飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

独立・開業を考えている方へ

>

飲食店がイベントを開催するメリットとは?参考になる事例から成功させるためのポイントまで

飲食店がイベントを開催するメリットとは?参考になる事例から成功させるためのポイントまで

飲食店にとって嬉しい効果をもたらしてくれる「イベント」。

実際に、オリジナルのイベントを開催して店舗を繁盛させている飲食店はたくさんあります。

そこでこの記事では、飲食店のイベントについて紹介していきます。

  • 飲食店がイベントを開催するメリット
  • 飲食店がイベントを開催するデメリット
  • 飲食店でどういったイベントを開催すればいいのか

など具体的に紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

飲食店がイベントを開催するメリット

メリット

飲食店がイベントを開催する主なメリットとして、以下の3点があげられます。

  • 売上アップにつながる
  • 新規顧客の獲得につながる
  • 最近来店していないお客さんにアプローチできる

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

売上アップにつながる

告知の仕方にもよりますが、イベントは通常営業よりも売上につながりやすい傾向にあります。

イベントの規模や客の入りによっては、通常営業の数日分にあたる売上をイベント開催日のみで稼げてしまうほどです。

人は「限定」という言葉に弱いので、イベント限定の料理や飲み物をを提供すれば売上アップにつながるでしょう。

また、イベントという特別な空間では財布の紐も緩みやすいので、その特別感が売上アップにつながる可能性もあります。

新規顧客の獲得につながる

思わず足を運びたくなるような面白いイベントを開催すれば、これまで店舗に来たことがないお客さんが遊びに来てくれる可能性があります

店舗の存在を知らなかったお客さんが、イベントの告知でお店の存在を知り、実際に来店するかもしれません。

また、店舗に興味を持っているわけではないものの、イベントに惹かれて立ち寄るお客さんもいるでしょう。

イベントに来たお客さんの口コミで、新たなお客さんを呼び込むきっかけとなる可能性もあるので、イベント開催は新規のお客さんに来店を促す非常に魅力的な施策です。

最近来店していないお客さんにアプローチできる

イベント開催は、さまざまな理由によって店舗から足が遠のいていたお客さんに対してのアプローチとしても効果が期待できます

お店に対して良くない印象を持っている場合は再来訪を促すことは難しいですが、特に理由もなく足が遠のいていたお客さんの再来訪を促せる可能性は十分にあります。

そういえば、こんな店あったな…」というように、店舗を思い出してもらうきっかけとして効果を発揮してくれるはずです。

イベントで良い印象を持ってもらうことができれば、新たなリピーターになってもらえる可能性もあります。

飲食店がイベントを開催するデメリット

デメリット

飲食店がイベントを開催する場合、ついメリットばかりに目がいってしまう傾向にありますが、イベントを開催するデメリットも把握しておかなくてはいけません。

飲食店がイベントを開催する主なデメリットとして、以下の3点があげられます。

  • コストがかかる
  • 手間と時間がかかる
  • 必ずしも成果につながるわけではない

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

コストがかかる

イベント開催のコストはイベントの内容や規模にもよりますが、どういったイベントを開催するにしても多少のコストはかかります

イベントを告知するのであれば広告費がかかり、来客してくれたお客さんにノベルティなどを配る場合は制作費がかかります。

イベント当日は多くのお客さんの来店が見込まれる場合は、スタッフも増やしておく必要があるので、人件費も通常よりかかることになります。

手間と時間がかかる

イベントを開催して売上アップを狙うには、興味を持ってもらえるような面白いイベントを開催しなくてはいけません

イベントを開催するには時間をかけて準備する必要があるため、通常通りに店舗を営業するよりも手間と時間がかかります。

どれくらいの時間が必要になるかはイベント内容や規模によるものの、数ヶ月前から時間をかけて準備するというケースも少なくありません。

必ずしも成果につながるわけではない

イベントは、多くのお客さんの来店を促して売上アップに貢献してくれます。

しかし、それはあくまでもイベントが成功した場合です。

イベントを開催したからと言って必ず集客できるわけではなく、売上アップにつながるかも終わってみなければ分かりません

頑張って準備してイベントを開催したのに全然成果につながらなかった…」となってしまうケースもたくさんあります。

飲食店におすすめのイベントアイディア3選

アイディア

飲食店で開催するのにおすすめのイベントのアイディアとして、以下の3つがあげられます。

  • 季節に合わせたイベント
  • 食材がメインのイベント
  • 店舗の記念日に合わせたイベント

それぞれどういったイベントなのかについて解説していきます。

季節に合わせたイベント

季節に合わせたイベントは、飲食店における定番のイベントなので開催しやすいというメリットがあります。

例えば、春に花見に関連するイベントを企画してみたり、夏に夏祭りに関連するイベントを開催することでお客さんに興味を持ってもらい、集客につなげられるようになります。

お店の雰囲気や普段提供しているメニューにもよりますが、夏祭りを意識したイベントを開催するのであれば、

  • 焼き鳥
  • 粉もの
  • かき氷

など、夏祭りの屋台で楽しめる定番メニューを提供するのがおすすめです。

また、ハロウィンやクリスマスなど世間の行事に合わせたイベントも人が集まりやすいため、飲食店でよく開催されるイベントとなっています。

食材がメインのイベント

飲食店だからこそ開催できる相性の良いイベントが、食材をメインとしたイベントです。

食材をメインとしたイベントは非常に汎用性が高く、さまざまなテーマでイベントを開催できます

旬の食材を使ったイベントはもちろん、特定の料理に特化したイベントを開催してみるのもおもしろいでしょう。

また、新しいメニューを取り入れる場合も、ただ取り入れるよりも大々的にイベントをまじえながら発表した方が認知度が高まり注文されやすくなります。

アルコール類を提供している店舗であれば、普段提供しているお酒とは違ったものを期間限定・イベント限定で提供するのもおすすめです。

店舗の記念日に合わせたイベント

店舗のオープンを記念したイベント周年祭も売上アップにつながるイベントです。

飲食店のオープン時は、認知度が低く口コミも広まりにくいということもあって客足が伸び悩んでしまいがちです。

オープニングイベントを開催することでオープンから客足を伸ばすことができるかもしれません。

オープニングイベントや周年祭は、採算度外視で開催されることも多いため開催の判断は慎重におこなうべきですが、イベントが成功すれば通常営業時の客足も増える可能性があるので、認知度の向上や集客のためと割り切って開催するのもおすすめです。

イベントを開催するときの流れ

流れ

実際に飲食店がイベントを開催する場合、以下のような流れで準備を進めていくことになります。

  • 企画立案
  • 準備
  • 開催

大きな項目はこの3つですが、その段階ごとにやるべきことはたくさんあります。

企画立案の段階では、

  • どういった客層に向けたイベントか
  • どういった料理や飲み物を提供するのか
  • イベントを開催するにあたっての目標

など、細かな部分を決めつつイベントの内容を考えていかなくてはいけません。

内容が決まったら準備を進めていきますが、

  • 食材や飲み物の確保
  • 店舗の装飾
  • イベントを告知するポップの準備

など、ここでもやるべきことはたくさんあります。

特にイベントの告知は徹底しておこなわなくてはならず、場合によっては専用のサイトウェブページを作成する必要もあります。

準備が整ったら、後はイベントを開催してお客さんに楽しんでもらうだけです。

3つの工程の中でも、「企画立案」と「準備」の工程がイベントの成功を左右する重要な工程だと考えられます。

イベントを成功させるために押さえておきたいポイント

ポイント

飲食店がイベントを開催する際、そのイベントを成功させるために押さえておきたいポイントとして、4点があげられます。

  • イベントを開催する目的や目標を決めておく
  • ターゲットを設定する
  • イベント開催後の反響を分析して次に活かす
  • リピーターの獲得につながる施策を用意する

目的や目標が明確になっていない状態でイベントを開催しても、そのイベントは成功しません。

ターゲットに関しても同様です。

何のためにイベントを開催するのか」や「どういった層を集客するためにイベントを開催するのか」を明確にした上でイベントを開催する必要があります。

また、イベントを開催したら、お客さんの入りや売上への影響などデータをしっかりと蓄積・分析し、次に活かすようにすることも大切です。

新しく来てくれたお客さんに常連になってもらうことも重要なので、次回利用できるクーポンを用意するなど、リピーター獲得の施策も用意しておくようにしましょう。

まとめ

まとめ

飲食店のイベントについて紹介してきました。

イベントの開催はコストや手間がかかる上に必ず成果をあげられるわけではありません。

しかし、実際に新規顧客の集客やリピーターの獲得につなげている店舗は多いので、飲食店を開業するのであればイベントの開催にも挑戦してみるべきでしょう。

仮に失敗したとしても、失敗から学べることもあるはずです。

ただ、開催するからには成功させるべきなので、実際に開催するときは、「イベントを成功させるために押さえておきたいポイント」などを参考にしながら計画してみてください。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。