食専門のフランチャイズ比較

飲食店が導入するべきおすすめの宅配・デリバリーシステム!11選

近年需要が高まってきている、飲食店のテイクアウトやデリバリーサービス。実際にこれらのサービスを導入しているという店舗も多いのではないでしょうか?

最近はUber Eatsや出前館、Woltなどオンラインで注文できるプラットフォームが充実しています。

簡単に導入できるシステムや機能が豊富なシステムが充実して、選択肢が増えたことでシステムを導入するハードルも下がってきています。

しかし、特徴が異なるさまざまなプラットフォームを複数活用するようになると発生するようになるのが、

「複数のプラットフォームからの注文を管理するのが大変…」

「色々なサービスから注文が入るから、うまくさばけずミスが多発している」

などのトラブルです。

そこでこの記事では、飲食店のテイクアウトやデリバリーの注文を効率的に管理し、しっかりと売上の向上につなげてくれる宅配・デリバリー管理システムを紹介していきます。

管理システムの概要や選び方に触れながらおすすめの管理システムを厳選して紹介していくので、この記事を参考にしてもらえれば、迷うことなくスムーズに宅配・デリバリー管理システムを導入できるようになるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

宅配・デリバリー管理システムとは

宅配・デリバリー管理システムとは、宅配やテイクアウトなどのサービスを行なっている店舗の運営を簡素化し、効率化してくれる便利なシステムです

テイクアウトやデリバリーサービスの導入をサポートするシンプルな管理システムを、ber Eatsや出前館などさまざまなサイトやアプリから入る注文を一元管理できるようになる便利な管理システムまで、いろいろなシステムがあります。

飲食店のテイクアウトやデリバリーに対する需要は新型コロナウイルスの登場以降急速に高まっており、2018年には3,600億円程度だった市場規模が、2023年には6,800億円程度にまで上昇するとされています。

参考:ICT総研「2021年 フードデリバリーサービス利用動向調査」 https://ictr.co.jp/report/20210405.html/ 

つまり、店舗の業績を伸ばしたい飲食店にとってテイクアウトやデリバリーへの対応は不可欠で、その対応をサポートしてくれる管理システムの導入も必須だと言えるわけです。

宅配・デリバリーに関連する管理システムの主な5つの機能

宅配・デリバリーに関連する管理システムを導入するうえでチェックしておきたいのが、どのような機能が備わっているかについてです。

備わっている機能はそれぞれのシステムによって異なりますが、多くのシステムに導入されている主な機能としては、以下の5つの機能があげられます。

  • 店舗のオンライン注文対応
  • 注文から顧客履歴を一元管理
  • POSとの連携
  • 売上の分析
  • メニューの登録や管理

それぞれの機能について詳しく解説していきます。

店舗のオンライン注文対応

宅配・デリバリー管理システムを導入することで、これまでオンラインからの注文を受け付けていなかった店舗でも、簡単にオンラインからの注文を受け付けられるようになります。

店舗が独自にオンライン注文のシステムを構築して導入するのは簡単ではなく、莫大な費用がかかります。システムを導入する場合も費用は発生しますが、システムを構築するケースとは比べものにならないほど安く・早く導入することが可能です。

また、宅配・デリバリー管理システムの中にはUber Eatsや出前館など、さまざまなオンライン注文サイトや注文アプリからの注文を一元管理できる機能も備わっているため、業務の効率化にもつながります。

注文から顧客履歴を一元管理

宅配・デリバリー管理システムで確認できるのは、時間や商品などの注文に関する情報だけではありません。配達に関する情報や集金に関する情報など、すべての情報をトータルで一元管理できるようになっています。

必要な情報をシステム側ですべて確認できるので、それぞれの注文に素早く対応できるようになっており、ヒューマンエラーも発生しづらくなっています。

POSとの連携

飲食店に欠かせないPOSシステムとの連携も、宅配・デリバリーシステムに備わっている機能の一つです。

POSシステムは、販売した商品や売上などを記録する重要なシステムです。

POSシステムと連携することで、店舗での注文や電話で入った注文など、システムを介していない注文に関する情報や売上に関するデータも一元管理できるようになります。

売上の分析

業績を伸ばしたい飲食店にとって嬉しい機能が、売上の分析機能です。

売上分析の機能では、個々の注文に関する情報はもちろん、よく出る人気のメニューや時間帯ごとの人気メニュー、どういったお客さんがどういったメニューを注文しているのかなど詳細な分析も行えるようになっています。

メニューの登録や管理

宅配・デリバリー管理システムの中にはメニューの管理を行える便利なものもあります。

店舗で販売しているメニューの情報を登録したり、販売を終了したメニューの情報を削除したりすることができます。また、品切れにより販売できなくなってしまった商品の情報を登録することもできます。

宅配・デリバリー管理システムを活用するメリット

メリット

固定費が発生するにも関わらず宅配・デリバリー管理システムを導入する飲食店が増えてきているのは、システムを導入することでさまざまなメリットが期待できるようになるからです。

飲食店が宅配・デリバリー管理システムを活用することで期待できるようになる主なメリットとしては、以下の3点があげられます。

  • 販路が広がる
  • 煩雑な業務を効率化できる
  • ヒューマンエラーを防げる

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

販路が広がる

宅配・デリバリー管理システムを導入してテイクアウトやデリバリーでの注文にも対応できるようになると、さまざまなオンライン注文サイトやアプリから注文を受け付けられるようになり、販路を広げ業績の向上が見込めるようになります。

これまでテイクアウトやデリバリーに対応できていなかった店舗であれば、売上アップが見込めるようになります。また、サイトやアプリに店舗の情報が掲載されるようになると、店舗のことを知らなかったユーザーが店舗の存在を認知してくれるようになり、利用するきっかけになります。

煩雑な業務を効率化できる

オンライン注文サイトやアプリから入る複数の注文を手動で捌く場合、注文の受付から顧客管理、売上の分析までをそれぞれのサイトやアプリにアクセスして行わなくてはならないため、どうしても作業が煩雑になってしまいがちです。

一方、宅配・デリバリー管理システムを導入する場合であれば、わざわざそれぞれのサイトやアプリにアクセスしなくても管理システムですべての内容を把握できるようになるので、対応が煩雑になってしまうことはありません。ンライン注文の対応を効率的に進められるようになります。

ヒューマンエラーを防げる

注文情報や顧客情報をシステムを介さずに人の手で処理したり管理したりしていると、オーダーミスや数字の入力間違えなどのヒューマンエラーが発生してしまいます。

一日の注文数が多くなりがちな規模の大きな店舗や人気店であればなおさらです。

管理システムを導入するとシステム側で情報を処理してくれますし、まとめて管理できるようになるので、ヒューマンエラーや単純なミスが発生しづらくなります。

テイクアウト・デリバリー一括管理システム比較4選

こちらは、数あるテイクアウト&デリバリー一括管理システムの中でも特におすすめしたい4つのサービスの比較表です。それぞれのサービスの概要や特徴を詳しく紹介していきます。

テイクアウト&デリバリー一括管理システム比較4選

1.Camel(キャメル)

Camel

8,000店舗以上の導入実績があるテイクアウト&デリバリー一括管理システム、Camel(キャメル)

大手ファミレスの「ジョイフル」やカラオケ業界大手の「ジャンカラ」などの有名店舗でも導入されている定番のシステムです。

ゴーストレストランと呼ばれるデリバリー特化のブランドを複数導入する場合も、注文管理から売上の集計、Camelのビッグデータを活用したデータ分析ができるのでデリバリー事業の成功に欠かせないシステムです。

既存のPOS・OESシステム、キッチンプリンターなどとも連携ができるため、デリバリー注文のPOS端末やOESへの手動入力、紙に書き写すなどの手間が省かれ、オペレーションの効率化が期待できます。

また、公式連携可能なデリバリーサービスの種類が豊富な点が最も大きなメリットです。公式連携ができていないシステムの場合、情報の共有にタイムラグが発生してしまうなど運営に大きな影響がでるリスクがあることを考えると、この点は非常に重要です。

さまざまなデリバリーサービスを活用して作業が煩雑で困っている飲食店や今後導入を増やす予定の飲食店におすすめしたいシステムです。

費用特徴・機能
要問合せ複数のデリバリーサービスの受注・集計・各種設定/POS・OESやキッチンプリンターとの連携も可能/
無料トライアル
要問合せ

2.ガルフCSM

ガルフCSMは、「吉野家」や「串カツ田中」など、全国に店舗を展開するような大手がこぞって導入しているテイクアウト&デリバリー一括管理システムです。

別で展開されている、勤怠管理やWeb給与明細サービスも同時に利用できるため、店舗経営に関わるデータをガルフCSMひとつで確認できます。業務効率を向上させるために、人手不足に悩まされている飲食店におすすめです。

また、365日ヘルプデスクが用意されており、急なシステムの問題が発生しても安心です。

費用特徴・機能
要問合せPOS連携/別システムとの連携で給与管理や勤怠管理が可能/365日ヘルプデスクが用意されている
無料トライアル
要問合せ

https://www.gulfnet.co.jp/csm/lp_delivery/

3.Hubster(ハブスター)

Hubster

ゴーストレストランから個人が経営する小規模店、店舗数の多いグローバルチェーンまで、さまざまな飲食店が導入している管理システム、Hubster(ハブスター)

Hubsterはアナリティクス機能が充実しているテイクアウト&デリバリー一括管理システムで、データで実績を確認し、伸ばせるところを伸ばすための施策を考えたり、改善できる箇所の改善策を考えるなどの施策を実践しやすい環境が整っています。

高度なレポート機能を活用して売上の最大化を図りたいお店にうってつけのシステムです。

費用特徴・機能
月額:6,900~15,000円(一店舗あたり)注文管理/メニュー管理/アナリティクス・レポート機能
無料トライアル
あり

https://www.tryhubster.jp/products/order-management

4.delico(デリコ)

delico

「焼肉ライク」のデリバリーをサポートしている管理システムとして有名な、delico(デリコ)

delicoは手厚いサポートが魅力のシステムで、システムの導入を担当者が丁寧にサポートしてくれるのはもちろん、デリバリーの新規導入についてもしっかりとサポートしてくれます。

そのため、これまでハードルが高くてデリバリーサービスの導入に踏み切ることができなかった店舗にもおすすめです。

費用特徴・機能
要問合せ視認性の高いUI/デリバリーサービスの導入を専門スタッフがサポート/伝票自動プリント可能
無料トライアル
なし

https://delico.co.jp/

宅配・デリバリーに関する管理システム ソフト比較5選

これらは、宅配&デリバリーに関するおすすめの管理システム・管理ソフトを比較した比較表です。

宅配&デリバリーに関する管理システム&ソフト比較5選

先ほど紹介した4つのシステムとは異なり、Uber Eatsや出前館などのプラットフォームから入る注文を一元管理できるタイプのシステムではなく、テイクアウトやデリバリーのサービスをサポートしてくれるシステムとなっています。これまでテイクアウトやデリバリーの需要の高さや対応の必要性を感じつつ、なかなか導入に踏み切れずにいた店舗にとって、非常に魅力的なシステムとなっています。それぞれの管理システムについて詳しく解説していきます。

1. テイクイーツ

テイクイーツ

1,100以上の店舗での導入実績がある宅配&デリバリー管理システム、テイクイーツ

テイクイーツは非常に機能が充実しているシステムで、テイクアウトやデリバリーの注文管理が行えるのはもちろん、原材料の表示やデータ活用、プロモーションまで一つのシステムでまとめて操作できます。

通販とも連携できるので、店舗だけでなく通販サイトを運営しているお店におすすめの管理システムです。

費用
ベーシック月額費用:0円/サービス手数料:8%/オンライン決済手数料:3.6%
スタンダード月額費用:20,000円サービス手数料:1.4%オンライン決済手数料:3.6%
エンタープライズ要相談
特徴・機能
無料で始められるテイクアウト&デリバリーシステム/通販サイトとまとめて運用することも可能/ケーキからお寿司までさまざまな店舗に対応

https://take-eats.jp/

2. Square オンラインビジネス

Square オンラインビジネス

アメリカ発のモバイル決済サービス、Square(スクエア)

そのSquareが提供している、ウェブサイトの構築からオーダーの受付、顧客管理まで行える管理システムが、Square オンラインビジネスです。Square オンラインビジネスは注文が入ったときの決済手数料こそかかるものの、無料で利用できるプランも用意されています。

また、Googleの検索結果画面やFacebook、Instagramから注文を受け付けることも可能で、販路を増やしたい店舗にうってつけのシステムです。

費用
フリー月額費用:0円決済手数料:3.6%
プラス
月額費用::3,375円決済手数料:3.6%
プレミアム月額費用::9,180円決済手数料:3.3%
特徴・機能
Googleの検索結果からの注文受付SNSからの注文受付幅広い決済手段

https://squareup.com/jp/ja/l/ecom-2

3. デリPRO

デリPRO

デリバリーからテイクアウト、イートインまで幅広く対応できる管理システム、デリPRO

デリPROは宅配システムとして10年以上の実績がある管理システムで、顧客管理から売上分析メール配信などの販売促進機能まで、さまざまな機能が搭載されています。

運用開始後の課題や悩みのヒアリングなどフォローアップ体制も整っているので、管理システムの導入に不安を感じている店舗におすすめです。

費用
初期費用49,800円
月額費用12,800円
特徴・機能
SNSからの注文/受付幅広い決済手段/ギフトカードの導入

https://www.delipro.jp/

4. Repitte(リピッテ)TAKEOUT&DELIVERY

Repitte(リピッテ)TAKEOUT&DELIVERY

LINEを活用してテイクアウトやデリバリーのサービスを簡単に導入できる管理システム、Repitte(リピッテ)TAKEOUT&DELIVERY

Repitteを導入すれば、お客さんが店舗のLINE公式アカウントから行なった注文を自動で受付してくれるので、後は注文内容を確認し、テイクアウト用の商品として用意したり配達するだけです。

RepitteはIT補助金の対象となっているツールなので、なるべく金銭的な負担を減らしつつ、テイクアウトやデリバリーの管理システムを導入したい店舗におすすめです。

費用
初期費用9,800円
月額費用2,980円
オプションセグメント配信:2,020円(月額)/キッチンプリンター連携:1,000円(月額)WEB予約連携:2,000円(月額) など
特徴・機能
LINEからの注文受付/注文管理/顧客管理/メッセージ配信

https://lp.repicolle.jp/takeoutanddelivery/

5. どこでも注文くん

どこでも注文くん

Repitte(リピッテ)TAKEOUT&DELIVERYと同じくLINEの機能を活用してテイクアウトやデリバリーのサービスを導入できる管理システム、どこでも注文くん

どこでも注文くんは、LINEミニアプリを活用した注文画面とチャットボットを活用した注文画面という、2種類の方法での注文に対応できる管理システムです。

チャットボットに自動返信させるだけでなく自分でメッセージを作成して送信できるようにもなっているので、店舗の経営者やスタッフがお客さんと個別にやりとりし、手厚くサポートできるという柔軟性を持ち合わせたシステムでもあります。

費用
ライトプラン月額費用:6,000円
通常プラン月額費用:9,000円
特徴・機能
受取日指定事前決済(PayPay、クレジットカード)プリンターやPOS連携

https://choose-monster.com/anywhere-chumonkun/

失敗しない宅配・デリバリーシステムの選び方

宅配・デリバリーシステムを有効活用して店舗の業績を伸ばすには、最適なシステムを選んで導入しなくてはいけません。

そこで押さえておきたいのが、宅配・デリバリーシステムの選び方です。

宅配・デリバリーシステムを選ぶ際のポイントとしては、以下の3点があげられます。

  • 機能
  • 費用
  • 使いやすさ

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

機能で選ぶ

宅配・デリバリー管理システムに備わっている機能は、それぞれのシステムによって異なります。

どういった機能が備わっているか確認しながらそれぞれのシステムを比較し、必要な機能や魅力的に感じられる機能が備わっているシステムを選ぶようにしましょう。

ホームページですべての機能を確認できないものもあるので、問い合わせて確認したり、資料をダウンロードして確認するなどして対応するようにしてください。

Camel タブレット一元管理ツール(株式会社tacoms)の詳細情報

費用で選ぶ

多機能な管理システムは魅力的ですが、機能が豊富な管理システムは導入にかかる費用が高額になりがちです。いくら多機能なシステムでも費用が高額すぎるのはNGです。

まずは宅配・デリバリー管理システムの導入に利用できる予算を設定・確認し、機能と費用を天秤にかけながら予算内におさめられるものを選ぶようにしましょう。

使いやすさで選ぶ

宅配・デリバリー管理システムを選ぶ際は使いやすさについても確認しておかなくてはいけません。

多機能で安く使える管理システムは非常に魅力的ですが、扱いづらいものは避けるべきです。特にデザインが悪く直感的に操作しづらいシステムを導入してしまうと、忙しいときに注文をうまく捌けなかったり、ミスにつながる可能性があります。

使いづらいシステムの導入を避けるためにも、無料トライアルや無料期間を活用しながら実際に使ってみて、より扱いやすいものを選ぶようにしましょう。

まとめ

市場規模の予想を見てもわかるとおり、テイクアウトやデリバリーに対する需要は今後も高まっていきます。

その需要にしっかりと対応して業績を伸ばしていくためにも、飲食店は宅配・デリバリー管理システムの導入を前向きに検討するべきです。

今回紹介した11種類の管理システムはいずれも評価が高いシステムばかりなので、どのシステムを選んでもらっても満足してもらえるはずです。

ただ、システムによって備わっている機能や料金などが異なるので、「失敗しない宅配・デリバリーシステムの選び方」を参考にしながらそれぞれのシステムを比較し、最適なシステムを選ぶようにしてください。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。