食専門のフランチャイズ比較

和食・定食で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全44

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

和食・定食のフランチャイズ、独立開業情報の特徴

和食・定食のフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「半年以内に開業/独立できる」のフランチャイズが多く、全体平均44%に対して86%と高く、次いで「未経験からスタート」の割合が全体平均83%に対して86%、「研修制度有り」の割合が全体平均81%に対して86%、「無店舗で開業」の割合が全体平均21%に対して86%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均50%に対して86%、「1人で開業」の割合が全体平均35%に対して71%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均38%に対して71%、「複数店舗経営で稼ぐ」の割合が全体平均40%に対して71%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均23%に対して71%、「三ヶ月以内に開業/独立できる」の割合が全体平均52%に対して71%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均44%に対して71%、「低資金で開業」の割合が全体平均56%に対して71%という特徴を持っています

短期間での開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

海鮮居酒屋経営者様 大阪府(開業10年目)

2013年06月OPEN

コロナ禍で通常営業ができない中、スタッフもいて家族もいてこのまま飲食店舗を運営していくのか不安に思っているときに最後のチャンスと思って問合せしてみました。 導入まで初めての事で自店でのデリバリーなどは行ったことが無かったので包材の用意や食材の発注など色々知ることができました。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

イタリアン経営者様 兵庫県(開業5年目)

2018年06月OPEN

問合せをした時点でテイクアウトを自店で行っていました。今回、導入をしたことで、デリバリーサイトを活用した店舗の運用がわかった。自店のブランドでもデリバリーサイトなどへの掲載を実施。今までの来店と違い雨の日などの売上もあがり、新しい売上の母体ができつつあります。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

和食法人経営者様 京都府(開業2年目)

2021年06月OPEN

来店数がコロナによってかなり減ってしまった中で、 何か売上を回復させる方法がないかと探している時に見つけ導入しました。実際に開始するまでは本当に注文が入るのか不安もありましたが、実際にオープンしたところ初日から21件の注文が入りました! その後も継続して入ってきており、今ではコロナ前と比較しても変わらない売上になっています。ブランドを増やしたらまだまだ伸びる可能性があるので、今後もチャレンジしていきたいと思います。

和食・定食フランチャイズの魅力・トレンド

「ご飯にお味噌汁」のように、和食は日本人にとって欠かせない料理のジャンルです。

農業が盛んな日本には古くからお米を食べる習慣が根付いており、ご飯と食べ合わせのよいおかずを一緒にいただくというのが一般的な和食のスタイルです。

世界的にも和食がユネスコ無形文化遺産に登録され話題になりましたが、訪日外国人旅行者の来日理由に「和食を体験したいという」目的まで存在しています。

今や和食は世界的にも注目を浴びている飲食のジャンルと言えるでしょう。

和食・定食フランチャイズを知ろう

飲食系の独立・開業を検討するうえで欠かせない要素でもある和食。

ヘルシー・健康志向という世論とマッチし、国内だけでなく世界的にも注目を浴びている和食店は日本人だけでなく外国人の来店も見込める魅力的なビジネスです。

和食のフランチャイズで成功するきっかけを逃さないよう事前に調査をしておきましょう。

和食・定食フランチャイズの開業資金は?

フーズルートに掲載されている案件を参考にしたところ、開業資金は平均で66万円ほどでした。

定食屋ブランドはあまり見かけないものの、フーズルート内には和食に関連するブランドがいくつもあります。それぞれ扱う商品に特徴があるので資料を取寄せ検討することをオススメします。

和食・定食フランチャイズの利益は?

気になる利益の部分ですが、平均では27万円(参照:フーズルート掲載案件)でした。

決して高くはないものの、フーズルートに掲載中の案件はゴーストレストラン型のブランドが多く、低投資・短期間で開業できる点が魅力です。

和食・定食 フランチャイズのメリット・デメリット

続けて、和食・定食のジャンルにおいて、フランチャイズで開業するメリット・デメリットをお伝えします。ビジネスには勢いも大事ですが、事前にリサーチをすることは堅実な計画を立てるうえで重要なステップです。

メリット・デメリットをしっかり理解しながら開業準備を進めていきましょう。

和食・定食フランチャイズのメリット

日本人に馴染みの深い和食系のメニューを売りにしている業態がいくつもあります。例えば海鮮丼や親子丼のような丼メニューは、消費者としても手に取りやすいです。

食事として成立する和食料理をメニューに取り入れることで安定した基盤が築けるでしょう。特にフードデリバリーが一般化した今、自宅で手軽に和食が食べられるという点には多くの魅力があります。

一方でオーナー側にもメリットがあります。和食メニューは消費者が選択しやすいという点に加え、デリバリー型のフランチャイズの場合、調理工程が非常にシンプルである点です。

基本的に仕込みが不要で調理工程が大幅に省かれているため、スタッフの人員が減らせます。さらに飲食未経験者でもすぐにブランドの味を提供できるため、経費を抑えながら質の良い商品を提供できるという理想的なスタートが目指せます。

和食・定食フランチャイズのデメリット

和食・定食のデメリットで言えば、インパクトに欠けることではないでしょうか。

消費者の中には、普段の食事では食べない珍しいものが食べたいという層も一定数います。日本人からすれば和食は定番中の定番メニューにあたるので、印象が薄く感じられるでしょう。

和食レストラン市場は、減少傾向にあるようですが、背景には洋食を始めとする外国料理の専門店などが外食市場で台頭する中、メニューの真新しさ・インパクトの弱さが原因ではないかと考えられます。

しかしながら、日本人にとって和食は原点のようなもので、様々目移りする事があっても必ず和食に帰ってくるものです。

和食・定食フランチャイズ成功へのまとめ

和食・定食フランチャイズで成功を収めるために重要なことは、取り扱うメニューの特徴と利用されるシチュエーションを熟知して適切な開業計画を立てることといえます。

和食・定食屋のメリット・デメリットを参考に、どの地域でどういった商品を扱うか、周辺の店舗にどんな業態が集まっているか、事前に入念なリサーチを行い、魅力的な看板商品を用意することが成功のポイントになるでしょう。

フーズルートには和食系のメニューを取り扱っているブランドが多数掲載されています。あなたにも興味のあるブランドがきっと見つかるはずです。優良なフランチャイズ案件が多数掲載されていますが、資料請求は何件でも無料で利用できますので、お役立てください。

和食・定食のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

和食・定食のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

和食・定食のフランチャイズ開業にかかる平均資金は202万円程度です

Q2

和食・定食のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

和食・定食のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは5件あります。

Q3

和食・定食のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

和食・定食のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは6件あります。

Q4

和食・定食のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、36万円程度で、最高営業利益(月間)は、60万円で「AETA WORLD(アエタワールド)」です。

Q5

和食・定食のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「 【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」「AETA WORLD(アエタワールド)」です。

和食・定食に掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す