業態です。

というのも、フランチャイズのカフェであれば本部による業務マニュアルや研修制度があるので、ブランドの味を再現することが容易です。

また開業手続きや資金調達以外は、パッケージ化されていることが多いので、専門知識に明るくないとしても躓くことなく開店まで目指すことが可能です。

テイクアウト専門店のカフェであれば低資金で開業が可能

一口にカフェといっても様々なタイプのお店があり、駅中にあるような3坪タイプのテイクアウト専門店であれば、低資金での開業が可能です。

テイクアウト専門のフランチャイズであれば、オペレーションが簡略化されており、1人でも店舗を回せるのでランニングコストも抑えることができます。

・広告宣伝費を抑えられる

飲食店を開業し経営者が一番悩むであろう課題といえば、集客です。

オープン告知、キャンペーン告知、メニューのお知らせといった情報を消費者に届けるためには少なからず広告費をかけ、チラシの配布やオンライン広告の配信をする必要があります。

しかし、知名度の高いカフェのフランチャイズであれば、その知名度から広告をかけずとも集客が見込めるため、コストを抑えながら運営することができます

カフェ業界はここ数年1兆円規模を推移しており、人気は衰えることがありません。近場に人気チェーンのカフェがオープンすれば自然と人も流れてきますし、すぐに顧客も定着することでしょう。

駅前や交通量の多い場所に出店すれば集客に悩まず経営を続けていけることでしょう。

カフェ(喫茶店)フランチャイズの注意点・懸念点

カフェ業界はスターバックスコーヒーが強い

「スターバックスコーヒー」は、国内1500店超の超人気コーヒーチェーン店です。

“スタバ一強”と言われるほどの圧倒的な人気と知名度を誇り、平日でも満席な店舗があるほです。

そのため、出店を考えている場所の近辺にスターバックスコーヒーがある場合、集客に苦戦を強いられる恐れがあります。

時代に合わせて変化を遂げる必要がある

基本的にカフェのフランチャイズでは本部から提供されるメニューを売れば経営は成り立つ仕組みになってはいますが、それだけでは十分ではありません。

ネット社会の現代ではSNSがきっかけで来店をする機会が増えました。

そのため、長い期間多くのファンを惹きつけるためには定番メニューに加えて“SNS映えするオリジナルメニューを考案する”などのバズらせる努力が必要です。

カフェ経営で成功するには、情報伝達スピードが速いSNSのトレンドや、カフェ業界のあらゆる変化を常に把握し、メニューや店舗の雰囲気作りに取り入れていくことは必須と言えるでしょう。

カフェ・喫茶店のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

カフェ・喫茶店のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

カフェ・喫茶店のフランチャイズ開業にかかる平均資金は1331万円程度です

Q2

カフェ・喫茶店のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

カフェ・喫茶店のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは4件あります。

Q3

カフェ・喫茶店のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

カフェ・喫茶店のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは7件あります。

Q4

カフェ・喫茶店のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、54万円程度で、最高営業利益(月間)は、98万円で「PRONTO(プロント)」です。

Q5

カフェ・喫茶店のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「 【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」「 【人気の激辛ラーメン!】宮崎辛麺 響」です。

カフェ・喫茶店に掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す