飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

香川県エリアのフランチャイズ一覧

香川県で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全159

次のページ

◆香川エリアの外食に関わる情報
香川県の飲食店数は、県庁所在地である高松市内が最も多く、香川名物「讃岐うどん」を提供する店舗がいたるところにあるのが特徴です。

高松市は、四国を代表する企業の本社や全国規模の企業の支社・支店が置かれる四国の経済拠点となっており、ビジネスマンが多いエリアです。また、小豆島や瀬戸内海の島々は人気観光地となっており、多くの観光客も訪れます。

・高松市「瓦町」エリア
高松市の繁華街というとまず「瓦町」の名前が出るほどで、琴電瓦町駅の西口を出るとすぐ「常磐町商店街」のアーケードがあり、さらに進むと「トキワ新町商店街」があり多くの飲食店や商店が立ち並んでいます。

また、国道11号線を挟んだ先に、片原町の大手百貨店と瓦町を結ぶ「ライオン通り商店街」があります。この商店街は470メートルほどのアーケード街で、アパレルショップや雑貨店、飲食店が密集しています。

主にこのエリアは、昼は買い物客で賑わい、夕方以降は高松一の歓楽街として飲み屋を中心に多くの人で賑わっています。このエリアにも香川名物「讃岐うどん」を提供するお店があり、観光客を中心に多くの人が利用しています。

・高松市「高松中央商店街」
高松中央商店街は、香川県高松市中心部にある「高松丸亀町商店街(たかまつまるがめまちしょうてんがい)」をはじめとしたいくつかの商店街の総称で、それらの商店街のほぼ全てを覆うアーケードは総延長が2.7キロメートルもあり日本一で知られています。

高松中央商店街には小売店や飲食店が約1000店舗ほど立ち並んでおり、1日の通行量は平日で約13万人、休日で約14万人と四国屈指の通行量を誇ります。平日と休日の通行量にあまり差がありません。

高松中央商店街の中でも、全長470メートルにおよぶ「高松丸亀町商店街」はその中心的な存在です。有名ブランドのショップが多く、書店などもあるので、老若男女問わず多くの人で賑わっています。

また、現在丸亀町や高松三越周辺では大規模な再開発が行われており、今後の発展にも期待が持てます。

◆香川エリアのデータ
香川県の県庁所在地は「高松市」になり、香川県最大のターミナル駅「JR高松駅」では1日あたりの乗降客数は2万5,930人です。

香川県の総人口は95万244人で、香川県の主要都市である高松市、丸亀市、三豊市、観音寺市、坂出市の人口総数はそれぞれ下記のとおりです。

都市名人口
高松市41万7,496人
丸亀市10万9,513人
三豊市6万1,857人
観音寺市5万7,438人
坂出市5万624人

出典:令和2年国勢調査(総務省統計局)

香川県内にある飲食店の数は4603件、県庁所在地である「高松市」の外食における支出額は12万7,051円で、全国で14位になります。
出典:政令指定都市の「一般外食」への一世帯当たり支出額(2020年)

◆香川県の最低賃金

香川県の最低賃金は、2021年10月1日から1時間『848円』です。

最低賃金に関する詳細は厚生労働省の「あなたの賃金を比較チェック│最低賃金制度」のページをご確認下さい。

香川県のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

香川県でフランチャイズを開業する場合の平均資金はどれくらいですか?

香川県でフランチャイズを開業する場合の平均資金は499万円程度です。

Q2

香川県で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

香川県で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件は44件あります。

Q3

香川県で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

香川県で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件は38件あります。

Q4

香川県のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、51万円程度で、最高営業利益(月間)は、185万円で「元祖中津唐揚げ もり山」です。

Q5

香川県のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【🧇デザート】オフピーク帯を活用できるゴーストレストラン〜空き時間・人件費を有効活用するなら〜」「バーチャルレストラン デリバリープラン」です。

さらに条件を絞り込んで探す