食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

イートイン・外食のフランチャイズ一覧

イートイン・外食で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全102

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

◆外食(イートイン)事業の需要や将来性

2020年、2021年とパンデミックの影響を大きく受けたイートイン・外食事業。インバウンド客や接待などのビジネス需要が減ったことにより、自粛解除後もコロナ以前の数値には戻っていません。

しかしそんなコロナ禍において、洋風ファストフードの代表格である「マクドナルド」、「モスバーガー」「KFC」などはいずれもコロナ前よりも売上が好調。これは、テイクアウトやデリバリー業態の売上への貢献度が高いためです。

洋風ファストフードのみならず、イートイン単体ではなくテイクアウト・デリバリーにも力を入れている飲食店の売上は好調のようです。

需要の面においては、「ホットペッパーグルメ外食総研」が2021年11月に行なった調査によれば、「当分は様子を見て外食を控える」が全体の21.5%。これは同年度の7月の調査では34.9%だったのでマイナス13.4ポイントという結果です。

また、「変わらない頻度で行くつもりだ/行っている」は23.9%、「頻度を減らして行くつもりだ/行っている」が45.0%という結果で、これらは同年度7月の調査よりも増加しているか、ほぼ同じで、需要の回復が伺えます。

需要が回復しつつある要因として、度重なる自粛要請への「疲れ」、そしてwithコロナへの「慣れ」、最近ですと重症率が高いデルタ株が減少し、軽症率が圧倒的に高いオミクロン株にすり替わったことで恐怖心が薄れたことも挙げられます。

感染症対策が徹底された店舗作りに加え、テイクアウトやデリバリー業態も組み込むことで、今後回復していく外食産業でも安定した売上を出すことができるでしょう、

また、イートイン・外食事業の収益構造や開業するメリット・デメリットを、こちらの記事「イートイン・外食の特徴や市場、収益構造をどこよりもわかりやすく解説!」にて解説していますので、ぜひ合わせて読んでください。

イートイン・外食のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

イートイン・外食のフランチャイズ案件で開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

イートイン・外食のフランチャイズ開業にかかる平均資金は1275万円程度です。※開業資金を公開している案件の平均開業資金です。

Q2

イートイン・外食のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立ができるものはどれくらいありますか?

イートイン・外食のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立ができるものは10件あります。

Q3

イートイン・外食のフランチャイズ案件でロイヤリティゼロで開業/独立ができるものはどれくらいありますか?

イートイン・外食のフランチャイズ案件でロイヤリティゼロで開業/独立ができるものは2件あります。

Q4

イートイン・外食のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

イートイン・外食のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは24件あります。

Q5

イートイン・外食のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、109万円程度で、最高営業利益(月間)は、345万円で「肉うどんいのうえ」です。

Q6

イートイン・外食のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「 【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」「AETA WORLD(アエタワールド)」です。

さらに条件を絞り込んで探す