韓国料理で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全20

韓国料理のフランチャイズ、独立開業情報の特徴

韓国料理のフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「三ヶ月以内に開業/独立できる」のフランチャイズが多く、全体平均68%に対して100%と高く、次いで「低資金で開業」の割合が全体平均70%に対して100%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均62%に対して100%、「未経験からスタート」の割合が全体平均75%に対して86%、「複数店舗経営で稼ぐ」の割合が全体平均48%に対して71%、「10坪以下で開業」の割合が全体平均57%に対して71%という特徴を持っています

短期間での開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト大名店

2021年10月OPEN

突然のコロナ渦で飲食事業の主力業態であった居酒屋部門が軒並み通常営業ができなくなった際にクリスピーチキンアンドトマト様のお話を聞き、実際に商品を食べてみて「デリバリー」や「韓国ブーム」ではない独自の製法と確かな品質と商品提供までのデザインがブランドとして確立されていると感じましたし、自宅での「ホームパーティー」や「お土産、手土産」市場でも優位性を持てるブランディングがまだまだ可能だと判断し、加盟相談を行い加盟しました。 自社が鳥肉をメインに扱う業態の為、調理技術に親和性が高いことと、撤退の場合の縛りも緩いことも大きかったです。 若いメンバーのチームで、急激に拡大した為、対応が遅れることもありますが、こちらの要望には真摯に向き合ってくださり、加盟店への配慮も見られますし、新たな商品提案力もある企業様です。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト沖縄北谷店

2021年12月OPEN

クリスピーチキンアンドトマト様のフライドチキンの味に惹かれて加盟しました。 既存店舗に併設できるというシェアリングランドという点とフライヤーひとつで調理可能という開業コストの低さも魅力でした。デリバリー文化がまだ他の県ほど浸透していない沖縄県ですが、コロナ禍ということもあり、開業当初はデリバリー売上の割合が大きく、初めはオペレーションに慣れるのが大変でしたが、シンプルな調理工程のためアルバイトでも運営可能です。最近では地域に徐々に認知され、テイクアウトを含む店頭売上が伸びています。 研修からオープンまでのサポートの充実はもちろんのこと、デリバリーやテイクアウト中心での販売ノウハウなど、開業後も親身に相談に乗ってくださり安心できます。定期的に新商品の提案も行っていただけるので、今後も継続的な顧客開拓が期待できそうです。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト新百合ケ丘店(焼き鳥炉端圭玄)

2020年10月OPEN

新型コロナウィルスの影響による営業自粛要請などで売上が低下している中、知り合いからCCTのシェアリングブランドサービスを知り、即加盟しました。最初は半信半疑でしたが、初日から15万ほどの売上が作れ、加盟してから1年半過ぎましたが月平均300万ほどの売上があり、今では3店舗まで増えました。コロナ禍においてだけの短期的な取り組みではなく、その後も飲食店営業と並行して継続出来るブランドだと思います。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト宗右衛門町店

2020年07月OPEN

一番の利点は商品開発の手間が無い事です。商品開発は、皆様ご存知の通り、マーケティング、コンセプト、試作品、製造工程、原料の調達なと、多岐に渡り非常に多くのプロセスがあります。 その点、全てCCT本部が調理マニュアルに至る点までフォロー、Uber eatsなどに関しても、メニュー更新まで行ってくれるので、飲食店初心者の方でも非常に簡単に運営出来ます。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト堺東店

2021年01月OPEN

当時私はラーメン業態を10店舗ほど運営しておりました。 その頃は、緊急事態宣言により営業時間の短縮、自粛によるお客様の減少で全店昨年売上対比が70%ほどになりました。 イートイン業態における需要が今後失くなるのではないかと頭を抱えていた時に『クリスピーチキン&トマト』さんを知りました。弊社の店には元々フライヤーがあったこともあり初期投資はかなり抑えることが出来、その上、イートイン業態の売上減少を補う程の売上を叩き出すことが出来ました。 あの頃、思いきって新業態を取り入れることによって、現在、倍以上の店舗数に増やすことが出来ました。 今後はイートイン業態、テイクアウト業態の両方に力を入れ邁進して参ります。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト町田店・府中店

2020年10月OPEN

2020年4月に1回目の緊急事態宣言となった時、居酒屋が主体の企業でそれまで中食は全く力を入れておらず、でもそのようなことは言ってられないと、中食やECなど外食以外でできることを模索しました。 デリバリーに関しては、初めては手探りで実店舗の屋号でやっていたのですが、居酒屋ということもあり売上が上がらず、流行りのバーチャル業態を作ってもみましたが、業績は伸び悩んでいました。 そんな中、クリスピーチキン&トマトというシェアキッチンのバーチャルブランドのことを知り、加盟金などで悩みましたが、まずはやってみようということで、チャレンジしてみました。 販売してみると、それまでこんなにデリバリーってオーダーが入るんだという驚きと、仕込みや毎日の油交換などオペレーションに対する嬉しい悲鳴が上がりましま。売上は一店舗で他の全店のデリバリー日計を超えるような金額で、これは他の店舗もやろうと、出店可能なエリアのリストを頂き、出店できる店舗は全店出店していきました。 その結果、今ではグループで10店舗以上で運営させて頂いておりますが、最初は韓国チキンは流行でいつまで続くのかという懐疑的な意見も出ていましたが、一年半以上一定の売上をキープしており、退店は0。加盟金はすぐに回収でき、毎月のロイヤリティーが安く感じるほどの売上を計上しております。 他にも他社デリバリーFCブランドにも加盟したこともありますが、継続的に一定の売上をキープ出来るのはクリスピーチキン&トマトだけです。今はこのブランドと出会って本当によかったという本部様に対する感謝の気持ちと、今後もチャンスがあれば出店を増やしていきたいと考えております。

◆韓国料理フランチャイズのトレンド

韓国料理はサムギョプサルやビビンバ、スンドゥブ、チーズタッカルビ、UFOチキンなど常にトレンドが高速で移り変わっています。

なかにはビビンバのように、すでに国内で当たり前に定着した韓国料理もあります。

最近では、Netflixなどのサブスク動画配信サービスで韓国ドラマがブームになったことで、ドラマ内で登場した韓国風唐揚げ(ヤムニョムチキン)やチーズハットグ、韓国かき氷「ピンス」など、実に多彩な韓国料理が人気を集めています。

◆韓国料理のフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

韓国料理の中には、韓国風フライドチキンやチーズハットグ、ホットク、トッポッキなど、食べ歩き(テイクアウト)に最適なメニューもあります。

テイクアウト専門店であれば狭い店舗面積でも運営でき、その分賃料が抑えられるので繁華街のメイン通りの出店も良いでしょう。

また、韓国料理を専門とした店舗は、新大久保などのコリアンタウンでは多いですが、その他の土地ではあまり多くありません。

そのため、駅前や飲食店で賑わう立地に出店し、効率的に集客を狙うのも良いでしょう。

◆韓国料理フランチャイズのメリット

・辛いものはファンを掴みやすいジャンル

韓国料理といえば「キムチ」をはじめ、辛いものが多いジャンルです。

辛いもの好きな人は老若男女問わず一定数おり、ファンを掴みやすいジャンルです。

・トレンド含めてバリエーションが豊富

定番の韓国料理であるビビンバやスンドゥブチゲ、冷麺、サムギョプサルから、ほかにもチーズタッカルビやUFOチキン、ケジャン、チーズハットグなど、続々と新たなトレンド商品が登場しています。

また、ダルゴナコーヒーやトゥンワッフル、トゥンカロンなどのスイーツ、マッコリやチャミスルなどのお酒類までバリエーション豊富な韓国メニューがあります。

・“韓流”が定着してきた

現時点(2021年12月)では、第4次韓流ブームの真っ只中で、第4次までくるとブームというよりも定着です。

「丸大食品株式会社」が調査したデータによると、韓流コンテンツを見た80%の人が韓国料理を食べる機会が増えたと発表しているほどです。

韓国料理がラーメンやカレー、焼肉、寿司などと同様に馴染みのグルメになりつつあるので、将来性のある業態と言えます。

◆韓国料理フランチャイズの注意点・懸念点

・ブームのグルメがすぐに移り変わることも

韓国グルメは日々進化しているので、一時ブームになったとしてもやがて落ち着くことも十分考えられます。

しかし、一度熱が落ち着いた韓国料理でも何かをキッカケに再燃することがあります。

例えば、一時ブームだったサムギョプサルですが、骨付きカルビと藁焼きサムギョプサルをコンセプトにした新大久保にある「わら火」という店舗が、SNSがキッカケで話題を集めています。

韓国料理のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

韓国料理のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

韓国料理のフランチャイズ開業にかかる平均資金は34万円程度です

Q2

韓国料理のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

韓国料理のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは7件あります。

Q3

韓国料理のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

韓国料理のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは6件あります。

Q4

韓国料理のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、26万円程度で、最高営業利益(月間)は、40万円で「CRISPY CHICKEN n’ TOMATO」です。

Q5

韓国料理のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【🧇デザート】オフピーク帯を活用できるゴーストレストラン〜空き時間・人件費を有効活用するなら〜」「バーチャルレストラン デリバリープラン」です。

韓国料理に掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す