飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

初心者にオススメ

>

ゴーストレストランの違法性は?今後の規制に触れながら解説!

ゴーストレストランの違法性は?今後の規制に触れながら解説!

新型コロナウイルスの影響でデリバリーへの需要が高まったことで、店舗としての実態をもたないデリバリー専門の飲食店「ゴーストレストラン」が急増しています。

実際、ゴーストレストランを開業し、飲食店ビジネスを始めてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、インターネット上の情報を見ていると「ゴーストレストランは違法なのでは…」という意見も散見されます。

そこでこの記事では、ゴーストレストランは違法なのかについて紹介していきます。

今後の規制について触れながら詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ゴーストレストランは違法?合法?

デリバリー料理

ゴーストレストランを立ち上げる上で気になるのが、その「違法性」についてですが、今のところゴーストレストランが違法な店舗として摘発されたケースはありません

そのため、「ゴーストレストランには違法性がない」と勘違いしてしまいがちですが、法律に詳しい専門家の中には警鐘を鳴らしている専門家もいます。

ゴーストレストランはデリバリー専門ではあるものの飲食店であることに変わりはないため、許可さえ得ていれば基本的に保健所から指摘を受けるようなことはありません

しかし、中にはラーメン店として営業許可を受けている店舗が海鮮丼の専門店を名乗って海鮮丼を提供しているケースや、和食のお店がカレー専門店を名乗ってカレーを提供しているケースなど悪質なケースもあります。

これらのケースでは、専門店ではないにも関わらずあたかも専門店かのように偽り、ユーザーに優れた店舗・優れた商品であると誤解させてしまう「優良誤認」にあたる可能性があります。

また、一箇所で複数の専門店を名乗って営業しているケースも少なくありません。

一つの営業許可証しか所有していないにも関わらず、専門店を名乗っていくつも店舗を展開するような営業の方法は適切ではありません。

今のところグレーゾーンのように取り扱われてはいますが、問題視され始めていることを考えると、いつ摘発されるようになったとしても不思議ではない状況だと言えるでしょう。

ゴーストレストランはユーザーからの評判が悪い

携帯を見て悩む人

ゴーストレストランは問題視されており、いつ摘発されるようになるかわからないと解説してきましたが、現在のところ違法な業態とは判断されていないためゴーストレストランを経営すること自体に問題はありません

しかし、ユーザーからの評判が悪い場合も多く、SNSを中心に批判的な意見や否定的な意見もあがっています。

Twitter上では、一箇所で20以上もの専門店を名乗って運営している店舗もあると指摘されています。

また、味や品質が悪い店舗も多々あるようで、注文して後悔しているユーザーもいるようです。

ゴーストレストランは今のところ違法性のある業態ではないものの、ユーザーからの評判は良くないこともあるため、「これから飲食店を始めたい」と考えている方は慎重に検討するべきビジネスモデルだと言えるでしょう。

ゴーストレストランは経営者にとってのメリットが多い

フライパンを持つシェフ

ゴーストレストランとして開業する飲食店や営業する飲食店が増加しているのは、ゴーストレストランは経営側にとってメリットの多いビジネスモデルだからです。

経営者がゴーストレストランを開業・営業する主なメリットとしては、

  • 初期費用を安く抑えられる
  • 場所代を安く抑えられる
  • ユーザーに利用してもらえる可能性が高くなる

の、3点があげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. 初期費用を安く抑えられる

一般的なイートインの飲食店を始める場合、キッチンだけでなくお客さんが食事するための席を用意しなくてはいけません。

デリバリーやテイクアウト専門店を始めるにしてもお客さんが注文するために並べるよう、ある程度のスペースを確保が必要です。

また、店舗としての形をなすために、食器類や家具などを買い揃える必要もあり、初期費用が高くなります。

一方、ゴーストレストランは店舗としての実態をもたず、料理できるスペースさえあればいいため、初期費用を抑えて開業することができるのです。

2. 場所代を安く抑えられる

ゴーストレストランはスタッフが調理できるスペースさえあれば営業できるため、一般的な飲食店よりも店舗の賃料を安く抑えることができます

また、イートインで複数の専門店を営業しようとすると、店舗の数だけ場所を用意しなくてはいけないため、店舗の数だけ初期費用や毎月の家賃もかなりの金額になってしまいます。

一方、ゴーストレストランとして一つの場所で複数の専門店を営業する場合であれば、一店舗分の家賃のみで営業可能です。

ランニングコストの中でも大きな割合を占める場所代を安く抑えられる点は、経営する側にとって非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

3. ユーザーに利用してもらえる可能性が高くなる

一つの店舗で複数の専門店を名乗って営業する場合、より多くのユーザーをターゲットに商売できるようになります。

例えば、海鮮丼の専門店として飲食店を経営する場合、注文してくれる可能性があるのは「海鮮丼を食べたい」と思っているユーザーのみです。

一方、ゴーストレストランとして一つの店舗が、

  • 海鮮丼の専門店
  • カレーの専門店
  • 中華料理の専門店

など、複数の専門店を名乗って営業する場合、

  • 海鮮丼を食べたい人
  • カレーを食べたい人
  • 中華料理を食べたい人

さまざまなユーザーに利用してもらえるようになります。

利用してくれるユーザーが多くなれば多くなるほど売上も多くなるので、これも経営者側にとっての大きなメリットだと言えるでしょう。

ゴーストレストランに対する規制が今後厳しくなる可能性

調理場の様子

ゴーストレストランは法的に規制されているわけではありませんし、優良誤認の可能性があるとは言え、摘発されるような店舗が出てきているわけでもありません。

そのため、営業許可など必要な手続きさえ済ませてしまえば、ゴーストレストランとして新たに飲食店を出店することは可能です

しかし、現状を考えるとゴーストレストランに対する規制は今後厳しくなっていくことが予測されます。

それは法的にというだけの話ではなく、ゴーストレストランにとっての生命線であるプラットフォームにおける話でもあります。

実際、デリバリーサービスとして国内最大級の規模を誇るUber Eatsゴーストレストランの規制に乗り出すという噂も出ています。

まだ噂の段階でしかありませんが、規制された場合、1拠点1レストランに規約が変更され、同じ住所・同じ店舗で複数の専門店を展開するような方法で営業できなくなってしまう可能性があります。

業界を牽引するUber Eatsがゴーストレストランの規制に乗り出すとなると、他のプラットフォームも追従することも予想されるため、今後ゴーストレストランが稼げる業態でなくなってしまう可能性は高いと言えるでしょう。

「ゴーストレストラン」の
フランチャイズ案件を探す

まとめ

まとめ

デリバリーへの需要が高まったことで問題視されているゴーストレストランについて紹介してきました。

ゴーストレストランは優良誤認として指摘される可能性を秘めている業態ではあるものの、実際に摘発されたようなケースは今のところありません。

そのため、きちんと飲食店の営業許可さえとっていれば違法性はないと言っていいでしょう。

しかし、ユーザーからの評判が悪く、問題視されていることを考えると、今からゴーストレストランとして飲食店ビジネスを始めるのはおすすめできません。

今後取り締まりが厳しくなっていく可能性もあり、プラットフォーム側の規制が厳しくなっていくと予想されています。

飲食店ビジネスには、フランチャイズでの開業と言ったなるべくリスクを抑えて始められる出店方法もあるので、そういった方法での開業を検討してみてはいかがでしょうか?

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。