食専門のフランチャイズ比較

カレー屋で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全42

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

カレー屋のフランチャイズ、独立開業情報の特徴

カレー屋のフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「1人で開業」のフランチャイズが多く、全体平均40%に対して100%と高く、次いで「未経験からスタート」の割合が全体平均83%に対して100%、「半年以内に開業/独立できる」の割合が全体平均48%に対して100%、「10坪以下で開業」の割合が全体平均54%に対して100%、「複数店舗経営で稼ぐ」の割合が全体平均46%に対して100%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均52%に対して100%、「低資金で開業」の割合が全体平均58%に対して80%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均48%に対して80%、「新メニューや価格設定の自由度が高い」の割合が全体平均27%に対して80%、「副業としてスタート」の割合が全体平均38%に対して80%、「居抜きOK」の割合が全体平均37%に対して80%、「空き時間で稼ぐ」の割合が全体平均25%に対して80%、「好きな時間に働ける」の割合が全体平均27%に対して80%、「夫婦で独立」の割合が全体平均42%に対して80%、「三ヶ月以内に開業/独立できる」の割合が全体平均58%に対して80%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均40%に対して80%、「女性が活躍!」の割合が全体平均40%に対して80%という特徴を持っています

1人で開業を検討されているのであれば、おすすめのジャンルになります。

カレー屋フランチャイズは儲かるビジネスか?

カレーはインド発祥の料理で、幕末のころにイギリスを経由して日本に伝わりました。

今やカレーは日本でポピュラーな料理として定着し、老若男女を問わず、ランチに夕飯にと高い需要があります。

また、近年ではスパイスを効かせた本場インドのカレーのほか、「金沢カレー」などのご当地的なバリエーションもあり、カレーという料理だけでもさまざまなアレンジが楽しめることから多くの人々を魅了しています。

カレー専門のチェーン店が全国に展開されていることからも分かるよう、カレー屋フランチャイズは狙い目の業態と言えるでしょう。

開業資金はどれくらい必要か?

フーズルートに掲載いただいている案件で調べたところ、平均的な開業資金は14万円でした。

カレー屋フランチャイズではデリバリー型が中心で、設備投資が少なく済む点、既存機材で賄える点から初期投資が低いことが特徴です。

設備投資が少ないということは、短期間で開業が可能であり、開業資金の早期回収(早期の黒字化)も見込めます。

平均的な収益は?

フーズルートに掲載中の案件では、平均的な営業利益は26万円でした。

高収益とは言えませんが、デリバリー型が中心であるため、早期に売上が立ちやすく、オペレーションも簡易でリスクが低い点から、魅力的なフランチャイズといえるでしょう。

カレー屋フランチャイズのトレンド

「国民食」と呼ばれ家庭や外食で親しみのあるカレーは、タピオカのような爆発的なブームは無いものの、以下のようなユニークなカレーはインターネットやSNSを中心に人気を博しています。

  • ご当地カレー
  • 基本のキーマカレーが多岐にわたり進化した「ニュータイプキーマ」
  • ここ数年ブームとなっている「スパイスカレー」
  • 味付けに出汁を使用した「出汁カレー」
  • 野菜がたっぷりとれる「ベジタブルカレー」

特に、「スパイスカレー」はインターネット上の検索数が4年で35倍に増加しており、盛り上がっているジャンルとなっています。

また、今までカレーと言えば北インドのバターチキンカレーとナンというイメージが強かったですが、最近では南インドのカレーや、スリランカのカレー専門店などマニアックなカレーが増えてきました。

カレー屋のフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

少し高単価なオーガニック系のカレー屋を運営する場合、ビジネス街に出店することで、ランチ帯や退勤後のビジネスマンの来店を期待できます。

一方、量やコスパを売りとする大衆向けのカレー屋を運営する場合は、学生が多い大学近辺に出店することで多くの学生の来店を期待できます。

人通りの量やアクセスの良さも重要な要素ですが、出店する際はお店のコンセプトやターゲット層に合っているかも確認しましょう。

カレー屋フランチャイズは安定した収益が見込める業態ですが、具体的なメリットを確認していきましょう。

カレー屋フランチャイズは安定した収益が見込める業態ですが、具体的なメリットを確認していきましょう。

ブームに左右されず、安定した売上を見込める「国民食」

カレーは、家庭や外食など多方面で親しまれている「国民食」なので、ブームに左右されず安定した売上を見込めるメリットがあります。

爆発的なブームなどは期待できませんが、旬の時期や繁忙期が基本的にないので年間の収益予測も立てやすいです。

材料費が安い

カレー以外にも様々なメニューを提供する場合は別ですが、大衆向けのカレー屋であれば比較的材料費を安く抑えることができます。

特に、フランチャイズで開業をするのであれば、本部から材料を仕入れることが大半ですので、個人で経営するよりもさらに材料費を抑えることができます。

回転率が高い

カレーは、提供までの時間やお客さんが食べる時間が短いため、ラーメン屋と並んで飲食業界ではトップクラスで回転率が高い業態です。

カレーは冷凍庫で保存した際は日持ちするので、前日に大量に仕込んでおくことで調理時間の短縮や人件費を抑えることもできます。

こうした効率的なオペレーションを実現することで、より高い売上を期待できるでしょう。

実店舗だけでなくテイクアウトやデリバリーとの相性も良い

カレーは、カレールーとご飯(またはナン)さえ仕込んでおけば、すぐに提供ができ、また使い捨て容器に入れれば持ち運びもしやすいため、テイクアウトやデリバリーとも相性が良い商品です。

イートイン以外でも利益を上げやすいということはカレー屋フランチャイズは他の業態と比較しても安定して収益が見込めるといえるでしょう。

カレー屋フランチャイズの注意点・懸念点

客単価を上げにくい

カレーの価格は1杯高くても1000円、相場は800円ほどです。

またカレー屋を利用する来店客で、サイドメニューを注文する人は多くなく、注文するとしてもアルコール類やサラダなどを1~2品注文するくらいで、客単価はあまり高くないと言えます。  

カレー屋のなかには、ワンコインで提供している店舗もあり価格競争が激しくなっているので、収益をアップさせるためにも回転率の向上や材料費のカットといった工夫が必要になってきます。

差別化がしにくい

カレーは多数のスパイスを用いることが一般的ですが、スパイスの調合バランスを変えれば何通りにもなります。唯一無二のオリジナルのルーを開発することも容易ですが、一般的な消費者にはその違いが分かりにくいものです。

競合他社と差別化を図るには、カレールー以外に具材やビジュアルなどでインパクトのある強みを持つことが重要といえるでしょう。

カレー屋のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

カレー屋のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

カレー屋のフランチャイズ開業にかかる平均資金は33万円程度です

Q2

カレー屋のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

カレー屋のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは4件あります。

Q3

カレー屋のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

カレー屋のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは5件あります。

Q4

カレー屋のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、34万円程度で、最高営業利益(月間)は、80万円で「フーシェア」です。

Q5

カレー屋のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「フーシェア」「 【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」です。

カレー屋に掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す