弁当・惣菜で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

13件/全13

弁当・惣菜のフランチャイズ、独立開業情報の特徴

弁当・惣菜のフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「10坪以下で開業」のフランチャイズが多く、全体平均57%に対して100%と高く、次いで「複数店舗経営で稼ぐ」の割合が全体平均48%に対して100%、「未経験からスタート」の割合が全体平均75%に対して86%、「研修制度有り」の割合が全体平均74%に対して86%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均62%に対して86%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均46%に対して71%、「三ヶ月以内に開業/独立できる」の割合が全体平均68%に対して71%、「低資金で開業」の割合が全体平均70%に対して71%という特徴を持っています

少ない面積での開業におすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

東京ハンバーグ専門店『がっつりハンバーグ』

株式会社Globridge

がっつりハンバーグ四ツ谷店

2021年04月OPEN

他にもいくつか業態を取り入れていますが、仕込みもなく、オペレーションは非常にシンプルかつ売上が立つといった意味合いでは、この『がっつりハンバーグ』が一番おすすめです。

【オンライン合同説明会】人気のデリバリーFC

株式会社エフ・エフ・アルファ

肉屋のハンバーグとガーリックライス 唐人町店

2022年04月OPEN

■加盟前の店舗状態 うちは古くから続く商店街の中にあり、お客様のほとんどが年配の方達で、コロナが蔓延したと同時に客足も遠のき、売り上げも下がりどうにか打開する方法を模索していました。 ■加盟前のデリバリーのイメージ そんな中、デリバリー業に興味を持ち色々と調べてみましたが、やはり初めての事に足を踏み入れる不安とフランチャイズに対して少し疑いの心を持っており、なかなか踏ん切りがつかない部分がありました。 ■加盟後の店舗状態 まだ加盟して間もないですが加盟した事により忙しくなり、お店にも活気がもどってきました。 ■加盟後のデリバリーに対するイメージ 正直、もう少し早く始めとけばよかったって気持ちが強いです。まだ間もないのでこれから先の事は分からないですが、一つ一つ丁寧にこなし、努力していけば売り上げにも繋がると思ってます。今は1ブランドでやってますが、色んなブランドに挑戦していきたいと思ってます。

◆弁当(惣菜)フランチャイズのトレンド

味に対してのコスパが良く、いつも安定した弁当や惣菜は常に需要があります。

一方、大手コンビニチェーンではウインナー5本だけがおかずの「潔い弁当」や、ご飯を茶わん1杯分(一膳)の「一膳ごはん」といった弁当がSNSを中心に話題になっていました。

特に、女性の社会進出が増えたことで、カロリーや糖質を気にした働く女性をターゲットにしたお弁当は非常に需要が高まっています。

◆弁当(惣菜)のフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

弁当(昼食)を利用するボリュームゾーンは「共働き世帯」と「単身者」が多いので、この2つの層に合った立地にて出店する必要があります。

なかでもオフィス街は、ビジネスマンが職場にランチ弁当を持ち帰って食べる比率が圧倒的に高いです。

一方、住宅地が多い都心から離れた駅前では、共働き世帯からの夕食弁当や惣菜のテイクアウト需要が高いです。

◆弁当(惣菜)フランチャイズのメリット

・コロナ禍でデリバリーやテイクアウト需要が増加している

高齢者の増加や共働き世帯の増加、労働の長時間化などが要因で、弁当をはじめとした中食産業が年々拡大を続けています。

それに加えて新型コロナウイルス拡大の影響により、外食産業が右肩下がりの中、弁当屋のデリバリーやテイクアウトの需要が増えています。

今ではテイクアウトやデリバリーを利用する習慣がすっかり根付いた為、アフターコロナでも需要が続くと言えるでしょう。

・初期費用や人件費などを抑えられる

弁当屋のメリットは、調理場と販売スペースを用意できれば、飲食店のように客席を用意する必要がなく、狭い店舗面積かつ少ない従業員で運営できる点です。

またデリバリー専門の弁当屋の場合、実店舗が必要なくなるのでさらに初期費用を抑えることが可能です。

・軽減税率の対象となる

2019年10月1日(火)からの増税により、飲食業界はイートインの場合消費税が10%となりました。

しかし、デリバリーやテイクアウトがメインである弁当屋は軽減税率の対象となるので、8%のままです。

税率が据え置きとなったことで、お得感がある弁当は需要が高いというメリットがあります。

◆弁当(惣菜)フランチャイズの注意点・懸念点

・周辺店舗との価格競争になることも

周辺店舗が低価格で弁当を提供している場合、そちらに顧客が流れてしまう可能性があり、価格競争が発生します。

しかし、値引きをするためには原価を抑える必要があるので、必然的に弁当の質が落ちてしまいます。

結果的に客離れになってしまう本末転倒な展開にならないように注意が必要です。

・食中毒のリスクがある

店内で調理してすぐに提供するよりも、お弁当・惣菜販売は食中毒のリスクが高い傾向にあります。

そのため、店内調理の時以上に衛生管理に気を遣わなければなりません。

とはいえ、どんなに気をつけても食中毒のリスクはゼロにはならず、一度発生してしまえば経営に大ダメージとなる懸念があります。

もしもの時のためにも、保険加入はしておくべきでしょう。

弁当・惣菜のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

弁当・惣菜のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

弁当・惣菜のフランチャイズ開業にかかる平均資金は92万円程度です

Q2

弁当・惣菜のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

弁当・惣菜のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは5件あります。

Q3

弁当・惣菜のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

弁当・惣菜のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは6件あります。

Q4

弁当・惣菜のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、37万円程度で、最高営業利益(月間)は、80万円で「チキンワークス」です。

Q5

弁当・惣菜のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「バーチャルレストラン デリバリープラン」「東京ハンバーグ専門店『がっつりハンバーグ』」です。

弁当・惣菜に掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す