台湾料理で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

6件/全6

◆台湾料理フランチャイズのトレンド

2021年の第4次韓国ブームの横で台湾グルメが台頭しました。

2019年のタピオカブームは落ち着いたものの、台湾定番料理「ルーロー飯(魯肉飯)」が無印良品で売り切れが続出するほど、日本人の関心は確実に台湾グルメへと広がっています。

台湾グルメがトレンドインしている理由として、味はもちろんですが、写真・動画映えする「ムービージェニック」なビジュアルにあります。

そんなムービージェニックで人気を集めているのが、

  • ぷるぷる・ふわふわした「台湾カステラ」
  • 手のひらサイズの大きな「台湾ジーパイ(唐揚げ)」
  • 丸い玉の形をした茶葉をそのまま使った「台湾茶」
  • 固めた豆乳にフルーツや小倉やシロップをトッピングした「豆花」

など、日本のグルメと似て非なる、思わずSNSやYouTubeで発信したくなる台湾グルメです。

◆台湾料理のフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

・アジア料理と馴染みがある街

例えば、

  • 中華料理屋が多い東京都の「池袋」
  • 中華街で有名な神奈川県の「横浜」
  • グルメタウンとして有名で、実はエスニック料理激戦区である東京都の「吉祥寺」

など、一定数アジア料理があり、アジア料理が上手く馴染んでいるような場所での出店がおすすめです。

逆にオシャレなイタリアンやフレンチ、ファストフードが並ぶ区画に台湾料理があっても、そのエリアを行き交う人々に合ったコンセプトや外観、料理であれば良いですが、そうでなければ少々ミスマッチと言えます。

・飲食店が集まる商業施設

台湾料理は、韓国料理や中華料理などの同じアジア料理よりも馴染み深いものではないので、下手に駅前やビジネス街に出店しても集客ができない可能性もあります。

商業施設の中のフードコートや、地下街のグルメ通りなどの飲食が目的となっている区画に出店することで競合せずに目立つことができます。

・トレンド商品を扱うなら若者が集まる場所

SNSで話題になっているようなトレンド商品を提供するのであれば、若者が集まる場所での出店がオススメです。

若者の顧客を獲得することができる立地であれば、SNSでまず間違いなく拡散してもらえるので、副次的なメリットがあります。

◆台湾料理フランチャイズのメリット

・台湾料理はまだまだ浸透していない狙い目グルメ

空前のタピオカブームが到来したものの、台湾料理はまだまだ知られていません。

しかし、最近起きた「台湾パイナップルの買い支え運動」など、台湾グルメが徐々に日本に浸透しているのが伺えます。

台湾料理っていっても北部と南部では食材や味付けが全然違います。

ですので、これからどんどんトレンディな台湾料理が日本に上陸し、業界が盛り上がっていく可能性が高いと言えます。

・“沼”にハマらせる料理が多い

台湾料理には、八角やセロリ、パクチーなどのクセが強く好き嫌いがハッキリ別れる食材や香辛料が多く使われています。

はじめは香りや味に抵抗があっても、食べていくうちにだんだんクセになっていき、ついついまた求めてしまう人が続出しています。

実際、パクチーにハマっている「パクチニスト」と呼ばれる方々は少なくなく、全体には刺さらないものの刺さった方には“沼”らせる魅力が台湾料理にはあります。

◆台湾料理フランチャイズの注意点・懸念点

・韓国料理や中華料理ほどまだ馴染み深くない

タピオカがきっかけで、台湾料理ブームは沸々と火がついてはいますが、まだまだ同じアジア圏の韓国料理や中華料理のように馴染み深いものではありません。

出店した場所の周辺に多種多様な飲食店があった場合、ブランド力がない限り顧客からすると入店するのに勇気が入ります。

しかしフランチャイズであれば、ブランド力もあり、認知獲得のためのノウハウや集客サポートもありますので、個人店よりも安定した経営が望めるでしょう。

台湾料理のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

台湾料理のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

台湾料理のフランチャイズ開業にかかる平均資金は40万円程度です

Q2

台湾料理のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

台湾料理のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは3件あります。

Q3

台湾料理のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

台湾料理のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは3件あります。

Q4

台湾料理のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、34万円程度で、最高営業利益(月間)は、37万円で「MOF²(モフモフ)」です。

Q5

台湾料理のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「バーチャルレストラン デリバリープラン」「MOF²(モフモフ)」です。

台湾料理に掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す