食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

餃子・肉まんのフランチャイズ一覧

餃子・肉まんで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全37

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

餃子・肉まんのフランチャイズ、独立開業情報の特徴

餃子・肉まんのフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「三ヶ月以内に開業/独立できる」のフランチャイズが多く、全体平均58%に対して100%と高く、次いで「既存店の売上UP」の割合が全体平均52%に対して100%、「好きな時間に働ける」の割合が全体平均27%に対して100%、「空き時間で稼ぐ」の割合が全体平均25%に対して100%、「1人で開業」の割合が全体平均40%に対して100%、「未経験からスタート」の割合が全体平均83%に対して100%、「10坪以下で開業」の割合が全体平均54%に対して100%、「低資金で開業」の割合が全体平均58%に対して100%、「副業としてスタート」の割合が全体平均38%に対して100%、「複数店舗経営で稼ぐ」の割合が全体平均46%に対して100%、「半年以内に開業/独立できる」の割合が全体平均48%に対して83%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均48%に対して83%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均27%に対して83%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均40%に対して83%、「夫婦で独立」の割合が全体平均42%に対して83%、「居抜きOK」の割合が全体平均37%に対して67%、「女性が活躍!」の割合が全体平均40%に対して67%という特徴を持っています

短期間での開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

海鮮居酒屋経営者様 大阪府(開業10年目)

2013年06月OPEN

コロナ禍で通常営業ができない中、スタッフもいて家族もいてこのまま飲食店舗を運営していくのか不安に思っているときに最後のチャンスと思って問合せしてみました。 導入まで初めての事で自店でのデリバリーなどは行ったことが無かったので包材の用意や食材の発注など色々知ることができました。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

イタリアン経営者様 兵庫県(開業5年目)

2018年06月OPEN

問合せをした時点でテイクアウトを自店で行っていました。今回、導入をしたことで、デリバリーサイトを活用した店舗の運用がわかった。自店のブランドでもデリバリーサイトなどへの掲載を実施。今までの来店と違い雨の日などの売上もあがり、新しい売上の母体ができつつあります。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

和食法人経営者様 京都府(開業2年目)

2021年06月OPEN

来店数がコロナによってかなり減ってしまった中で、 何か売上を回復させる方法がないかと探している時に見つけ導入しました。実際に開始するまでは本当に注文が入るのか不安もありましたが、実際にオープンしたところ初日から21件の注文が入りました! その後も継続して入ってきており、今ではコロナ前と比較しても変わらない売上になっています。ブランドを増やしたらまだまだ伸びる可能性があるので、今後もチャレンジしていきたいと思います。

餃子・肉まんフランチャイズのトレンド

餃子・肉まんは中華料理の中でも代表的な料理で、小さなお子さんから高齢の方まで多くの方に親しまれています。餃子・肉まん専門店も見かけるようになりましたが、今どういったトレンドがあるかを着目してみましょう。

餃子のトレンド

餃子が売りのチェーンが台頭するなか、オリジナル餃子が看板メニューの専門店を街で見かけるようになりました。餃子をテーマにしたイベントも開催されているほど、餃子は人気のカテゴリの一つですが、どんなトレンドがあるのでしょうか。

2023年の注目ワード

  • クラフト餃子
  • 韓国風餃子マンドゥ
  • 包まない餃子
  • ジャンボ餃子
  • 台湾餃子

中でも注目したいのは韓国ブームの波に乗って注目を浴びている「マンドゥ」。今後マンドゥを売りにした韓国料理店も見かけるようになるかもしれません。

いずれにせよ、餃子にとって重要な皮、具材、焼き方と、それぞれにこだわって完成された餃子は全国の餃子好きを魅了し続けていくことでしょう。

肉まんのトレンド

夏が終わると全国のコンビニで見かけるようになる「肉まん」。

毎年、全国のコンビニでは秋から春ごろにかけてホットフードショーケースに、王道の豚まん・あんまんといった定番ラインナップに加えて、話題性を狙った肉まんが陳列されます。

定番の肉まん

  • 豚まん
  • あんまん
  • ピザまん

珍しい肉まん

  • スイーツまん
  • カレーまん
  • フカヒレまん
  • ご当地食材を使った肉まん
  • かわいい動物の見た目をした肉まん

コンビニのラインナップを見る限り、定番メニューの肉まんが中心で、客寄せのため珍しい商品を扱っているように感じます。トレンドを追うにはコンビニのラインナップに注目すると良いでしょう。

コンビニでは発売期間が限定されていますが、横浜中華街といった観光地では年中販売されており、肉まん自体は季節を問わず消費者から愛される料理のひとつと言えるでしょう。

餃子・肉まんフランチャイズは儲かるのか?

数ある飲食フランチャイズの中でも注目されている餃子・肉まんのジャンルはビジネス的にはどうなのでしょう。フーズルートに掲載いただいている案件で開業資金や利益面を調査したので参考にしてください。

平均的な開業資金

フーズルートに掲載されている案件での開業資金の平均は22万円でした。

ゴーストレストラン形式のブランドが多いため、初期コストは少なくて済むのが特徴です。そもそも必要な調理設備も少ないため、狭小物件での開業も可能で、これから飲食業界で独立を考えている方にとって始めやすいジャンルと言えるでしょう。

平均的な営業利益

平均的な営業利益は25万円でしたが、60万円ほどの利益が見込めるブランドもありました。

イートイン形式以外にも販売形態がある点から、多くの消費者を取り込むことができるため、餃子・肉まんのフランチャイズは利益が上げやすいと考えられます。

餃子・肉まんのフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

餃子・肉まんのフランチャイズを開業するにあたり、どんな形態で商品を販売するかによって、候補地は変わってくるでしょう。

専門店の開業を考えているのであれば、競合性は高いですが宇都宮のような自治体も勢力的にPRをしているエリアが好ましいでしょう。専門店の場合、目的来店を狙う必要がありますが、餃子が盛んな街であればフリー来店も見込めるでしょう。

また、餃子も肉まんもテイクアウトやデリバリー需要も見込めるメニューのため、イートイン形式にこだわる必要もありません。現にデリバリーが主力の餃子・肉まんのフランチャイズもあり、販売の形態によって適したエリアを選ぶことが重要と言えます。

また餃子市場でいえば、無人販売所といった販売形態も見かけるようになり、勢力図が塗り替わる可能性も秘めており、今後も目が離せないです。

餃子・肉まんフランチャイズのメリット

餃子・肉まんのフランチャイズにはどんなメリットがあるのでしょうか。他の飲食フランチャイズと異なる点も交えて解説していきます。

販売形態に左右されない

餃子や肉まんは小腹が空いた時の軽食としても、主食としても重宝される万能な料理です。単品注文や定食としての販売も可能で、お酒と一緒にスタンド形式で提供するといったことも可能です。

食べ歩きにも適している料理のため、イートイン形式に捉われず営業ができます。冷凍食を販売すれば外食を利用しない消費者のニーズにも応えることができるでしょう。

調理工程が楽

餃子や肉まんは、具材を皮に包んで調理するシンプルな料理です。仕込みの工程はありますが少ない工程で大量に仕込むことも可能なので、販売数量もコントロールがしやすいです。

他の飲食店に比べて必要な調理機材も少ないので、イートインスペースを設けない形態の店舗であれば狭小物件でも充分に営業ができるのです。

多くのブランドが展開されている

餃子・肉まんという大きなジャンルはあるものの、店舗によって提供する商品は異なります。

ブランド化されている有名な商品だけでも多くの種類が存在し、それぞれ見た目・味・食感が異なり、好みが分かれるところです。様々な種類の商品が存在するということは、どこかに偏る訳ではなく、消費者が分散していると考えられます。

このことから、餃子・肉まんフランチャイズは、後発で参入したとしても一定の消費者を囲い込める可能性があると言えるでしょう。

餃子・肉まんフランチャイズの注意点・懸念点

販売形態に捉われない餃子や肉まんですが、注意すべき点もありますので解説していきます。開業前に懸念すべき点は事前に対策をしておくのが良いでしょう。

競合性が高い

開業しやすいということは、競合が多くなりやすいということでもあるので、一定の顧客を囲い込めたとしても安心はできません。

周辺に同様の商品を扱う店がどの程度あるのか、差別化は出来るのか、新しいお店が出てきた際にどう対抗するか、このような課題を常に考えておく必要があるでしょう。

餃子・肉まんフランチャイズなら持ち前のブランド力をはじめ・集客手法・競合対策などノウハウがあるので、フランチャイズで開業するのもおすすめです。

差別化がしにくい

餃子・肉まんは、シンプルな料理であるが故に、差別化がしにくいと言えるでしょう。

特に消費者目線では見た目・味・食感が異なることは分かっても、具体的にどう違うかを説明するのは難しいものです。似たお店があったとして消費者が取捨選択するポイントを理解していなければ、競合に勝つことは難しいでしょう。

この点で、餃子・肉まんのフランチャイズは魅力的な商品を持っていており一定の認知度があるため、一歩リードしていると言えるでしょう。

餃子・肉まんのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

餃子・肉まんのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

餃子・肉まんのフランチャイズ開業にかかる平均資金は47万円程度です

Q2

餃子・肉まんのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

餃子・肉まんのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは6件あります。

Q3

餃子・肉まんのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

餃子・肉まんのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは6件あります。

Q4

餃子・肉まんのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、36万円程度で、最高営業利益(月間)は、80万円で「フーシェア」です。

Q5

餃子・肉まんのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「AETA WORLD(アエタワールド)」「フーシェア」です。

さらに条件を絞り込んで探す