食専門のフランチャイズ比較

カレー屋は儲かる?年収や店舗運営のポイントを解説

カレー屋が儲かるとされる理由は、回転率が高いことに加えて、テイクアウトにも対応しており販売経路を複数確保できるといった点が挙げられます。

また、カレーが国民的な人気を誇る料理である点も大きな特徴です

この記事ではカレー屋が儲かると言われる理由やカレー屋のメリット・デメリット、カレー屋を開業した場合の平均年収などを紹介しています。

カレー屋が儲かる理由や、実際にどのくらい利益や年収になるのか知りたいといった方は参考にしてください。

カレー屋が儲かる理由

「カレー屋は儲かる」と耳にしたことがある人もいるかもしれませんが、その理由としては、以下のような点が挙げられます。

・回転率が高い

・テイクアウトにも対応

カレーは事前に作っておくことができるため、注文から提供までに時間がかからない点が特徴です。そのため、お客さんを待たせてしまうことがなく、回転率も高くなります。

トッピングの有無など提供するメニューにもよりますが、注文から数分もあれば商品を提供できるでしょう。

また、カレーは店舗での販売だけでなくテイクアウトやデリバリーなどさまざまな販売方法に対応している点も特徴です。

そのため販路を複数確保でき、売上アップにつなげることができるでしょう。このような点がカレー屋が儲かるとされている背景として考えられます。

カレー屋のメリット

カレー屋には開業にプラスに働くさまざまなメリットがあります。ここでは具体的にどういったメリットがあるのか解説します。

安定した需要

カレーは子どもから大人まで幅広い世代で食べられている人気メニューであり、安定した需要があると考えられます。

また、季節の影響も受けにくいため、一年を通して売上を期待できるでしょう。

料理によっては季節性のあるものや特定の世代がメインターゲットとなるものもありますが、カレーはそうではないため商機は大きいといえます。

さまざまな開業形態

カレーはさまざまな開業形態に対応しており、自店のコンセプトやターゲット、資金などに応じた開業が可能です。

カレー屋の主な開業方法としては、個人、フランチャイズ、キッチンカーの3つが挙げられます。

個人での開業は、開業準備から店舗運営まですべて個人で考え、決断し、実行する点が特徴です。手間も費用もかかりますが、自分のこだわりをとことん反映させることができます。

また、フランチャイズはチェーン展開しているカレー屋を運営する企業と契約を結び、カレー屋のブランドや看板、メニューなどを使って開業することです。フランチャイズでの開業は本部から開業や店舗運営のサポートを受けられるため、飲食店経営が初めてという人にも向いている方法だといえます。

そしてキッチンカーは、オフィス街やイベント会場など、人が集まる場所に移動して販売できる点が特徴です。

このように開業形態はさまざまであるため、自分にあった方法を選ぶことができます。

また、先ほども触れているように、カレーはテイクアウトでの販売もできるため、テイクアウト専門店にして省スペースで開業することも可能です。

材料費の安さ

カレーは、使用する材料が比較的安価である点が特徴です。

一般的な食材としてはじゃがいも、にんじん、たまねぎ、肉などが挙げられますが、これらは業務用スーパーなどでも購入しやすい食材です。

もちろんスパイスや使用する食材にこだわるとコストがかかりますが、オーソドックスなカレーであれば、費用を抑えつつ料理を提供することができるでしょう。そういった点から、カレー屋は開業しやすいといえます。

カレー屋でおすすめのフランチャイズ

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!! 【食べログ評価「3.5」以上の有名店。だから売れる!】Mrs Istanbul Kebab Delivery

株式会社TGAL

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!     \ 月間売上572,230円の実績!/Uber Eats評価4.6(Uber Eats 拠点数152店舗)の人気ブランド

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!! 【【SNSで大流行!揚げるだけ!】本場!!アメリカ直輸入!!Harvest Potatoes

株式会社TGAL

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!     \Uber Eats 拠点数212店舗!/月間売上650,990円の実績(Uber Eats評価4.6)の人気ブランド

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!【伝説のあのブランドが、デリバリーで復活!】なんでんかんでん

株式会社TGAL

\ 月間売上714,220円の実績!/Uber Eats評価4.4!東京人が初めて食べた豚骨ラーメン!!「なんでんかんでん」をイートイン&デリバリーの”二毛作ラーメン店”として展開頂けます。

カレー屋

フランチャイズ

開業資金や営業利益など、
気になる情報を公開中!

カレー屋のデメリット

メリットの一方でカレー屋にはいくつかのデメリットもあります。ここでは具体的なデメリットを紹介します。メリット・デメリットそれぞれを理解しておくことが開業するうえでは大切です。

競合が多い

カレーは国民的な人気を誇る料理であるため、各地にカレー屋があります。需要が高いのは間違いありませんが、その分競合も多くなる点に注意しなければなりません。

競合が多い中で生き残って行くためには、他店との差別化が必要不可欠です。

トッピングを豊富にする、女性向けに低カロリーのカレーにする、学生向けに大盛りメニューを増やす、スパイスにとことんこだわった本格的なカレーにするなど、差別化できるポイントはさまざまであるため、検討してみてください。

客単価が低くなりやすい

カレー1杯の価格は決して高いわけではないため、客単価はどうしても低くなりがちです。

そのため、カレー以外のサイドメニューやトッピングなどを取り入れて単価をアップさせる必要があります。

例えばサイドメニューにサラダを追加したセットメニューを提供するといったことができるでしょう。

また、仕入れを工夫して原材料費をさげる、回転率を高めてより多くのお客さんに利用してもらうといったことでも客単価の低さをカバーすることができます。

カレー屋の年収

カレー屋の年収はお店の規模にもよりますが、一般的には500〜600万円程度とされています。

もちろん繁盛していない店だと500万円以下になることもあるため、あくまでも目安の1つとしてください。

また、フランチャイズの場合も500〜600万円程度となります。フランチャイズの場合、売上が高いなど、実績を残していると2店舗目の運営を依頼され、年収をさらに増やすことも可能です。

儲かるカレー屋にするには

ただ単にカレーを提供しているだけでは儲かるカレー屋にはならないでしょう。ここでは儲かるカレー屋を作るために押さえておきたいポイントを紹介します。

トッピングを活用して客単価を上げる

繰り返しの説明となりますが、カレーは客単価が低いため、客単価を上げるための工夫が必要です。

例えば、トッピングとしてトンカツやハンバーグ、チーズなどを追加する、白米ではなく五穀米を使ったメニューを提供するなどして、通常のカレーよりも単価の高いメニューを提供することも検討してください。

また、ドリンクも水だけでなくジュースやラッシーなどを用意することで単価を上げることができます。

そのほかにも、オフィス街であれば、ランチタイムとディナータイムでセットメニューを提供すれば、昼食中や帰宅中もしくは夜勤中のビジネスマンを集客しやすいかも知れません。

回転率を上げる工夫をする

カレー屋はラーメン屋などの他の飲食店と比べると回転率が高い点が特徴ですが、さらに回転率を高めることでさらなる売上アップに繋がります。

具体的な方法の1つが、従業員の雇用です。

例えば、従業員を雇用して注文や会計、配膳といった作業を行ってもらえれば、自分は調理のみに専念できより効率的です。

ただし、従業員を雇用することで人件費が発生するため、むやみに雇用するのではなく、売上とのバランスを考慮したうえで判断することが大切です。

その他の方法としては、券売機の導入が挙げられます。

カレーはもちろんトッピングメニューも券売機で食券を購入するようにすれば、注文と会計の手間が省けます。

また、券売機を導入しない場合は、キャッシュレス決済の導入がおすすめです。キャッシュレス決済であればお釣りが発生しないため、会計をよりスムーズに行うことができます。

開業方法を検討する

どの開業方法を選択するかも、儲かるカレー屋を作るうえでは重要なポイントです。

例えば、フランチャイズであれば、開業や店舗運営のサポートだけでなく、資金面でのサポートを行っているケースもあります。

そのため、費用負担を抑えつつカレー屋を開業することができます。

店舗探しからメニュー開発、従業員の雇用、集客まで全てを自分で行うと余裕がなくなる恐れがあり、余裕がないと目の前のことをこなすのに精一杯で以下にして売上を伸ばすかといったことまで考えられなくなります。

直接的な売上につながるわけではありませんが、余裕を持って開業するということは儲かるカレー屋を作るうえでは大切なポイントとなるでしょう。

立地を慎重に検討する

カレー屋の立地は売上を大きく左右する重要な要素の1つです。

立地選びにあたっては、ターゲット層を明確にする必要があります。ビジネスマンをターゲットにしているのであればオフィス街に、学生向けに安いカレーを提供したいのであれば学生街や学校周辺に店舗を構えるべきでしょう。

高級志向のカレーを提供したいにも関わらず学生街に出店する、オフィス街に出店しているにも関わらず、スパイスにこだわった本格的なカレーで提供までに時間がかかるといった状況では売上も伸びにくいと考えられます。

そのため、ターゲットを踏まえたうえで立地を慎重に選ぶようにしましょう。

失敗例から学ぶことも儲かるカレー屋への一歩になる

カレー屋は各地にあることから、失敗例も少なくありません。他店の失敗例を参考にして自分のカレー屋を運営することも儲かるカレー屋への近道となります。

失敗例としてよくあるのが資金繰りで苦しんでしまうケースです。

これは、調達した資金に対して店舗の規模が大きかったり、用意した設備が最新のもので高価であったりしたために、開業後すぐに資金不足に陥ってしまうというものです。

初期費用は開業のみに充てるのではなく、開業後のランニングコストにも充てるようにしましょう。特に開業直後は経営が安定しない恐れがあるため、資金に余裕を持っておいたほうが安心できます。

また店内に清潔感がない、従業員の態度が悪いなど、カレー以外の部分での評価が低く売上が伸びないといったケースも少なくありません。

清掃をしっかりと行う、従業員教育を徹底するなど、基本的なポイントをおろそかにしないようにしましょう。

いくら提供するカレーが美味しくても、飲食店はそれだけで売上が伸びるわけではありません。

まとめ

今回は、カレー屋が儲かるとされている理由やカレー屋のメリット・デメリットなどを紹介しました。カレーは多くの人から親しまれている料理であり、高いニーズがあると考えられます。

また、季節や流行の影響を受けにくく、提供までの時間も短いことから回転率が高いといった特徴もあり、カレー屋は飲食店の開業が初めての人にもおすすめと言えます。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。