飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

フランチャイズビジネスの疑問

>

フランチャイズとチェーン店の違いについて徹底解説!どっちを選ぶべき?

フランチャイズとチェーン店の違いについて徹底解説!どっちを選ぶべき?

店舗ビジネスにはフランチャイズやチェーン店など業態がいくつかあります。

そのため、「これから店舗ビジネスを始めたい」と考えている方の中には、どちらの業態を選ぶべきかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、フランチャイズとチェーン店の違いについて紹介していきます。

それぞれのメリットやデメリットに触れながら解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズ飲食店と飲食チェーン店の違い

レストランで働く女性

フランチャイズとチェーン店の違いについて解説していく前にまず理解しておいてほしいのが、

  • レギュラーチェーン
  • フランチャイズチェーン
  • ボランタリーチェーン

という、チェーンの種類についてです。

企業が店舗をチェーン展開するときのチェーンは上記の3つに分けることができます。

つまり、フランチャイズとチェーンはまったくの別物というわけではなく、フランチャイズはあくまで3つあるチェーンの種類のうちの一つにすぎないということになります。

それぞれのチェーンの概要について詳しく解説していくので、まずはそれぞれチェーンの特徴を把握するようにしてください。

1. レギュラーチェーン

チェーンの種類の一つであるレギュラーチェーンは、本部が展開するチェーン店のことを指し、「直営店」とも呼ばれます。

レギュラーチェーンという呼び方は一般的に広く浸透している呼び方ではありません。

そのため、レギュラーチェーンがチェーン店として広く認識されている傾向にあります。

レギュラーチェーンは本部が展開する店舗ですので、経営や管理をおこなうのも本部です。

在籍するスタッフも本部から派遣され、店舗の運営方針も本部の方針が強く反映されます。

レギュラーチェーンは本部が定めた経営方針にのっとって展開される店舗であるため、フランチャイズチェーンのように他者と契約を結んで展開されるような店舗ではありません

2. フランチャイズチェーン

フランチャイズチェーンは、本部と個人や事業者、外部の企業がフランチャイズ契約を結んで展開する形態のチェーン店舗です。

契約にのっとり、フランチャイズ加盟店として店舗運営をおこないます。

フランチャイズに加盟した加盟店側は、

  • 店舗の名称
  • ロゴやマークなどの商標
  • 店舗運営に関するノウハウ

などを提供してもらい、それらを活用しながら店舗運営をおこなえるようになっています。

飲食店の場合は、お客さんに提供するメニューのレシピなどを提供してもらうことも可能です。

ただ、これらは無料で提供してもらえるようなものではなく、フランチャイズ契約を結ぶときには加盟金や保証金を支払わなくてはいけません

また、ロイヤリティの支払いも毎月発生します。

3. ボランタリーチェーン

ボランタリーチェーンは、個々の独立した小売店同士のつながりで作る組織や団体を指します。

ビジネスモデルの仕組みとしてはフランチャイズチェーンと似ていますが、店舗運営を指揮する本部に大きな違いがあります。

フランチャイズは本部と加盟店がフランチャイズ契約を結んで店舗運営をおこないますが、ボランタリーチェーンでは加盟店同士が組織化して本部を作ります

ボランタリーチェーンは、共同での大量一括仕入れや設備投資によってそれぞれの小売店同士が協力し合う、互助開的な仕組みのビジネスモデルなのです。

加入金や毎月の運営費などは発生しますが、フランチャイズチェーンのように本部にロイヤリティを支払う必要はありません

また、フランチャイズチェーンの場合は本部の運営方針に従う必要があるため独自の商品を取り扱うことはできませんが、ボランタリーチェーンではさまざまな商品を商材として取り扱うことができます。

あくまで一例ではありますが、コンビニの店舗で手作りの弁当や惣菜を独自に製造し、販売するような例もあります。

一見魅力的に見えるボランタリーチェーンですが、さまざまな小売店との繋がりを構築したり、本部を独自で立ち上げる必要があるため、難易度の高いビジネスモデルだと言えます。

レギュラーチェーン飲食店のメリット

メリット

本部が戦略を立てて出店する店舗であるレギュラーチェーンの主なメリットとしては、

  • 資金を用意する必要がない
  • 店舗運営を本部にサポートしてもらえる

の、2点があげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. 資金を用意する必要がない

レギュラーチェーンは本部が出店し、経営する直営店です。

そのため、個人的に資金を捻出して店舗を出店する必要がありません

また、フランチャイズチェーンの出店に必要になる加盟金や保証金、ロイヤリティも発生しません。

これはレギュラーチェーンならではの大きなメリットであり、魅力でもあると言えます。

2. 店舗運営を本部にサポートしてもらえる

レギュラーチェーンは本部が出店して経営する直営店なので、店舗運営を徹底的にサポートしてもらえるというメリットがあります。

フランチャイズチェーンでも店舗運営におけるノウハウの提供やサポート体制は整っていますが、レギュラーチェーンのように手取り足取りサポートしてもらえるわけではありません。

レギュラーチェーンはその売上のすべてが本部の収益となるため、サポートが充実するのも当然と言えば当然です。

赤字が続いたり、テコ入れしても経営が改善しない場合は閉店という判断を下されてしまう可能性もありますが、徹底的にサポートしてもらえる点は店舗運営において非常に大きなメリットになるでしょう。

レギュラーチェーン飲食店のデメリット

デメリット

レギュラーチェーンは3種類のチェーンの中でも特にデメリットが少ないビジネスモデルです。

そのため、これからビジネスを始めたい個人や事業主にとって非常に魅力的に見えるかもしれません。

しかし、本部が資金を出して出店するレギュラーチェーンは、一個人や一事業主が申し込んで始められるような業態の店舗ではありません

この点は、レギュラーチェーン店ならではの大きなデメリットだと言えます。

フランチャイズチェーン飲食店のメリット

メリット

レギュラーチェーンにはないフランチャイズチェーンならではの主なメリットとしては、

  • 一個人や一事業主でも有名な店舗の看板を借りてビジネスを始められる
  • ロイヤリティ以外を売上として受け取ることができる

の、2点があげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. 一個人や一事業主でも有名な店舗の看板を借りてビジネスを始められる

レギュラーチェーンは本部が資金を出して戦略的に展開する店舗のため、個人や事業主が申し込んで始めることはできません。

一方、フランチャイズチェーンであれば、個人や事業主が申し込んで始めることも可能です。

もちろん本部がフランチャイズの募集をおこなっている必要がありますが、募集しているのであれば、店舗の名前やノウハウ等を提供してもらいながら、店舗運営をスタートさせることができます。

2. ロイヤリティ以外を売上として受け取ることができる

フランチャイズに加盟してビジネスを始める場合、ロイヤリティを支払わなくてはいけません。

ロイヤリティの種類はいくつかあり、ロイヤリティの金額が決まっているケースもありますが、売上の一部から毎月数%分を本部に支払う形式が一般的です。

しかし、支払いの義務が生じるのはあくまでも売上の一部であり、ロイヤリティとして支払う分以外はすべて収益として受け取ることができます

例えば、月の売上が500万円程度で、売上の5%がロイヤリティとして徴収されるフランチャイズチェーンの場合、ロイヤリティの25万円以外はすべて加盟店の収益となります。

店舗の家賃や光熱費、人件費などの支払いも生じるためすべてが利益になるわけではありませんが、レギュラーチェーンにはないフランチャイズチェーンならではのメリットだと言えるでしょう。

フランチャイズチェーン飲食店のデメリット

レギュラーチェーンにはないフランチャイズチェーンならではのデメリットとしては、金銭面のデメリットがあげられます。

フランチャイズチェーンはロイヤリティさえ支払えば基本的に残りの売上はすべて収益になりますが、フランチャイズに加盟するには加盟金や保証金を支払わなくてはいけません。

加盟金や保証金が100万円以上になるケースも少なくないため、大きなデメリットだと言えるでしょう。

また、毎月決められた金額・決められた割合のロイヤリティの支払い義務も生じます。

フランチャイズチェーンの飲食店経営に向いている人

飲食店の調理場で働く人

フランチャイズチェーンの経営に向いている人の主な特徴としては、

  • ある程度まとまった資金がある
  • 自分で考えて利益を最大化するための店舗運営がおこなえる

などがあげられます。

フランチャイズは加盟する際に加盟金や保証金を支払わなくてはいけませんし、黒字化するまで店舗運営を続けられるだけの資金力も必要になります。

そのため、ある程度まとまった資金を用意できる人でないと経営できません。

また、本部による研修・サポート制度もありますが、あくまで自分主導でおこなうビジネスであるため、利益を最大化するために自分で考えて動くことができる必要もあるでしょう。

まとめ

まとめ

フランチャイズとチェーン店の違いについて紹介してきました。

勘違いされてしまいがちですが、フランチャイズはフランチャイズチェーンという名称で、企業が展開するチェーンの業態の一つです。

フランチャイズとチェーン店の違いを知りたいと考える方の多くが、フランチャイズで店舗を経営するべきか直営店であるレギュラーチェーンで店舗を経営するべきかで頭を悩ませているかもしれません。

しかし、レギュラーチェーンは本部が戦略的に展開する店舗で、一個人や一事業主が申し込んで始められるような業態ではないため、個人や事業主が店舗ビジネスを始める場合はフランチャイズでの店舗経営を選ぶ必要があります

その場合、「どのフランチャイズに加盟するか」が重要になりますので、より条件の良いフランチャイズに加盟し、店舗経営をスタートさせるようにしましょう。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。