飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

開業資金

>

飲食の店舗物件探しなら専門ポータルサイトの利用がマスト!おすすめサイトも紹介

飲食の店舗物件探しなら専門ポータルサイトの利用がマスト!おすすめサイトも紹介

「飲食店を開業しよう!」と考えた際、誰もが「どのような物件にどのような業態で開業するか」と考えるでしょう。

では、店舗物件はどのように探せばスムーズに進められるのでしょうか?

店舗物件を探すには、店舗物件専門のポータルサイトを利用するのが近道です。

この記事では、店舗物件の探し方のポイント、おすすめの店舗物件専門ポータルサイトについて説明します。

店舗物件をどのように探せばよいか迷っている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

店舗物件の探し方のポイント

ポイント

店舗物件を探す際に、どのようなところにポイントを置けばよいのか解説します。

事業計画をきちんと立てる

店舗物件を探すのに一番大切なのは、事業計画を明確にしておくことです。

  • 開業する業態はどうするのか
  • 客単価、客数、日々の売上の想定はいくらか
  • 交通の便や周辺の環境はどうか
  • 市場や近隣競合店の有無は

など、考えられるすべての項目をすべて具体化しておきます。計画にあいまいな部分があると、物件探しや経営そのものが立ち行かなくなる危険性があります。

誰が見ても明確で、経営の見通しが立てられるような計画を綿密に作成するのが大切です。

希望条件を明確にしておく

具体化した事業計画の内容から導かれた条件をもとに、営業が成り立つ条件に合った物件を探すようにします。

  • 出店エリア
  • 物件の広さ
  • 最寄り駅からの距離
  • 駐車場の有無
  • 賃料、共益費
  • 営業の条件

希望する条件が具体的であればあるほど、理想的な物件を探す近道となります。

また自分の中で譲れない部分、妥協してもよい部分をはっきりとさせておくのも大切です。

物件を探しているうちに、条件はよいけれど事業に合わない高額物件に目が行きがちになるので注意しましょう。

不動産情報をたくさん得る

希望条件が明確になれば、実際に店舗物件を探すために動きます。

不動産の情報は、できるだけたくさん得るのが重要です。よい物件を探すためには、複数の不動産業者などを利用するのが賢明です。

1社だけで物件を探すのもよいのですが、どうしても物件数やネットワークに限界があります。

また不動産業者などを通さないで借りられる物件や、商工会議所、自治体などでも店舗物件を扱っているケースがあります。

そういったところも情報収集の選択肢として入れておけば、店舗物件を探す上で手助けとなるでしょう。

エリアが決まれば現地へ出向いて、街の雰囲気などを実際に目で見るのも大切です。

店舗物件専門のポータルサイトを利用しよう

サイト

店舗物件を探すには、専門のポータルサイトを利用すると検索がはかどります。

店舗専門ポータルサイトとは

ポータルとは日本語で「入口」「玄関」という意味を持っており、ポータルサイトは情報へアクセスするための玄関口となります。

中でも店舗物件専門ポータルサイトとは、店舗物件に特化した情報を集めて紹介しているサイトです。

ポータルサイトで検索した情報へアクセスすると、物件を取り扱っている業者へ問い合わせが行く仕組みとなっています。

メリット

ポータルサイトを利用するメリットは、主に次の通りです。

・一度にたくさんの物件情報を検索できる

エリアや賃料などの条件を入力して検索すれば、多くの不動産業者が取り扱っている物件が一度に見られます。

複数の不動産業者を回らずに情報収集ができるのは、店舗物件専門ポータルサイトの強みだといえます。

・条件の比較がたやすい

似たような条件の物件が出てきた際、それらを横並びにして確認できます。

不動産業者の比較も合わせてできるため、業者ごとに手数料がどのように違うか見比べられます。

・エリアの相場がわかる

店舗物件をエリアごとに検索することで、地域での物件の相場感がつかめます。

事前情報なしで地元の不動産業者を訪れた場合、相場を知らないことで高い物件を紹介される可能性は否めません。

相場の情報をあらかじめ知っておけば、賃料などの交渉をする際に適正価格を提示できるため、話が進めやすくなります。

デメリット

店舗物件専門ポータルサイトには多くのメリットがある一方、デメリットもいくつか存在します。

・掲載地域の限られるケースがある

Web上にある情報は、物件数が多いエリアのものがどうしても多くなります。

そのため東京や大阪など都市部の情報に特化したサイトも多く、地方で店舗物件を探す際に利用できないケースがあります。

・常に最新情報とは限らない

ポータルサイトの情報は、常に最新であるとは限りません。すでに契約されているにもかかわらず、掲載を消すまでのタイムラグなどの理由で情報だけ残っている場合があります。

また、まれにわざと条件のよい物件情報を残しておいて集客のおとりに使うケースもあります。

問い合わせた際に物件がすでになくなっているかもしれない、というのは頭に入れておいた方がよいでしょう。

おすすめ店舗物件専門ポータルサイト5選

おすすめ

ここで、おすすめの店舗物件専門ポータルサイトを5つ紹介します。

テンポスマート

テンポスマート

画像引用元:https://www.temposmart.jp/

テンポスマートは、店舗物件専門のマッチングポータルサイトです。

居抜き物件やスケルトン物件など、非流通物件を含む情報が閲覧できます。

開業および店舗運営に必要なビジネスパートナーの紹介もあり、店舗出店を全面的にバックアップしてくれます。

物件の取り扱いエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県、登録物件数は2022年3月現在で3,500件以上です。(※2022年3月時点

居抜き店舗.com

居抜き店舗.com

画像引用元:https://www.i-tenpo.com/

居抜き店舗.comは、飲食店居抜き物件の専門サイトです。

業界トップクラスの紹介実績を誇っており、多くの経験から蓄積したノウハウを活かした物件選定のサポートをしてくれます。

取り扱い物件はスタッフが事前に調査し、利用者にとって有益な情報提供もしてもらえます。

未流通物件も充実しており、居抜き物件を探すのには大きな手助けとなるでしょう。

取り扱いエリアは1都3県となっています。

飲食店.com

飲食店.com

画像引用元:https://www.inshokuten.com/

飲食店.comは、物件探しはもちろん飲食業界全般を取り扱うポータルサイトとなっています。

飲食店専門物件サイトで募集中物件掲載数No.1(自社調査)となっており、取り扱い物件数は2022年3月現在で約6,000件です。(※2022年3月時点

物件に関しては首都圏・関西・東海・九州各エリアでの検索ができます。

また飲食業界全般の取り扱いを活かした、仕入れ取引先や内装施工業者の検索も利用でき、開業すべてにおいてワンストップで実施できるサイトとなっています。

テナントショップネットワーク

テナントショップネットワーク

画像引用元:https://www.tenant-shop.jp/

テナントショップネットワークは、全国47都道府県の物件を取り扱うポータルサイトとなっています。

テナントショップネットワークが厳選した、不動産会社の正確なテナント情報が検索できます。

本部が滋賀県にあるため関西圏の物件数が多いのですが、全国的に物件検索ができるのは大きな強みといえるでしょう。

希望エリアの物件リクエストもできますので、掲載のないエリアの物件も問い合わせることは可能です。

ホクトシステム

ホクトシステム

画像引用元:https://www.hoct.co.jp/

関西、関東の店舗物件を取り扱うポータルサイトです。

昭和63年に創業された老舗といえる存在であり、登録不動産業者は約30,000社となっています。

インターネット上に公開されていない未公開物件を多数取り扱っており、希望物件を登録しておけば、条件にマッチングした情報を届けてもらえます。

▼株式会社ホクトシステム代表 中瀬 一人様インタビュー記事

まとめ

まとめ

ここまで、店舗物件ポータルサイトについて説明しました。

物件を探すためには、ポータルサイトを利用するのが非常に近道となります。

一方で、出店したい地域の取り扱いがない、などのデメリットも見受けられます。

事業計画、希望物件を明確にし、希望するエリアの取り扱いがあるポータルサイトを探して利用するのが、よい店舗物件を見つけるための第一歩となるでしょう。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。