飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

フランチャイズビジネスの疑問

>

フランチャイズと業務委託の違いは?それぞれのメリット・デメリットに触れながら解説!

フランチャイズと業務委託の違いは?それぞれのメリット・デメリットに触れながら解説!

ビジネスの始め方にはさまざまな方法がありますが、その中でも特に人気なのがフランチャイズに加盟することです。

ただ、このフランチャイズビジネス業務委託を混同してしまっている方は少なくありません。

実際にフランチャイズと業務委託の違いがわからず、どちらでビジネスを始めるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、フランチャイズと業務委託の違いについて紹介していきます。

フランチャイズと業務委託の違いが明確になる内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズと業務委託は何が違うの?

疑問

フランチャイズと業務委託はどちらもビジネスに関する契約形態ですが、スタイルが大きく異なるため注意しなくてはいけません。

フランチャイズと業務委託の概要を解説しつつ、具体的にどういった違いがあるのかについて紹介していきます。

フランチャイズとは

フランチャイズは、本部企業とフランチャイズ契約を締結しておこなうビジネスの方法です。

本部企業に対して加盟金やロイヤリティなどを支払う代わりに店舗名やサービス名などビジネスモデルを使用して事業を展開することができます。

例えば、飲食店の場合であれば店舗名やロゴはもちろん、お客さんに提供するメニューも本部企業と同じものを取り扱うことが可能です。

メニューのレシピや店舗運営に関わるノウハウも提供してもらえる上に店舗運営もサポートしてもらえるので、自分でビジネスに取り組むのが初めての方でも挑戦しやすいのが特徴となっています。

業務委託とは

業務委託とは、企業がおこなっている業務の一部を「委託」という形で請け負うビジネスの方法です。

大手の運送会社が運送業務の一部を個人のドライバーに委託したり、制作会社がシステムの開発をフリーのエンジニアに委託する場合は業務委託です。 また、飲食店や小売店など店舗の運営を業務委託する例もあります。

業務委託は、個人が請け負うケースから、規模の大きなものだと法人が請け負うこともあります

委託を請け負った場合の報酬は、「業務委託費」として受け取るのが一般的です。

フランチャイズと業務委託の違い

混同されてしまいがちなフランチャイズと業務委託ですが、それぞれの概要を理解すると、まったく異なるビジネスのスタイルであることがわかるかと思います。

  • 費用が発生するかどうか
  • 業務の範囲
  • 守らなくてはいけないルールの範囲
  • 店舗や事業所経営の自由度

など、異なるポイントはいくつかありますが、最も大きなポイントは報酬の受け取り方にあります。

例えば、飲食店や小売店を業務委託で請け負った場合、どれだけ売上がたったとしても受け取れるのは業務委託費のみです。

一方、フランチャイズの場合は、ロイヤリティの支払いこそ発生しますが、残りの売上はすべてフランチャイズオーナーのものになります。

業務委託のメリット・デメリット

メリットデメリット

業務委託の主なメリットとしては、費用の支払いが発生しない点自由度が高い点があげられます。

業務委託はあくまで一部の業務を請け負うだけなので、フランチャイズのようにロイヤリティの支払いは発生しません

ビジネスをスタートさせる際に加盟金などの支払いが発生しないのも業務委託ならではです。

また、商品やサービスの販売をおこなうなど一部の業務を請け負うという性質上、フランチャイズほどルールや規約による制限が厳しくありません

ただ、受け取れる報酬が決まっているため、フランチャイズのように大きく稼ぐのには向いていません。 どれだけ頑張っても受け取れるのは事前に決められた業務委託費用のみなので、やりがいを感じにくいという側面もあります。

フランチャイズ・業務委託でできることの比較

比較

フランチャイズでできること

業務委託にはないフランチャイズならではの強みとしては、ノウハウの提供があげられます。

ノウハウを提供してもらうために費用を支払う必要はありますが、成功している企業のビジネスモデルを参考にしながら店舗運営に取り組める点はフランチャイズならではのメリットです。

また、ビジネスに全体的に関われるので経営に携わりたいという方はフランチャイズがおすすめです。

業務委託はあくまでも一部の業務を任せてもらうだけなので、自分でビジネスをおこなっているという感覚は得にくくなっています。

業務委託でできること

フランチャイズは大きく稼げる可能性がある分、店舗経営の手腕によっては思うように稼げない可能性もあります。

一方、業務委託は任せられた仕事をそつなくこなしていれば決められた分の報酬を受け取れるようになっているので、ほとんどリスクなく稼ぐことができます。

経営に興味を持っているわけでなく、決められた業務を正確にこなすのが得意という方は業務委託の方がおすすめです。

まとめ

まとめ

フランチャイズと業務委託の違いについて紹介してきました。

フランチャイズと業務委託は混同されてしまいがちですが、その内容は大きく異なります。

ただ、どちら優れているとは一概に言い切ることはできないため、どちらの働き方が自分に向いているかで判断するのが賢明です。

フランチャイズ・業務委託どちらの働き方に魅力を感じるかを基準に検討してみてください。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。