飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

初心者にオススメ

>

飲食フランチャイズを始めるときに注意するべき7つのリスクと対処法

飲食フランチャイズを始めるときに注意するべき7つのリスクと対処法

すでに成功して結果を出している飲食店のフランチャイズに加盟する形で始める「飲食フランチャイズ」。

完全にゼロからビジネスをスタートさせる場合に比べて、比較的リスクの少ない方法です。

しかし、決して「ゼロリスク」というわけではなく、飲食フランチャイズならではのリスクがあります。

この記事では、飲食フランチャイズを始める人が知っておくべき飲食フランチャイズのリスクについて紹介していきます。

また、それぞれのリスクへの対処法についてもあわせて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

飲食フランチャイズで想定される7つのリスクと対処法

困るシェフの女性

飲食フランチャイズで想定される主なリスクとそれぞれのリスクに対する対処法について解説していきます。

リスク1. 売上があがらない

飲食フランチャイズで想定されるリスクの中でも特に注意しなくてはならないのが、思うように売上が上がらないリスクについてです。

飲食フランチャイズでは有名な飲食店のフランチャイズに加盟し、商標や知識を提供してもらないながら店舗運営ができるため、開業当初からある程度の売上は確保できるでしょう。

しかし、だからといって必ずしもビジネスが成功するわけではありません。

売上はビジネスの存続に大きく関わってくるため、飲食フランチャイズを始める場合、思うように売上があがらないリスクをどう回避するかが非常に重要になります。

対処法

しっかりと売上を確保して、店舗運営を安定させたいのであれば、なるべくネームバリューのある飲食店のフランチャイズに加盟することが大切です。

ネームバリューのある飲食店であればあるほど集客が容易になり、安定した売上が見込めるようになります。

また、需要のある食べ物や飲み物を商材として取り扱っているフランチャイズを選ぶことも重要です。

ブームの商材の場合、大きく稼げるのは一時的です。

ブームが去った途端まったく売れなくなってしまった…」となってしまいかねませんので、そういったフランチャイズは熟考するようにしましょう。

売上の安定には集客に関する知識が欠かせませんので、マーケティングや集客についてのサポートがあるフランチャイザー(本部)かどうかも加盟先を選ぶポイントになります。

リスク2. 人手不足

今はどの業界も高齢化の影響によって人手不足の状態が続いており、飲食業界も例外ではありません。

人手不足を解消する術を持っていないと、「売上は安定しているのにスタッフが足りなくて店舗を運営できない…」という、非常にもったいない状態になってしまいかねません。

黒字経営の店舗が人手不足によって閉店してしまう事例は決して少なくないため、飲食フランチャイズを成功させるには人手不足への対策も必要になります。

対処法

人手不足のリスクに対処するには、人材を獲得するための知識やメソッドを獲得するしかありません。

人材サービスやSNS等を活用し、実際に人手不足になっててしまう前に、人材獲得に困らない仕組みを用意しておくことが大切です。

また、フランチャイザーから採用に関するメソッドを提供してもらったり、積極的に支援してくれる良心的なフランチャイズに加盟するようにしましょう。

リスク3. 本部の味を上手く再現できない

飲食店で働いた経験がなかったり料理の経験が乏しかったりする場合に想定されるのが、味に関する点です。

飲食フランチャイズでは、本部の味を再現することが店舗を運営していく上での最低条件になります。

本部の味を上手く再現できないとお客さんが離れていってしまいかねません。

また、本部の味を再現できていない状態で料理を提供してしまうと、本部の看板に泥を塗ってしまうことになり、契約を解除されてしまいかねません。

対処法

本部の味を上手く再現できないというリスクを避けたいのであれば、事前の調理研修を丁寧におこなってくれるフランチャイズに加盟するようにしましょう。

フランチャイザーの中には、店舗を開店する前にさまざまな研修を実施してくれるところがあります。

研修制度が整っている方が加盟する側としても安心して開業することができます。

研修では、実際に本部の人が現地にレクチャーをしに来たり、開業する方が他店舗に研修生として派遣されるなど、徹底的に育てることで味を上手く再現できないリスクをカバーしています。

料理の腕に自信がない場合は研修制度の充実度も考慮して加盟先を選ぶようにするといいでしょう。

リスク4. ロイヤリティが支払えない

フランチャイズに加盟した場合、毎月支払わなくてはいけないのが「ロイヤリティ」です。

ロイヤリティの金額はフランチャイザーによって異なりますが、決して安い金額ではありません。

そのため、売上などによっては「ロイヤリティが支払えない…」といったリスクが生じてしまう可能性があります。

ロイヤリティが支払えなくなってしまった場合も、契約を解除されてしまう可能性があるため避けたいシチュエーションです。

対処法

飲食フランチャイズは毎月の売上が保証されているわけではありません。

そのため、どの店舗もロイヤリティが支払えなくなるリスクを抱えていると言っても過言ではありません。

そこで重要になるのが、「いかにロイヤリティの負担を減らせるか」です。

毎月一定の金額をロイヤリティとして納める方式の場合、売上が悪いときのリスクが高くなってしまいます。

一方、売上に応じてロイヤリティの金額が変わる方式の場合、売上の額に応じてロイヤリティが決まります。

売上が悪い月は請求されるロイヤリティの金額も少なくなるので、リスクを抑えながら店舗運営をおこなうことが可能です。

リスク5. 食中毒や異物混入

飲食店はお客さんに食事や飲み物を提供するため、どうしても食中毒異物混入のリスクが生じます。

万が一、食中毒や異物混入等が発生してしまうと、数日間の営業停止を求められるため、その間の売上をまるまる失ってしまうことになります。

何より、飲食店として提供物の品質管理に対して悪い噂がたってしまうため、客足が遠のいてしまいかねません。

絶対に食中毒や異物混入が発生しないよう、しっかりと対策する必要があります。

対処法

食中毒や異物混入を発生させないためには、食材と衛生面の管理を徹底するしかありません

安さだけで仕入先を選ぶのではなく、食材の品質や信頼できる業者かどうかを重視して仕入先を選ぶようにしましょう。

また、調理場は常にきれいで清潔な状態に保つことも大切です。

厨房に持ち込むものが多くなればなるほど異物混入のリスクは高まるので、不要なものは持ち込まず、調理場や器具の清掃も怠らないようにしましょう。

リスク6. 同じエリアに他の店舗を出店されてしまった

自分たちが出店している同じエリアに別のフランチャイズ店舗を出店されてしまうと、お客さんが分散してしまい、売上が下がってしまう可能性があります。

新しく出店する店舗がよりアクセスの良い立地だったり、駐車場が広いなど利便性が高い場合、売上の大半を奪われてしまいかねません。

売上減少は店舗の存続にも関わるため、飲食フランチャイズにとって非常に大きなリスクになります。

対処法

同じエリアに他の店舗を出店されてしまうリスクを避けたいのであれば、テリトリー制を取り入れているフランチャイズに加盟するようにしましょう。

テリトリー制というのは、「あなたのお店の商圏内には店舗を出店しません」という制度です。

同じ商圏内への出店を制限することで、店舗同士での売上の奪い合いがおこらないようにしています。

テリトリー制を取り入れているフランチャイズは多いので、なるべくそういったフランチャイズを選ぶようにしてください。

リスク7. 不利な内容でフランチャイズ契約を結んでしまった

飲食店のフランチャイズに加盟する場合、フランチャイズ契約を締結しなくてはいけません。

ただ、フランチャイズ契約書はフランチャイザーが作成するため、契約がフランチャイザーに有利な内容になっていることが多々あります。

条件等をしっかりと確認しない状態で契約締結してしまうと、こちらに不利な内容でフランチャイズに加盟することになってしまう可能性があります。

また、契約書は専門用語が多くて内容が難しいため、「よく内容を理解できていない状態でサインしてしまった…」というケースも少なくないため注意が必要です。

対処法

不利な内容でのフランチャイズ契約を避けるには、法律の専門家の力を借りるのが一番です。

弁護士に相談し、一緒に契約書の内容を確認してもらいながらサインするようにしましょう。

弁護士が法律の専門家として、こちらが不利な契約内容になっていないか正しく判断してくれます。

依頼する費用はかかりますが、不利な契約を結んでしまった時の負担を考えれば、多少お金をかけてでも正当な条件で加盟するべきです。

万が一、弁護士に確認してもらった上でこちらに不利な契約になりそうだと思われる場合は、そのフランチャイズへの加盟は見送るようにしましょう。

まとめ

まとめ

飲食フランチャイズを始める人が知っておくべき7つのリスクについて紹介してきました。

飲食フランチャイズはリスクの少ない飲食店の開業方法ですが、リスクがないわけではありません。

ただ、これらのリスクにはそれぞれ事前にできる対処法があるのでしっかり把握しておくことで、ある程度のリスクは回避することが可能です。

これからフランチャイズ飲食店を開業したいと考えている方は、今回紹介した対処法を頭に入れ、なるべくリスクが少ない状態でビジネスに取り組むようにしましょう。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。