飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ一覧

たこ焼き・お好み焼きで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

5件/全5

◆たこ焼き・お好み焼きフランチャイズのトレンド

関西のソウルフードと言える「たこ焼き」と「お好み焼き」ですが、定番に加え独特のレシピが話題となっています。

とくに熱いのが一風変わった“創作たこ焼”です。

  • たこの代わりに、明太子やうずらをいれた「変わり種たこ焼き」
  • お出汁に浮かべた明石焼き風の「つゆたこ焼き」
  • 醤油味、ゆず味、梅味などフレーバーをかけて食べるたこ焼き
  • たこ焼きの上にかき氷が乗った「たこ焼かき氷」
  • 四角いたこ焼き「かくタコ」

お好み焼きでは生地に力を入れる店舗が多いです。

  • 生地の風味アップに揚げ玉、紅生姜、もやし、ニラなどを入れる
  • 食感が楽しめるようにキャベツを粗めにカットする
  • 山芋を入れて生地をモチモチ・ふんわりさせる
  • 和風だしを生地にいれて香ばしくさせる

また、コロナ禍で“おうち時間”が増えたことにより、自宅でたこ焼きやお好み焼きを楽しむ人も増えています。

安定してフランチャイズビジネスを行うためには、定番のたこ焼き・お好み焼きに加えて“おもしろさ”や“目新しさ”自宅では作れない“味へのこだわり”など他店との差別化といった戦略が重要です。

オリジナルソースの考案も良いでしょう。

◆たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

たこ焼きやお好み焼きは自分で自宅で作れる食べ物ですが、油汚れや洋服や部屋中に匂いが移るため「なるべくなら外で作ったものが食べたい」と思われる傾向があります。

また、小さいお子様がいるファミリー層やテレワーク中の独身層は、「サッと食べられて満腹感が得られるもの」を求めていることが多いため、粉ものであるたこ焼きとお好み焼きはテイクアウトで選ばれやすいです。

そのため駅から近いスーパーのテナントスペース、ロードサイド、商店街での出店がおすすめです。

移動販売形式で営業する場合は、観光地、イベント会場、お祭りなどの人が多く集まる場所での出店が集客にも困らないためおすすめです。

◆たこ焼き・お好み焼きフランチャイズのメリット

・環境や場所を選ばない魅力がある

誰もが一度は食べたことがあり、長い間親しまれてきた「たこ焼き」と「お好み焼き」は食べる場所や環境を選ばない食べ物と言えます。

ランチで食べる・おやつにする・お酒おつまみにする、お土産にするなどあらゆるシチュエーションに対応できるので、他の飲食店に比べても幅広い顧客層に売ることが可能です。

一日中需要があると言ってもいいでしょう。

在庫回転率が高く食品ロスが少ない

たこ焼きやお好み焼きは通常300〜700円程度で販売することが多いため、購買への障壁が低いといえます。

ですので在庫が売上に変わるまでのスパンも短くなります。

また在庫回転率が高いと、売れ残りや期限が近い“食べられるのに捨てなければならない食材”も減らすことができるので食品ロスも少なく済むというメリットがあります。

・利益率が高い

たこ焼きやお好み焼きは、原材料のほとんどが小麦粉やキャベツなどの安価なものになるため原価が低いです。その原価も大量に仕入れることにより更に低くなります。

店内で提供するお好み焼き屋の場合は、自分で焼いてもらうスタイルが一般的です。

その場合、人件費が節約できるため利益を上げるという意味では効果的です。

・狭小な店舗でも経営が出来る

テイクアウト型の販売スタイルに特化するのであれば、狭い店舗での経営も可能です。

たこ焼きやお好み焼きは調理場所も比較的小スペースで済み、基本的に高額な設備も必要ありません。

小規模の店舗であれば、調理・注文・会計を全て1人で回すことも可能でしょう。

◆たこ焼き・お好み焼きフランチャイズの注意点・懸念点

客単価が低い

お腹に溜まりやすい粉もののたこ焼きやお好み焼きは客単価が低くなります。

なぜならそれだけでお腹がいっぱいになってしまい、アルコールを飲まない、サイドメニューを頼まないからです。

また、店内で自分で焼いてもらうスタイルの場合は人件費が節約できる反面、どうしても回転率が悪くなります。

このデメリットをカバーするためには、「量が少なめのサイドメニューを作る」、「原価率の低いアルコール等のドリンクを充実させる」などの客単価を上げるための工夫が必要です。

・開業エリアに注意しないと生き残れない

立地の良くないエリアや、既に地域に密着した競合店があるエリアに出店した場合、客数を増やすのは至難の業です。

一度、他店で定着している顧客を自分の顧客に取り込むには相当の努力が必要です。

たこ焼き・お好み焼きは原価が低く狭い店舗で1人で経営することが可能と言っても“開けば間違いなく儲かる”わけでは無いため、「儲かっている店のリサーチ」、「開業地周辺の調査」、「地域住民の生活動線の調査」は怠らないようにしましょう。

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ開業にかかる平均資金は37万円程度です

Q2

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは3件あります。

Q3

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは3件あります。

Q4

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、27万円程度で、最高営業利益(月間)は、37万円で「MOF²(モフモフ)」です。

Q5

たこ焼き・お好み焼きのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「バーチャルレストラン デリバリープラン」「MOF²(モフモフ)」です。

たこ焼き・お好み焼きに掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す