食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

デリバリー・宅配のフランチャイズ一覧

デリバリー・宅配で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全190

新着情報を受け取る

  • 最新フランチャイズ案件情報
  • 新着情報のお知らせ
  • おすすめ情報や独立開業情報

◆デリバリー(宅配)事業の需要や将来性

2020年、パンデミックの影響で外食需要が大きく落ち込んだ一方、自宅で飲食店の味を楽しみたいという中食ニーズが急増したことで、フードデリバリー市場は急成長しました。これまで飲食以外を手掛けていた企業もこぞって参入し、「ゴーストレストラン」という新しい事業形態も誕生しています。

関連記事:ゴーストレストランとは?開業方法やメリット・デメリットを詳しく解説

日本能率協会総合研究所がフードデリバリー市場の調査報告によると、2019年度に1700億円だった市場規模が、2022年度に3300億円、2025年度には4100億円まで成長する見込みとのこと。

これまで2強だった「出前館」や「Uber Eats」に加え、「menu(メニュー)」、「foodpanda(フードパンダ)」、「Wolt(ウォルト)」、さらには米国最大手のフードデリバリーサービスである「DoorDash(ドアダッシュ)」など、国内外から日本のフードデリバリー市場に参入し、ますます活気を見せています。

これらのフードデリバリーサービス事業者は、配達員・配達拠点等の配達インフラ強化に力を入れており、さらなるユーザー獲得に向けた取り組みも行なっています。

参入する飲食店や利用者数が今後も増加し続けるため、今後も市場規模の拡大が予想され、コロナ後も定着していくと見られています。

デリバリー・宅配事業の収益構造や開業するメリット・デメリットに興味を持たれた方は、こちらの記事「デリバリー・宅配についての市場と特徴や収益構造をどこよりもわかり易く解説!」にて解説していますので、ぜひ合わせて読んでください。

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件で開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

デリバリー・宅配のフランチャイズ開業にかかる平均資金は44万円程度です。※開業資金を公開している案件の平均開業資金です。

Q2

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立ができるものはどれくらいありますか?

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立ができるものは52件あります。

Q3

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件でロイヤリティゼロで開業/独立ができるものはどれくらいありますか?

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件でロイヤリティゼロで開業/独立ができるものは7件あります。

Q4

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは41件あります。

Q5

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、34万円程度で、最高営業利益(月間)は、185万円で「元祖中津唐揚げ もり山」です。

Q6

デリバリー・宅配のフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」「バーチャルレストラン デリバリープラン」です。

さらに条件を絞り込んで探す