揚げ物で募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業

10件/全13

次のページ

揚げ物のフランチャイズ、独立開業情報の特徴

揚げ物のフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「研修制度有り」のフランチャイズが多く、全体平均84%に対して100%と高く、次いで「未経験からスタート」の割合が全体平均76%に対して78%という特徴を持っています

研修制度がある為、不安なく始められる、おすすめのジャンルになります。

先輩オーナーからの声

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト大名店

2021年10月OPEN

突然のコロナ渦で飲食事業の主力業態であった居酒屋部門が軒並み通常営業ができなくなった際にクリスピーチキンアンドトマト様のお話を聞き、実際に商品を食べてみて「デリバリー」や「韓国ブーム」ではない独自の製法と確かな品質と商品提供までのデザインがブランドとして確立されていると感じましたし、自宅での「ホームパーティー」や「お土産、手土産」市場でも優位性を持てるブランディングがまだまだ可能だと判断し、加盟相談を行い加盟しました。 自社が鳥肉をメインに扱う業態の為、調理技術に親和性が高いことと、撤退の場合の縛りも緩いことも大きかったです。 若いメンバーのチームで、急激に拡大した為、対応が遅れることもありますが、こちらの要望には真摯に向き合ってくださり、加盟店への配慮も見られますし、新たな商品提案力もある企業様です。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト新百合ケ丘店(焼き鳥炉端圭玄)

2020年10月OPEN

新型コロナウィルスの影響による営業自粛要請などで売上が低下している中、知り合いからCCTのシェアリングブランドサービスを知り、即加盟しました。最初は半信半疑でしたが、初日から15万ほどの売上が作れ、加盟してから1年半過ぎましたが月平均300万ほどの売上があり、今では3店舗まで増えました。コロナ禍においてだけの短期的な取り組みではなく、その後も飲食店営業と並行して継続出来るブランドだと思います。

韓国チキンのお店 CHOA CHICKEN(チョアチキン)

Man de Dalla株式会社

心斎橋店オーナー 廹田様

2019年12月OPEN

■FC加盟の背景 たこ焼きととプラスでインパクトのある商品の提供を考えていたところ、松尾社⻑に出会い、韓国チキンという非常に面白い商品を紹介していただいて加盟に至りました。 ■本部バックアップ体制 東京の実店舗で研修、自店舗でオープン前に社⻑自ら来店してもらってのアドバイス、Uberなどのメニュー設定、変更のサポート、こちらの要望に対して真摯に対応、これら全て良くしていただいてます。 ■導入を検討されている方へ チョアチキンを食べてみて本当に美味しいと感じて、真剣にこの商品を販売し、頑張っていきたいと思う方に導入してほしいです。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト宗右衛門町店

2020年07月OPEN

一番の利点は商品開発の手間が無い事です。商品開発は、皆様ご存知の通り、マーケティング、コンセプト、試作品、製造工程、原料の調達なと、多岐に渡り非常に多くのプロセスがあります。 その点、全てCCT本部が調理マニュアルに至る点までフォロー、Uber eatsなどに関しても、メニュー更新まで行ってくれるので、飲食店初心者の方でも非常に簡単に運営出来ます。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト堺東店

2021年01月OPEN

当時私はラーメン業態を10店舗ほど運営しておりました。 その頃は、緊急事態宣言により営業時間の短縮、自粛によるお客様の減少で全店昨年売上対比が70%ほどになりました。 イートイン業態における需要が今後失くなるのではないかと頭を抱えていた時に『クリスピーチキン&トマト』さんを知りました。弊社の店には元々フライヤーがあったこともあり初期投資はかなり抑えることが出来、その上、イートイン業態の売上減少を補う程の売上を叩き出すことが出来ました。 あの頃、思いきって新業態を取り入れることによって、現在、倍以上の店舗数に増やすことが出来ました。 今後はイートイン業態、テイクアウト業態の両方に力を入れ邁進して参ります。

CRISPY CHICKEN n’ TOMATO

株式会社E-MATE

クリスピーチキンアンドトマト町田店・府中店

2020年10月OPEN

2020年4月に1回目の緊急事態宣言となった時、居酒屋が主体の企業でそれまで中食は全く力を入れておらず、でもそのようなことは言ってられないと、中食やECなど外食以外でできることを模索しました。 デリバリーに関しては、初めては手探りで実店舗の屋号でやっていたのですが、居酒屋ということもあり売上が上がらず、流行りのバーチャル業態を作ってもみましたが、業績は伸び悩んでいました。 そんな中、クリスピーチキン&トマトというシェアキッチンのバーチャルブランドのことを知り、加盟金などで悩みましたが、まずはやってみようということで、チャレンジしてみました。 販売してみると、それまでこんなにデリバリーってオーダーが入るんだという驚きと、仕込みや毎日の油交換などオペレーションに対する嬉しい悲鳴が上がりましま。売上は一店舗で他の全店のデリバリー日計を超えるような金額で、これは他の店舗もやろうと、出店可能なエリアのリストを頂き、出店できる店舗は全店出店していきました。 その結果、今ではグループで10店舗以上で運営させて頂いておりますが、最初は韓国チキンは流行でいつまで続くのかという懐疑的な意見も出ていましたが、一年半以上一定の売上をキープしており、退店は0。加盟金はすぐに回収でき、毎月のロイヤリティーが安く感じるほどの売上を計上しております。 他にも他社デリバリーFCブランドにも加盟したこともありますが、継続的に一定の売上をキープ出来るのはクリスピーチキン&トマトだけです。今はこのブランドと出会って本当によかったという本部様に対する感謝の気持ちと、今後もチャンスがあれば出店を増やしていきたいと考えております。

揚げ物のフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

揚げ物のフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

揚げ物のフランチャイズ開業にかかる平均資金は481万円程度です。

Q2

揚げ物のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

揚げ物のフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは6件あります。

Q3

揚げ物のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

揚げ物のフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは7件あります。