食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

焼肉・ホルモンのフランチャイズ一覧

焼肉・ホルモンで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全37

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

焼肉・ホルモンのフランチャイズ、独立開業情報の特徴

焼肉・ホルモンのフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「未経験からスタート」のフランチャイズが多く、全体平均83%に対して100%と高く、次いで「三ヶ月以内に開業/独立できる」の割合が全体平均52%に対して80%、「低資金で開業」の割合が全体平均56%に対して80%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均50%に対して80%という特徴を持っています

未経験でも開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

海鮮居酒屋経営者様 大阪府(開業10年目)

2013年06月OPEN

コロナ禍で通常営業ができない中、スタッフもいて家族もいてこのまま飲食店舗を運営していくのか不安に思っているときに最後のチャンスと思って問合せしてみました。 導入まで初めての事で自店でのデリバリーなどは行ったことが無かったので包材の用意や食材の発注など色々知ることができました。

焼肉DINING大和

株式会社大和フーズ

末吉オーナー

2022年07月OPEN

和牛雌牛という圧倒的な商品力は簡単に他社には真似が出来ない事業だと思った事、また相川社長とのフィーリング、尊敬の念、信頼感が根底にあり、FCを通して色々と学ばせてもらいたいと思った事、ビジネスモデルを理解し納得ができた上で再現性のあるビジネスだと思えたことで加盟を決意いたしました。

焼肉DINING大和

株式会社大和フーズ

坂井オーナー

2022年04月OPEN

スケールメリットを生かした仕入れやマーケティングなど戦略や、母体が精肉卸店ということに期待して加盟しました。 年齢の若い同世代という事で10年後20年後と長期的なお付き合いが出来そうだと感じました。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

イタリアン経営者様 兵庫県(開業5年目)

2018年06月OPEN

問合せをした時点でテイクアウトを自店で行っていました。今回、導入をしたことで、デリバリーサイトを活用した店舗の運用がわかった。自店のブランドでもデリバリーサイトなどへの掲載を実施。今までの来店と違い雨の日などの売上もあがり、新しい売上の母体ができつつあります。

AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

和食法人経営者様 京都府(開業2年目)

2021年06月OPEN

来店数がコロナによってかなり減ってしまった中で、 何か売上を回復させる方法がないかと探している時に見つけ導入しました。実際に開始するまでは本当に注文が入るのか不安もありましたが、実際にオープンしたところ初日から21件の注文が入りました! その後も継続して入ってきており、今ではコロナ前と比較しても変わらない売上になっています。ブランドを増やしたらまだまだ伸びる可能性があるので、今後もチャレンジしていきたいと思います。

焼肉のフランチャイズを知ろう

現代の日本では、牛・豚・鶏肉を焼いてタレを付けて食べる料理のことを焼肉と呼び、その歴史は古く1960年代頃には現在のスタイルの焼肉店があったとされています。

焼肉は長く日本の食文化に根付いており、「特別な日のごちそう」としての外食だけでなく、「ちょっとした贅沢」として家庭でも食されるほど一般的な料理になりました。

幅広い世代に人気が高く、飲食のフランチャイズとして焼肉店は注目度の高い業態ですから、開業を検討されている方は目を通しておくと良いでしょう。

焼肉フランチャイズの平均な開業資金

フーズルートに掲載いただいている案件で調査したところ、焼肉フラチャイズの平均的な開業資金は419万円となりました。

焼肉業態の店舗タイプは、ロースターや七輪を使って客自身で肉を焼くスタイルから、調理済みの焼肉をデリバリーで配達するといったタイプと幅が広くなっています。

イートイン式の焼肉フランチャイズの場合、客席の数だけ設備投資に費用がかかるため、開業資金が1,000万円を超えることもあります。

しかし、デリバリー・テイクアウト専門店を開業する場合、最小限の店舗スペース・設備で済むため、開業資金を抑えることも可能です。

焼肉フランチャイズの平均収益

焼肉業態はロードサイドに店を構えるファミリー向けの大型焼肉店から、カウンターで一人焼肉といった小規模の店舗と店舗規模によって収益性は大きく変わります。

フーズルートに掲載いただいている案件で調べると営業利益の平均は39万、最高営業利益は200万で「焼肉DINING大和」でした。

イートイン式の焼肉フランチャイズの場合、ランチ・ディナーの両時間帯で他飲食店よりも客単価が伸びやすい傾向にあります。目安として、ランチ帯で1,500円~2,000円程度、ディナー帯であればアルコールを含む場合5,000円以上の客単価も容易に狙えます。

開業資金が高くつく一方で、営業利益や収益を積みやすいことがイートイン式(実店舗型)の焼肉フランチャイズのメリットと言えるでしょう。

なお、デリバリー・テイクアウト専門店の焼肉フランチャイズの場合、イートイン式と比較して客単価が抑えられてしまうという注意点があります。

自分の理想とする営業スタイルや運営方法、開業資金によって、焼肉フランチャイズの開業方法を検討するのがベストと言えるでしょう。

焼肉フランチャイズのトレンド

例えば下記のような焼肉スタイルは、大手チェーンが続々と取り入れておりTVやSNSに度々取り上げられ、話題になっています。

  • 一人で気軽に焼肉を食べる“一人焼肉”
  • 七輪を使った本格的な炭火焼肉
  • 肉を焼く際に発生する煙を抑える無煙ロースター
  • 配膳ロボットが肉を運ぶ
  • レーンに肉を載せて運ぶ非接触型のシステム
  • 精肉店のようにショーケースに並んだ肉を自分で選ぶスタイル
  • 時差出勤による朝の時間を活用した“朝焼肉”
  • 美味しい焼き方や食べ方をサポートする店員によるサービス“焼肉ポリス”

飲食業界の中でも、焼肉という業態はすごいスピードで次々と新しいスタイルが生まれており、これから焼肉のフランチャイズを考える上で、“エンターテイメント性があること”はとても重要になります。

焼肉のフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

焼肉店を成功させるには、出店候補地の客層と利用シーンが店舗コンセプトに見合うかを入念にリサーチするのが鉄則です。焼肉店はすでに様々な業態が競合として存在しているものです。

以下エリアタイプごとに想定する利用シーンを参考に検討を進めてみてください。

繁華街の焼肉店

繁華街は焼肉店として集客するには絶好の候補地と言えます。職場の仲間同士、学生のサークルの打ち上げ利用など、飲食店が多く立ち並ぶ繁華街には人が集まりやすい特徴があり、焼肉業態はその他の飲食店にも負けない魅力があります。

繁華街は賃料も高く広い物件は確保しにくいですが、4~6名向けの卓を複数用意できれば狙った客層を囲い込みできるでしょう。

ローカル駅前の焼肉店

乗降客数が少なくフリー客の見込みは低いものの、地元民の夕食利用や土日の食事会としての利用が見込まれるでしょう。賃料相場も低い為、広い物件の確保もしやすいでしょう。独身層の多いエリアの場合、カウンター席のみの小規模店でも一人焼肉をコンセプトにすれば顧客の囲い込みがしやすくなるでしょう。

ロードサイドの焼肉店

ロードサイドで焼肉店を出店したい場合は、大手の焼肉チェーンが適しているでしょう。

特に食べ放題メニューが中心の焼肉店は多くのファミリー層の囲い込みが実現できるでしょう。車での利用が前提になるので広大な駐車スペースも必要になります。

敷地の広い物件で大規模の設備を導入するとなると、相当数の資金が必要になります。まとまった開業資金がない場合は、無理をせずに小規模のスペースでビジネスを始めることをおすすめします。

焼肉フランチャイズのメリット

外食として他業態を圧倒できるほどに強い魅力を持っている焼肉ですが、ビジネス視点ではどんなメリットがあるのでしょう。以下にポイントをまとめてみました。

利益率が高い

飲食経験者であれば周知の事実かもしれませんが、焼肉業態のFL比率は50%以下と利益が出やすい飲食業態です。食肉を大量に仕入れることで仕入れ価格を抑えることができ、かつ仕入れた肉は余すことなく利用できるためフードロスも少なく済みます。

サイドメニューでもしっかり利益が取れる焼肉フランチャイズは魅力的なビジネスと言えるでしょう。

少人数での営業が可能

基本的に焼肉業態は客自身で肉を焼くためスタッフの数は少なくて済みます。主に注文を受け配膳するホールスタッフ、肉を捌く調理スタッフが居れば営業は成り立ちます。

店舗の広さと客数によって人数は変わりますが、焼肉業態はFL比率を守れば安定した利益を確保できるビジネスになります。

フランチャイズ経営初心者でもチャレンジがしやすい

焼肉のフランチャイズを募集しているフランチャイザー(本部)は有名焼肉チェーンが多いです。

知名度の高い屋号で営業ができることは、フランチャイズ未経験者に有利に働きます。

また焼肉のフランチャイズは調理工程がシンプルで特別な技術も必要ないため、焼肉業界が未経験でも営業が可能です。

そのため焼肉フランチャイズは未経験者でもチャレンジしやすい業態と言えるでしょう。

焼肉業態は潰れない

家族行事で外食をする際に、真っ先に選ばれるのが「焼肉」です。「たまには家族で良いものを食べよう」といったシチュエーションで必ず候補にあがります。

昨今、焼肉は家庭でも気軽にできますが、外食シーンでも選ばれやすい理由があります。

家庭での焼肉の場合、

  • 油や煙の臭いが室内に充満する
  • ホットプレートでは火力が弱い
  • 複数の部位を揃えるには出費がかさむ

といったデメリットがあるからです。

結果的に焼肉店に行くという来店動機になるのです。

コロナ禍でも焼肉業態の売上が好調だったことが人気の外食であることを裏付けています。(※2020年の焼肉店の倒産件数は14件と過去10年間で最小を記録。)

したがって焼肉業態は潰れにくいビジネスと言っても過言ではないでしょう。

焼肉フランチャイズの注意点・懸念点

しかし、焼肉にも注意すべき点があります。デメリットも理解し対策を打っておくのが良いでしょう。

競合が強い

焼肉業態は外食業界でも強い魅力を持っていますが、焼肉店同士だとコンセプトの違いや価格帯によって消費者の判断が変わってくるものです。焼肉は毎日食べるような料理ではないので、頻度の少ない機会を競合に奪われてしまうと次の機会は数か月先になるかもしれません。

開業前には周辺地域の競合リサーチを徹底し、開業後も顧客の囲い込みに専念する必要があるでしょう。

排煙対策・設備コスト

焼肉のデメリットといえば、煙や匂いです。衣服に匂いが付いてしまっては、せっかくの外食が台無しになりかねません。

したがって、匂いを付きにくくする方法を取り入れたり、店内の煙を逃がすための排煙設備が重要になります。昨今の焼肉店では「無煙ロースター」が主流となっているので開業前には調査しておくことをおすすめします。

仕入れ原価が高い

焼肉の一番の魅力は、何と言っても牛肉です。「せっかくだから良いお肉が食べたい」「ハレの日だから豪華な食事にしたい」といったシーンに牛肉はピッタリです。

しかし、牛肉は食肉の中でも高価な食材でAランクの牛肉は100グラムでも数千円します。仕入れ価格はそのまま販売価格に繋がるため、高級肉ばかりでは客足が遠のき廃棄リスクを高めます。

原価のバランスを考えたメニュー構成と仕入れ、原価が高い食材である分、戦略的な販売計画が必要と言えるでしょう。

焼肉・ホルモンのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

焼肉・ホルモンのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

焼肉・ホルモンのフランチャイズ開業にかかる平均資金は1000万円程度です

Q2

焼肉・ホルモンのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

焼肉・ホルモンのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは4件あります。

Q3

焼肉・ホルモンのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

焼肉・ホルモンのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは5件あります。

Q4

焼肉・ホルモンのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、60万円程度で、最高営業利益(月間)は、200万円で「焼肉DINING大和」です。

Q5

焼肉・ホルモンのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「 【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」「AETA WORLD(アエタワールド)」です。

焼肉・ホルモンに掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す