食専門のフランチャイズ比較

パン屋で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全33

パン屋のフランチャイズ、独立開業情報の特徴

パン屋のフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「三ヶ月以内に開業/独立できる」のフランチャイズが多く、全体平均74%に対して97%と高く、次いで「低資金で開業」の割合が全体平均75%に対して97%、「研修制度有り」の割合が全体平均84%に対して93%、「1人で開業」の割合が全体平均60%に対して93%、「副業としてスタート」の割合が全体平均56%に対して93%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均70%に対して93%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均68%に対して90%、「空き時間で稼ぐ」の割合が全体平均54%に対して90%、「女性が活躍!」の割合が全体平均52%に対して86%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均31%に対して86%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均62%に対して86%、「好きな時間に働ける」の割合が全体平均49%に対して83%、「半年以内に開業/独立できる」の割合が全体平均63%に対して83%、「無店舗で開業」の割合が全体平均31%に対して83%という特徴を持っています

短期間での開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

【加盟金50万→0円今だけ!ブランド利用無制限!】AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

海鮮居酒屋経営者様 大阪府(開業10年目)

2013年06月OPEN

コロナ禍で通常営業ができない中、スタッフもいて家族もいてこのまま飲食店舗を運営していくのか不安に思っているときに最後のチャンスと思って問合せしてみました。 導入まで初めての事で自店でのデリバリーなどは行ったことが無かったので包材の用意や食材の発注など色々知ることができました。

【加盟金50万→0円今だけ!ブランド利用無制限!】AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

イタリアン経営者様 兵庫県(開業5年目)

2018年06月OPEN

問合せをした時点でテイクアウトを自店で行っていました。今回、導入をしたことで、デリバリーサイトを活用した店舗の運用がわかった。自店のブランドでもデリバリーサイトなどへの掲載を実施。今までの来店と違い雨の日などの売上もあがり、新しい売上の母体ができつつあります。

【加盟金50万→0円今だけ!ブランド利用無制限!】AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

和食法人経営者様 京都府(開業2年目)

2021年06月OPEN

来店数がコロナによってかなり減ってしまった中で、 何か売上を回復させる方法がないかと探している時に見つけ導入しました。実際に開始するまでは本当に注文が入るのか不安もありましたが、実際にオープンしたところ初日から21件の注文が入りました! その後も継続して入ってきており、今ではコロナ前と比較しても変わらない売上になっています。ブランドを増やしたらまだまだ伸びる可能性があるので、今後もチャレンジしていきたいと思います。

パン屋のフランチャイズを知ろう

小学生の「将来なりたい職業」でも上位の職業である「パン屋」。

近年では、趣味のパン作りが高じて「自分だけのパン屋を開きたい」と考える人も増えています。

実際のところ、ビジネスとして成功するには何が必要なのでしょうか。フーズルートに掲載いただいているパン屋のフランチャイズ案件を元に調査をしてみました。

開業資金はどれくらい必要か?

フーズルートに掲載いただいている情報を調査したところ、平均の開業資金は144万円程度です。

パン屋はテイクアウトが基本形ですが、パンを焼くための調理器具を揃える必要があるためまとまった開業資金が必要になります。

とはいえ、パン屋はテイクアウトが中心であることからイートインスペースは必ずしも必要なく、調理スペース以外にパンを陳列する棚と会計するスペースがあれば充分なため、安価な狭小スペースでも開業ができるのは強みといえるでしょう。

収入面はどれくらい期待できる?

フランチャイズで開業するうえで、収入面は気になるポイントです。

駅前のパン屋、住宅地にあるパン屋、デパートの惣菜エリアにあるパン屋、パンといっても形態は様々ですが、フーズルートに掲載いただいている案件で調べたところ、平均的な営業利益は38万円となりました。

商品1点の単価がそこまで高くないこと、一人当たりの購入点数も多くないこともあり客単価が低くなりがちです。

収入面では魅力的とは言い難いものの、パン屋はリピート率が高く、日常遣いしやすいため安定した収益が見込めるとも言えるでしょう。

また、パン屋は競合が多いものの、フランチャイズでは本部が持つブランド力を借りることができるのが最大の魅力であり、顧客に対して商品の魅力をアピールしやすいというメリットがあります。

パン屋フランチャイズのトレンド

日本人といえば「お米(ご飯)」という食文化がここ数年で変化し、「手軽に食べられる」「おかずが要らない」「ご飯よりパンが好き」といった理由からパン食の人気は上昇しています。

また近年では下記のようなパンがトレンドとなっており、SNSやメディアで話題に取り上げられることも多くなっています。

  • パンの間に生クリームを挟んだイタリア発祥のスイーツパン「マリトッツォ」
  • インパクトのある断面が“萌える”と話題の「萌え断フルーツサンド」
  • 一斤1000円前後という価格設定の「高級食パン」
  • 韓国発祥の進化系ガーリックパンの「マヌルパン」
  • 具材を盛った「もりもりホットサンド」
  • “パン”をテーマにしたパンフェス

インフルエンサーがマヌルパンを再現した「俺の罪悪パン」がバズったようにコラボ商品を作るなど話題性に富んだアグレッシブな戦略が求められると言えるでしょう。

また、新型コロナウイルスが流行してからの消費者の健康意識への高まりに合わせた「無添加パン」や「デリバリー」に力を入れる必要があります。

パン屋のフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

2017~2019年の総務省統計局の「全国のパン消費量」のデータによるとパンの消費量1位は滋賀県の大津市という結果が出ています。

「パンの消費金額」1位は兵庫県の神戸市で、全国平均が年30,000円に対して約1.23倍もの金額をパンに使っているというデータもあります。こういった消費額を参考に出店エリアを選ぶのも良いでしょう。

パン屋のフランチャイズのメリット

パンの需要が増えている

2021年5月1日~5日にマイボイスコム株式会社が“朝食”に関するインターネット調査を実施したところ70.7%の人が「パン類を朝食に食べる」と回答したという結果が出ています。

また総務省が発表した「家計調査」では、世帯当たりのパン購入価格も年々上昇しておりパンは日本の食生活において欠かせないものとなっています。

パンの需要が増えていることは、パンのフランチャイズをする上でメリットと言えるでしょう。

パン職人の修行をしなくても開業できる

通常であればパン屋として独立する為には、専門学校でパンに関する知識を学んだり、パン屋で数年修行して製パン技術を取得する必要があります。

しかし、フランチャイズであれば既に仕込みが済んだパンが本部から冷凍された状態で送られてくるため、製パンの技術がなくても容易に開業することが可能です。

フランチャイズの選択肢が広い

パン屋のフランチャイズは選べる種類が多いです。

※下記はフランチャイズの一例になります。

  • マーメイドベーカリーパートナーズ
  • 食パン道
  • ミスターホットサンド
  • スワンベーカリー
  • ペンギンベーカリー
  • 一本堂
  • むぎのいえ
  • ブリオッシュドーレ
  • あげぱん屋

「全国展開しているフランチャイズを選びたい」「〇〇パンを専門にしているフランチャイズを選びたい」など希望に合う条件のパン屋を開業することが可能です。

パン屋のフランチャイズの注意点・懸念点

コンビニエンスストアの台頭

パン食の人気に比例して競争が激化しています。

特にコンビニエンスストアでは、パン屋のニーズを取り込んだ商品を多く販売している上にパン以外の飲み物など、複数の商品をまとめて購入できるためパンを専門とするパン屋が顧客を獲得することが難しくなってきています。

ただし、コンビニにはない“パン専門店だからこそ”のオリジナル商品を売り出すことが出来れば生き残ることができる可能性が高くなります。

仕込量の調整が難しい

基本的にパンは注文されてから作るものではなく、事前に焼いたパンを店頭に並べておくスタイルとなります。

そのためパン屋で一番難しい仕事は在庫管理と言えるでしょう。焼き上げたパンが大量に売れ残る、仕込み量が少なく品揃えが悪いといった状態を避けなければなりません。

パンを揃える量は、立地・季節・天候・時間によって調整する必要があり『このくらい店頭に並べておけば大丈夫』という基準が各店舗によって違うため予想が難しいと言えるでしょう。

材料費が変動しやすい

パンの材料として使われる小麦粉やバターは価格の変動がしやすく、仕入れ価格が高騰してしまった場合、パンの原価が上がり利益が減ってしまうことになります。

状況によっては値上げを考えなければならなくなります。

パンの値上げは客離れを招く要因になってしまうため、この点は懸念点と言えます。

パン屋のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

パン屋のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

パン屋のフランチャイズ開業にかかる平均資金は60万円程度です

Q2

パン屋のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

パン屋のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは28件あります。

Q3

パン屋のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

パン屋のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは21件あります。

Q4

パン屋のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、27万円程度で、最高営業利益(月間)は、64万円で「キッチンカーの開業なら【キッチンカーbiz 】」です。

Q5

パン屋のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」「【カフェ業態におすすめ!話題のスイーツブランド】幸せのHappyチュロス」です。

パン屋に掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す