パンで募集中のフランチャイズ(FC)で独立・開業・起業情報一覧

8件/全8

パンのフランチャイズ、独立開業情報の特徴

パンのフランチャイズ、独立開業情報の特徴としては、「未経験からスタート」のフランチャイズが多く、全体平均75%に対して80%と高く、次いで「研修制度有り」の割合が全体平均74%に対して80%、「三ヶ月以内に開業/独立できる」の割合が全体平均68%に対して80%、「低資金で開業」の割合が全体平均70%に対して80%という特徴を持っています

未経験でも開業、独立を目指すのであれば、おすすめのジャンルになります。

◆パンフランチャイズのトレンド

日本人といえば「お米(ご飯)」という食文化がここ数年で変化し、下記の理由からパン食の人気が上昇しています。

「朝の忙しい時間でも手軽に食べられる」

「おかずを用意しなくても済む」

また近年では下記のようなパンがトレンドとなっており、SNSやメディアで話題に取り上げられることも多くなっています。

  • パンの間に生クリームを挟んだイタリア発祥のスイーツパン「マリトッツォ」
  • インパクトのある断面が“萌える”と話題の「萌え断フルーツサンド」
  • 一斤1000円前後という価格設定の「高級食パン」
  • 韓国発祥の進化系ガーリックパンの「マヌルパン」
  • 具材を盛った「もりもりホットサンド」
  • “パン”をテーマにしたパンフェス

インフルエンサーがマヌルパンを再現した「俺の罪悪パン」がバズったようにコラボ商品を作るなど話題性に富んだアグレッシブな戦略が求められると言えるでしょう。

また、新型コロナウイルスが流行してからの消費者の健康意識への高まりに合わせた「無添加パン」や「デリバリー」に力を入れる必要があります。

◆パンのフランチャイズはどういう地域で開業すると成功するか

2017~2019年の総務省統計局の「全国のパン消費量」のデータによるとパンの消費量1位は滋賀県の大津市という結果が出ています。

「パンの消費金額」は兵庫県の神戸市で、全国平均の約1.23倍をパンにお金を使っているというデータもあります。

そのため、出店地域としてパンの消費が多い近畿地方を検討すると良いでしょう。

◆パンのフランチャイズのメリット

・パンの需要が増えている

2021年5月1日~5日にマイボイスコム株式会社が“朝食”に関するインターネット調査を実施したところ70.7%の人が「パン類を朝食に食べる」と回答したという結果が出ています。

また総務省が発表した「家計調査」では、世帯当たりのパン購入価格も年々上昇しておりパンは日本の食生活において欠かせないものとなっています。

パンの需要が増えていることは、パンのフランチャイズをする上でメリットと言えるでしょう。

・パン職人の修行をしなくても開業できる

通常であればパン屋として独立する為には、専門学校でパンに関する知識を学んだり、パン屋で数年修行して製パン技術を取得する必要があります。

しかし、フランチャイズであれば本既に作られたパンが本部から冷凍された状態で送られてくるため、製パンの技術がなくても容易に開業することが可能です。

・フランチャイズの選択肢が広い

パンのフランチャイズは選べる種類が多いです。

※下記はフランチャイズの一例になります。

  • マーメイドベーカリーパートナーズ
  • 食パン道
  • ミスターホットサンド
  • スワンベーカリー
  • ペンギンベーカリー
  • 一本堂
  • むぎのいえ
  • ブリオッシュドーレ
  • あげぱん屋

「全国展開しているフランチャイズを選びたい」「〇〇パンを専門にしているフランチャイズを選びたい」など希望に合う条件のパン屋を開業することが可能です。

◆パンのフランチャイズの注意点・懸念点

コンビニエンスストアの台頭

パン食の人気に比例して競争が激化しています。

特にコンビニエンスストアでは、パン屋のニーズを取り込んだ商品を多く販売している上にパン以外の飲み物など、複数の商品をまとめて購入できるためパンを専門とするパン屋が顧客を獲得することが難しくなってきています。

ただし、コンビニにはない“パン専門店だからこそ”のオリジナル商品を売り出すことが出来れば生き残ることができる可能性が高くなります。

・仕込量の調整が難しい

基本的にパンは注文されてから作るものではなく、事前に焼いたパンを店頭に並べておくスタイルとなります。

そのため「作り過ぎて大量に売れ残る」「作らな過ぎて品揃えが悪い」という状態を避けなければなりません。

パンを揃える量は、立地・季節・天候・時間によって調整する必要があり『このくらい店頭に並べておけば大丈夫』という基準が各店舗によって違うため予想が難しいと言えるでしょう。

材料費が変動しやすい

パンの材料として使われる小麦粉やバターは価格の変動がしやすいものです。

価格が高騰した場合、パンの原価が上がり利益が減ってしまうことになります。

そうするとパンの値上げを考えなければならなくなります。

パンの値上げは客離れを招く要因になってしまうため、この点は懸念点と言えます。

パンのフランチャイズ案件に関してよくある質問

Q1

パンのフランチャイズ開業にかかる平均資金はどれくらいですか?

パンのフランチャイズ開業にかかる平均資金は450万円程度です

Q2

パンのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものはどれくらいありますか?

パンのフランチャイズ案件で三ヶ月以内に開業/独立できるものは4件あります。

Q3

パンのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものはどれくらいありますか?

パンのフランチャイズ案件で未経験からスタートできるものは4件あります。

Q4

パンのフランチャイズ案件で得られる平均利益と最高利益はどれくらいですか?

平均営業利益(月間)は、50万円程度で、最高営業利益(月間)は、64万円で「ホットサンド専門カフェ「バンクサンドイッチ」」です。

Q5

パンのフランチャイズ案件で人気の案件はどれですか?

多くのユーザーによく閲覧されている案件は、「バーチャルレストラン デリバリープラン」「サンドイッチのお店Merci」です。

パンに掲載中の案件の口コミ

※口コミは、投稿者の主観的な意見や感想であり、客観的な事実を保証するものではありません。参考情報としてご活用ください。

さらに条件を絞り込んで探す