食専門のフランチャイズ比較

飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

ラーメン屋記事一覧

>

ラーメン屋の開業には修行が必要?行うべき理由とメリット・デメリットを解説

ラーメン屋の開業には修行が必要?行うべき理由とメリット・デメリットを解説

脱サラしてラーメン屋を開業したいと考えている人の中には、「有名店などで修行しないといけないのか?」と気になっている人もいるはずです。

そこでこの記事ではラーメン屋の開業に修行が必要かどうか、修行するメリット・デメリットなどを解説します。

修行要らずで有名ラーメン店のノウハウが学べるフランチャイズも紹介するので、ラーメン屋の開業を検討している方はぜひ参考にしてください。

ラーメン屋を開業するには修行が必要なのか?

ラーメン屋の開業にあたり、修行は必須ではありません。修行なしでいきなりラーメン屋を開業する人もいます。

しかし、修行が不要な人はラーメン屋の開業こそ初めてであるものの、飲食店の経営経験がある人や料理のスキルを持っている人であるケースが少なくありません。

そのため、経営や料理の知識が全くない人が開業するのであれば、基本的には修行を行いノウハウを身につけるべきだといえるでしょう。ノウハウの有無は開業後の成否にも影響するものであるため、リスクを減らす意味でも修行は重要です。

ラーメン屋で修行するメリット

ラーメン屋で修行するメリットはさまざまですが、ここでは主要な5点を解説します。修行するか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ラーメン屋の仕組みがわかる

修行によって得られる1番のメリットは、ラーメン屋がどのような仕組みで経営されているのか理解できることです。

スープや麺、トッピングといったラーメン作りの基本はもちろんのこと、店舗の立地条件、メニュー構成、接客の流れ、どのように採算をとっているのかなど、ラーメン屋の経営について幅広く学ぶことができます。

ラーメン屋の開業において、「ラーメンの味さえ良ければなんとかなる」とイメージする人も多いでしょう。

しかし、店舗経営に関する知識がなければ、ラーメン屋を開業できたとしても成功できるとは言い切れません。現場で直接学べるというのは、実際の店舗で修行する大きなメリットです。

ラーメン屋の仕事の大変さがわかる

ラーメン屋は「肉体労働が多くてなんとなく大変そう」というイメージがあるかもしれませんが、実際に修行することでこの「なんとなく」の部分が明確になります。

例えばラーメンの仕込みの大変さや集客の大変さ、肉体的な疲労度など、さまざまな点から大変さが理解できます。そのような経験は、本当に自分がラーメン屋を開業したいのかどうか、ということを見直すきっかけにもなります。

業界内でのつながりができる

ラーメン屋の中には、業界内での繋がりがあり、そこから有益な情報を得ているケースもあります。

食材などを扱う業者とのつながりができれば、仕入れ価格を抑えてもらえるといったことも起こるかもしれません。このようなつながりは、業界内にいる方が作りやすいといえます。ラーメン屋で修行することで、他店の人とのつながりが生まれる可能性が高まります。

開業時の集客につなげやすい

ラーメン屋での修行が、開業後の集客につながる可能性もあります。

例えば、修行先が有名店であれば開業時に「●●で修行を積んだ店主」といった形でアピールできます。また、修行していたお店の常連客が自分のお店にくることも考えられます。ゼロの状態からの集客は簡単ではありません。

そのため、集客につなげる場として活用できることは、修行のメリットだといえます。

自分の考えを整理するきっかけになる

ラーメン屋での修行は、自分のラーメンに対する考えを整理するきっかけになります。

例えば、「自分が理想とするラーメンは●●で、これはきっとお客さんのニーズも高いはず」と考えていたとしても、実際に働いてみると、そうではないことがわかるかもしれません。

また、自分の好みではないラーメンが人気商品であれば、なぜそれが人気を集めているのかといったことを考えることもできます。

そのほかにも、販促を任せてもらえるのであれば、自分のアイデアを実践する機会になります。「これならうまくいくはず」と考えていたアイデアが実際には効果があるのかどうかがわかります。

ラーメン屋で修行するデメリット

メリットの一方で、ラーメン屋での修行には少なからずデメリットも存在します。

例えば、脱サラして修行しようとしている人の場合、修行中は給料が今よりも大幅に下がるおそれがあります。また、店舗によっては1日の拘束時間が長くなるおそれもあります。

修行はあくまでも独立するための手段であり、このようなデメリットはある程度仕方ないといえます。そのため、収入が減っても生活できるのかどうか、拘束時間の長さを学ぶ機会と捉えられるかどうかを事前に検討しておくことが大切です。

修行先の選び方は?

ラーメン屋であれば修行先はどこでもいいというわけではありません。

修行先での学びが自分が開業した時のベースとなる可能性が高いため、修行先選びは大切です。ここでは修行先を選ぶ際のポイントを紹介します。

繁盛している

修行先を選ぶ場合、繁盛しているかどうかは重要なポイントです。

これは、繁盛している店には人気を集める何かしらの理由やお店の強み・特徴などがあると考えられ、修行を通してそれらを学ぶことができるためです。

もちろん繁盛店での修行=開業後の成功を意味しているわけではありません。

それでも、繁盛していないお店だとラーメン作りの回数や接客の回数が少なくなることを考えると、繁盛店の方が修行先としては理想的だといえます。

幅広い経験を積める

修行を通して幅広い経験を積めるかどうかは重要なポイントです。極端な話をすると、ラーメンの作り方や接客だけであれば、アルバイトでもある程度は学べます。

しかし、開業を目指すのであれば、それだけでは不十分です。仕込みのやり方や仕入先の選定、スタッフの指導方法、人材選定の基準、マーケティング戦略など、店舗運営に必要となる幅広い要素を経験し身につけることが修行では大切です。

また、そのような経験ができないにしても、店長に質問すれば答えてくれるといった環境の方が多くの学びが得られます。

セントラルキッチンではない

セントラルキッチンのラーメン屋は修行先としてあまりおすすめできません。セントラルキッチンとは、複数の店舗を展開しているラーメン屋が、麺やスープを1箇所で集中的に作る方法のことです。

セントラルキッチンだと、自店舗で製麺やスープ作りを経験できないため、ラーメン作りの一部を学べません。そのため、セントラルキッチンではないラーメン屋を修行先として選ぶべきだといえます。

修業期間は?

修行期間は明確に決まっているわけではなく、店舗や修行する人によって異なります。1年で修行を終え独立する人もいれば、それ以上かかる人もいます。

どのような流れで修行を行うかはお店によって違うため、事前に確認しておくことが大切です。冒頭でも説明しているように、ラーメン屋の開業は修行を経なくてもできるため、自分がしっかりと学んだ・ノウハウを身につけたと思えば、修行を終えて独立し開業することもできます。

ラーメン屋の修行内容は?

ラーメン屋の修行内容は多種多様です。仕込みや仕入れはもちろん、在庫管理や売上管理などを行うこともあります。店舗によっては集客施策の立案などを任せてもらえることもあるかもしれません。

代替プランとしてのフランチャイズ

ラーメン屋での修行に抵抗がある場合、フランチャイズに加盟して開業するという方法があります。フランチャイズのメリットとデメリットを解説するので、修行すべきか迷っている人はぜひこちらも参考にしてください。

メリット

フランチャイズで開業する主なメリットは以下の通りです。

・店舗運営のノウハウを教えてもらえる

・未経験でも参入可能

・初期費用を抑えられる

フランチャイズの場合、店舗運営のノウハウやルールがすでに存在しており、それを本部から教えてもらえるため、手間がかかりません。修行を経て個人で開業するとなると、仕入先の選定や接客マニュアルの作成、広告の出稿などさまざまなことを行う必要があります。フランチャイズはそのような点はすでに決められているため、スムーズに開業できます。

また、この点により未経験でも参入しやすくなっています。自身で開業するとなると、店舗運営のノウハウを修行を通して自分自身で身につけなければなりません。一方でフランチャイズであれば、既存のルールやマニュアルに沿って店舗運営ができます。

さらに、フランチャイズは開業にかかる資金を本部がサポートしてくれるケースもあります。銀行から融資を受けるにしても、フランチャイズが有名な店舗であれば、信頼を得やすいため融資につながる可能性が高くなります。

デメリット

フランチャイズの主なデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

・自由度の低さ

・ロイヤリティの発生

・ブランドイメージの影響を受ける

フランチャイズの場合、仕入先や店舗運営の方法はすでに決められていることが一般的であるため、自分の希望する仕入れ先を選ぶことができません。また、店舗のあるエリアを考慮したメニューを開発するにしても、自身の一存で決めることはできません。

また、フランチャイズでは、ブランド名を使わせてもらう代わりにロイヤリティを本部に支払わなければなりません。ロイヤリティは、売上の良し悪しに関係なく定期的に支払うものであるため、売り上げが芳しくないと負担となる可能性があります。

そのほかにも、フランチャイズは良くも悪くもブランドイメージが集客に大きな影響を与えます。有名ブランドであれば集客につながりやすいといえますが、本部が不祥事を起こしブランドイメージが低下すると、いくら自分の店舗が頑張っても売上が落ちる可能性があります。

フランチャイズのブランドを利用するのには、メリットもデメリットもあることを把握しておくことが大切です。

ラーメン屋・つけ麺・油そばでおすすめのフランチャイズ

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!! 【海鮮業態におすすめ!和えて、盛り付けの簡単調理】ポーキードーキー TOKYO

株式会社TGAL

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!     \ 月間売上713,338円の実績!/Uber Eats評価(100+)4.4 人気の「ハワイアンポキ」ブランド

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!! 【営業利益20%以上目指せます!】豚でもない生姜焼きっ!!

株式会社TGAL

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!     \ 月間売上767,040円の実績!/Uber Eats評価4.6(Uber Eats 拠点数119店舗)の人気ブランド

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!! 【2024年上半期スイーツトレンド注目!】ディップDEチュロス

株式会社TGAL

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!                 今、注目を集めている“ディップ”スタイルの「チュロス」。月間売上486,663円の実績!Uber Eats評価4.6!簡単オペレーション!人気のスイーツブランド!

ラーメン屋・つけ麺・油そば

フランチャイズ

開業資金や営業利益など、
気になる情報を公開中!

まとめ

今回は、ラーメン屋での修行について解説しました。ラーメン屋の開業で修行は必須ではありません。修行なしで開業している人も中にはいます。しかし、修行を通してラーメン屋の仕組みや経営ノウハウ、業界内でのつながりなどを得ることができます。経営ノウハウや料理の知識がない場合、まずは修行をしてから独立するのが理想的です。修行に抵抗がある場合、フランチャイズが選択肢となります。ただし、フランチャイズのメリット・デメリット双方を理解しておく必要があります。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。