食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ一覧

ステーキ・ハンバーグで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

20件/全46

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ、独立開業情報の特徴

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「三ヶ月以内に開業/独立できる」のフランチャイズが多く、全体平均74%に対して94%と高く、次いで「低資金で開業」の割合が全体平均75%に対して94%、「空きスペースで稼ぐ」の割合が全体平均62%に対して92%、「既存店の売上UP」の割合が全体平均70%に対して92%、「研修制度有り」の割合が全体平均84%に対して89%、「空き時間で稼ぐ」の割合が全体平均54%に対して89%、「1人で開業」の割合が全体平均60%に対して89%、「投資回収期間が半年以内のフランチャイズ」の割合が全体平均68%に対して86%、「副業としてスタート」の割合が全体平均56%に対して83%、「半年以内に開業/独立できる」の割合が全体平均63%に対して81%、「女性が活躍!」の割合が全体平均52%に対して78%、「好きな時間に働ける」の割合が全体平均49%に対して78%という特徴を持っています

短期間での開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

【女性にも子供にも大人気!月商100万の上乗せ狙えます】とろ~り卵のオムライスハンバーグ

株式会社Globridge

とろ~り卵のオムライスハンバーグ四谷店

2021年04月OPEN

仕込みもなく、オペレーションは非常にシンプル。アルバイトスタッフにも安心して任せられる為、負担が少なくて助かります。 更に、洋食業態とセットで運用できるので、売上がしっかり上がります。

【加盟金50万→0円今だけ!ブランド利用無制限!】AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

海鮮居酒屋経営者様 大阪府(開業10年目)

2013年06月OPEN

コロナ禍で通常営業ができない中、スタッフもいて家族もいてこのまま飲食店舗を運営していくのか不安に思っているときに最後のチャンスと思って問合せしてみました。 導入まで初めての事で自店でのデリバリーなどは行ったことが無かったので包材の用意や食材の発注など色々知ることができました。

【加盟金50万→0円今だけ!ブランド利用無制限!】AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

イタリアン経営者様 兵庫県(開業5年目)

2018年06月OPEN

問合せをした時点でテイクアウトを自店で行っていました。今回、導入をしたことで、デリバリーサイトを活用した店舗の運用がわかった。自店のブランドでもデリバリーサイトなどへの掲載を実施。今までの来店と違い雨の日などの売上もあがり、新しい売上の母体ができつつあります。

【加盟金50万→0円今だけ!ブランド利用無制限!】AETA WORLD(アエタワールド)

株式会社TGAL

和食法人経営者様 京都府(開業2年目)

2021年06月OPEN

来店数がコロナによってかなり減ってしまった中で、 何か売上を回復させる方法がないかと探している時に見つけ導入しました。実際に開始するまでは本当に注文が入るのか不安もありましたが、実際にオープンしたところ初日から21件の注文が入りました! その後も継続して入ってきており、今ではコロナ前と比較しても変わらない売上になっています。ブランドを増やしたらまだまだ伸びる可能性があるので、今後もチャレンジしていきたいと思います。

ステーキ・ハンバーグフランチャイズのトレンド

ハンバーグといえば、ファミリーレストランの人気商品で、子供の好きな料理ランキングのトップにたびたび選ばれるメニューです。

一方ステーキは、贅沢なメニューとして自分へのご褒美や何かしらのお祝いで食されることが多いメニューです。

そうした人気メニューを提供する店舗はこぞって独自の商品を提供していて、最近では以下のようなハンバーグ・ステーキがトレンドとなっており、SNSやメディアで話題になっています。

  • つなぎなし牛肉100%レア系のハンバーグ
  • シビエハンバーグ
  • 四角いハンバーグ
  • 立ち食いステーキ店

また、商品のユニークさだけでなく、人気店に見られる共通のトレンドが「キャッチーでユニークな店舗名」「メニューが1つのみ」のハンバーグ・ステーキ専門店です。

例えば、東京都武蔵野市の吉祥寺にある「挽肉と米」は上記に当てはまり、実際に早朝から並んで整理券を受け取れないと商品を食べられないほどの人気ぶりです。

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズの魅力

話題性のあるステーキ店やハンバーグ店は、短期間でのリピートはしにくいもののファンは定着しやすく「たまには〇〇で贅沢しよう」や「次の外食は〇〇に」といった形で未来の目的来店を作りやすい特徴があります。

結果として、長く愛され続ける店舗を作りたいならステーキ・ハンバーグ店のフランチャイズはおすすめの一つと言えるでしょう。

開業資金はどのくらい必要?

フーズルートに掲載いただいている案件では、平均的な開業資金は94万円となりました。

実店舗型の場合より多くの開業資金が必要になりますが、デリバリー型・テイクアウト専門のブランドは、実店舗型と比較して開業資金が少ない点が特徴です。手始めにデリバリー型・テイクアウト型のフランチャイズで挑戦するのも良いでしょう。

営業利益はどれくらい出るの?

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズでの平均的な営業利益は40万円(フーズルート掲載案件)でした。客単価の上がりやすい肉料理ということもあってか、営業利益は出やすいようです。

少額資金でも始められるデリバリー型のブランドでも初月からしっかり利益が確保できるのは魅力的なフランチャイズと言えるのではないでしょうか。

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

前述で紹介した「挽肉と米」のような特徴的な店舗であれば、通行量の少ない路地裏でも、SNSやメディアの力を駆使することで、人気店としての成功を収めることもできるでしょう。

しかしながら、長期的な目線でステーキ・ハンバーグのフランチャイズに加盟し実店舗を構えるならば、やはり通行量の多いメイン通りをおすすめします。

始めはどんな立地でも持ち前のブランド力から集客は成功するでしょうが、ブランドに飽き・慣れが出始めると次第に足が遠のくものです。

このように実店舗の場合、ステーキ・ハンバーグ店といっても集客の成否は立地によって大きく変わります。

その点、デリバリー型の店舗であれば、オンライン上での集客となるため通行量に左右されません。

しかも、デリバリー型のフランチャイズの場合、居抜き物件なら短期間で開業することも可能ですし、立地が悪い分、賃料を抑えられる可能性があるので狙い目になります。

昨今、デリバリー市場の成長から、これまでには考えられなかったような立地でも成功できる可能性は秘めているので、これからステーキ・ハンバーグ店の開業を考えている方は視野を広くして物件リサーチをすると良いでしょう。

ステーキ・ハンバーグフランチャイズのメリット

それでは、ここからはステーキ・ハンバーグ店のフランチャイズを開業するメリットについて解説していきます。

オペレーションがシンプル

ステーキもハンバーグもカットした肉やタネを「焼く」という調理工程が非常にシンプルです。

フランチャイズであれば調理がマニュアル化されていますし、ハンバーグであればタネが本部から送られてきますので、シンプルなオペレーションでアルバイトでも十分対応ができます。

加えてフランチャイズではレシピ・オペレーションがマニュアル化されていますので、飲食経験の乏しい新人でも卒なくこなすことができるでしょう。

またハンバーグ店のフランチャイズの場合、タネの状態で取寄せられるので、仕込みが不要というメリットもあります。

メニューのラインナップが豊富

たとえばハンバーグを例に出すと、1種類のパテだけでもソースとトッピングを組み合わせれば 、複数のメニューに派生させることができます。

また、ステーキ屋でもハンバーグ屋でも、ハンバーグとステーキのどちらの商品も入ったコラボメニューは人気です。

メニューを自在に組み替えることで収益を上げやすくなり、実際に「いきなり!ステーキ」などの大手チェーンではすでに取り入れられています。

健康意識があがり、牛肉ブームが続いている

「ホットペッパーグルメ外食総研」の首都圏、関西圏、東海圏の男女約1万人を対象とした調査によると、2019年4月の「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」の市場規模が前年比でプラス15億円の356億円となっています。

成長市場とは言えませんが、300億円規模で推移しているところを見ると安定的な市場と言えます。

市場が安定している要因はいくつかありますが、その1つに近年の低糖質や健康意識の向上、フィットネスブームの影響で、牛肉ブームが続いていることが挙げられます。

ステーキ・ハンバーグフランチャイズの注意点・懸念点

どんなビジネスにもデメリットはありますが、事前に対策をしておくことで失敗を防げるものです。そのために、ステーキ・ハンバーグのフランチャイズのデメリットを理解しておきましょう。

原価の高騰による減収

ステーキもハンバーグも材料は牛肉がメインなので、牛肉価格の高騰は収益に大きな影響を受けます。

提供価格は簡単に上げられないので、設定価格には注意する必要があります。

  • 価格上昇を見越した原価率の設定
  • 原価率が調整できるメニュー構成

牛以外のメニューをセット売りする方法も利益確保に貢献するので、事前に検討しておくのが良いでしょう。

販売価格に見合った付加価値

消費者が外食でステーキやハンバーグを食べる際、「贅沢をしたい」という欲求があるので、メニューの価格が少し高くても喜んで注文をするでしょう。ただし、ただ高い物を食べたい訳ではなく、いつもより贅沢した気分を味わいたいと思っているものです。

そのためには、雰囲気を良くするための内装や装飾、使用する食器類などは食事の体験に直結するので疎かにしてはいけません。

客足が落ち込んだ際に値下げや割引キャンペーンを実施すれば一時的に客足が回復しますが長続きしません。長く愛され続けるお店にするためには値下げの努力ではなく、提供価格に見合った付加価値を付けるための努力をすると良いでしょう。

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ開業にかかる平均資金は60万円程度です

Q2

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは34件あります。

Q3

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは25件あります。

Q4

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、31万円程度で、最高営業利益(月間)は、150万円で「グリルバーグデリ」です。

Q5

ステーキ・ハンバーグのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「【#パフェ SNSでバズり中!】パフェは別腹」「【カフェ業態におすすめ!話題のスイーツブランド】幸せのHappyチュロス」です。

ステーキ・ハンバーグに掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す