飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

新潟県エリアのフランチャイズ一覧

新潟県で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全160

次のページ

◆新潟エリアの外食に関わる情報
新潟県の飲食店は、県庁所在地かつ本州日本海側における唯一の政令指定都市である新潟市内(中央区)に最も多くあります。

また、新潟市の人口は県民の3分の1を占めており、ターミナル駅である新潟駅は開発が進められているので、今後も更なる発展が期待できるエリアと言えるでしょう。

・新潟市中央区「新潟駅」周辺
新潟駅はリニューアル工事によって乗り換えの利便性が上がり、さらにはショッピングや外食をより楽しめるように進化しました。

話題の利き酒を楽しめる新潟駅直結の駅ビル「CoCoLo」には、スーパーや飲食店、家電量販店などが入っており、連日多くの人が足を運びます。

また新潟駅周辺には、新潟名物の魚介・お米・お酒を楽しめる飲食店が多く軒を連ね、県内だけでなく観光客も多く訪れています。

・新潟市中央区「万代シテイ(ばんだい)」周辺
JR新潟駅を降りて万代口を出て10分ほどしたところにある「万代シテイバスセンタービル」をはじめ、「ラブラ万代」、「ラブラ2」、「伊勢丹」、「万代シテイビルボードプレイス」など、数多くの商業施設が軒を連ねており、週末には特に多くの人が訪れます。

また、「万代シテイBP2」には映画館やゲームセンターなどの施設もある人気スポットで、人が多く集まることから新潟市の繁華街の中でも飲食店が特に多いエリアです。

バルから、赤提灯系居酒屋、オシャレなカフェやスイーツまで、幅広いジャンルのお店が揃っています。

・新潟市中央区「古町」周辺
古町周辺には、「西堀ローサ地下街」、「古町モール」、「NEXT21」、「本町市場」などがあり、他にも商店街や飲食店が多く並ぶエリアとなっています。

昔から続くレトロな飲食店に加えて、新しくできたおしゃれなバルやカフェなどもあり、老若男女問わず訪れています。

◆新潟エリアのデータ
新潟県の県庁所在地は「新潟市」になり、新潟県最大のターミナル駅「JR新潟駅」では1日あたりの乗降客数は7万4,944人です。

新潟県の総人口は220万1,272人で、新潟県の主要都市である新潟市、長岡市、上越市、三条市、新発田市の人口総数はそれぞれ下記のとおりです。

都市名人口
新潟市78万9,275人
長岡市26万6,936人
上越市18万8,047人
三条市9万4,642人
新発田市9万4,927人

出典:令和2年国勢調査(総務省統計局)

新潟県内にある飲食店の数は1万516件、県庁所在地である「新潟市」の外食における支出額は10万6,144円で、全国で40位になります。
出典:政令指定都市の「一般外食」への一世帯当たり支出額(2020年)

◆新潟県の最低賃金

新潟県の最低賃金は、2021年10月1日から1時間『859円』です。

最低賃金に関する詳細は厚生労働省の「あなたの賃金を比較チェック│最低賃金制度」のページをご確認下さい。

新潟県のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

新潟県でフランチャイズを開業する場合の平均資金はどれくらいですか?

新潟県でフランチャイズを開業する場合の平均資金は499万円程度です。

Q2

新潟県で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

新潟県で三ヶ月以内に開業/独立ができるフランチャイズ案件は44件あります。

Q3

新潟県で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件はどれくらいありますか?

新潟県で10坪以下の小規模店舗で開業できるフランチャイズ案件は38件あります。

Q4

新潟県のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、51万円程度で、最高営業利益(月間)は、185万円で「元祖中津唐揚げ もり山」です。

Q5

新潟県のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【🧇デザート】オフピーク帯を活用できるゴーストレストラン〜空き時間・人件費を有効活用するなら〜」「バーチャルレストラン デリバリープラン」です。

さらに条件を絞り込んで探す