食専門のフランチャイズ比較

デリバリー注文一元管理サービス選びの決定版!Camelの魅力とは?

近年、新型コロナウイルスやライフスタイルの変化に伴い、飲食店のデリバリーサービスの需要が増加しています。多くの店舗が複数のデリバリーサービスを導入しているものの、それに伴う管理の手間や人手不足の課題が生じています。

この問題を解消するキーとして、デリバリーサービスを一元管理するサービスが注目されています。しかし、多様な機能や料金形態が存在するため、最適なサービスの選択が難しい状況です。

複数のサービスのなかで、「Camel」はその魅力とコストパフォーマンスで注目を浴びています。

本記事では、デリバリー管理サービスの選び方やCamelの特徴を中心に、導入を考える方々に役立つ情報をお伝えします。

デリバリー市場の現状と課題

fooddelivery

デリバリー市場の急成長

近年、デリバリー市場は驚異的なペースで成長しています。新型コロナウイルスの影響を受け、外出自粛が続くなか、多くの人々が食事のデリバリーを利用するようになりました。都市部を中心に、さまざまなジャンルの飲食店がデリバリーサービスを展開し、消費者には前例のないほどの選択肢が提供されています。この急速な市場の変動は、飲食業界に新しいビジネスの機会をもたらしています。

飲食店のデリバリー導入の背景

飲食店がデリバリーサービスを導入する背景には、消費者のニーズの変化があります。忙しい現代人は、外食する時間がないため、自宅や職場で手軽に食事ができるデリバリーサービスに注目しています。また、飲食店側も、店舗での営業だけでは利益を上げるのが難しくなっており、新たな収益源としてデリバリーを取り入れる店舗が増えています。

現行デリバリーシステムの課題点

デリバリーサービスを導入する際の主な課題として、複数のサービスを同時に利用することに伴う管理の手間が挙げられます。

例えば、Uber Eatsや出前館など、異なるデリバリーサービスを利用している場合、タブレット端末を複数用意する必要があります。それだけでなく、注文処理のためのPOSレジやハンディ、オーダーシステムなどを用意し、端末ごとに設定や連携の作業も必用です。

また、売上データを集計・管理する場合、各管理画面を一つずつチェックし、まとめなければならず、作業が煩雑で時間も手間もかかります。

また、複数の端末を同時に扱っていると、注文入力・集計ミスや二重登録、抜け漏れといったヒューマンエラーも発生しやすくなります。

各サービスには手数料が発生するため、利益を増やすためにデリバリーサービスを導入したはずが、人件費の高騰で逆に利益が出なくなるという状況に直面する可能性があります。

このような問題を解消するためには、利益を最大化しつつ、管理の手間を減らすことができるデリバリーシステムの選択が必要です。

デリバリー注文一元管理サービス おすすめ 4選

デリバリー注文一元管理サービス おすすめ4選

Ordee(オーディー): カスタマイズ性に優れる

注文管理サービスOrdee(オーディー)

Ordee(オーディー)は、デリバリー注文一元管理サービスの中でも、特にカスタマイズ性に優れていることで知られています。飲食店のニーズに合わせて、システムを柔軟にカスタマイズすることが可能で、これにより店舗ごとの独自の注文フローや特別なプロモーションを実施することができます。高度なカスタマイズ機能により、他店との差別化を図ることが可能となります。

ただし、Ordeeの導入条件としては20店舗以上の企業に限定されているため、個人店や小規模な店舗での利用は難しい点を考慮する必要があります。

https://ordee.io/

Hubster: 複数デリバリーサービスとの連携強化

注文管理 | Hubster ハブスター

Hubsterは、複数のデリバリーサービスとの連携を強化することを主眼としたサービスです。一つのダッシュボードで、複数のデリバリーサービスの注文を一元管理することができるのはもちろん、各デリバリーサービスの特徴やキャンペーン情報、ランキングデータなども一覧できるのが特徴です。

大手デリバリーサービスだけでなく、地域密着型のサービスとの連携も強化しており、地域に根ざしたサービス提供を目指す飲食店に特に適しています。また、ユーザーのフィードバックや評価をリアルタイムで確認することができ、サービスの改善や新メニューの開発に役立てることができます。

https://www.tryhubster.jp/products/order-management

delico(デリコ): シンプルで使いやすい

デリバリー・テイクアウトの一元管理ならdelico

delico(デリコ)は、シンプルで使いやすいインターフェースが特徴のデリバリー注文一元管理サービスです。煩雑な設定や操作は一切不要で、飲食店スタッフでもすぐに使いこなすことができるのが大きな魅力です。基本的な機能はもちろん、キャンペーンやクーポンの発行などのマーケティング機能も充実しており、集客やリピート促進に役立ちます。

初めてデリバリーサービスを導入する飲食店や、シンプルな操作性を求める店舗に最適です。また、delicoは顧客データの分析機能も備えており、顧客の嗜好や注文傾向を詳細に分析することができ、メニューやサービスの最適化に活用することができます。

https://delico.co.jp/

Camel: 一元管理のリーダー

デリバリー注文の一元管理ならCAMEL

Camelは、デリバリー注文一元管理サービスとして、全国で8,000店舗以上に導入されているサービスです。多くのデリバリーサービスと連携できるため、複数のチャネルを持つ飲食店におすすめです。複数店舗を運営する企業でも、月別や店舗別の売上集計がダッシュボードで可能で、売上分析や施策立案に役立ちます。既存のPOSやOESとの連携も容易で、デリバリー注文の手入力の再入力の手間が省けます。

Camelの大きな魅力は、そのサポート体制です。導入から運用、さらには売上向上のためのアドバイスまで、Camelの専門チームが徹底的にサポートしてくれます。飲食店オーナーは、デリバリーサービスの運用に関する不安や疑問を持つことなく、安心して業務を進めることができます。

このように、Camelは飲食店オーナーにとって、デリバリー注文一元管理サービスの中で最も信頼できるパートナーと言えるでしょう。

他のサービスでは実現できないCamelの特別な機能やメリットがあります。

https://www.camel-delivery.com/

Camelサービス詳細

Camelの圧倒的な機能とメリット

飲食店オーナーにとって、デリバリーサービスの選択は現在大きな課題です。市場での競争が激しく、多種多様なデリバリーサービスが提供されていますが、Camelは「デリバリー比較」において頻繁に言及され、多くの飲食店オーナーから信頼を受けています。

Camelが高く評価される理由と、その優れた機能と利点について詳しくご紹介します。

一元管理の実現

Camelの最大の特徴は、複数のデリバリーサービスを一つのインターフェースで一元管理することができる点にあります。これにより、飲食店オーナーは複数のアプリやサイトを切り替えることなく、すべての注文を一括で管理することができます。

さらに、商品の品切れ設定や休業設定も簡単に行うことができるため、突発的な変更や急な休業にも柔軟に対応することが可能です。業務効率の大幅な向上をもたらし、迅速かつ正確な対応を実現します。特にピーク時の注文対応や、複数のデリバリーサービスを併用している店舗にとっては、Camelの一元管理機能は非常に価値の高いものとなります。

POS・OESとの連携で分析が楽に

Camelは、POS(Point Of Sale)OES(Order Entry System)とのシームレスな連携が可能です。従来、手書きでの注文伝票の移し替えや、POS端末、OES/ハンディ端末へのデリバリー注文の打ち直しといった煩雑な作業が発生していた店舗にとって、これは大きな味方となるでしょう。

Camelの導入により、これらの手間が大幅に削減され、注文データの一元管理が実現します。結果として、飲食店オーナーやスタッフの業務負担が軽減されるだけでなく、正確な売上分析や在庫管理がスムーズに行えるようになります。

多店舗運営のサポート

多くの店舗を経営するオーナーにとって、端末への大量のメニュー登録は負担となることがあります。しかし、Camelを利用することで、大量のメニュー登録を一括で行うことが可能です。

そのため、新メニューの追加や期間限定の特別メニューの設定も簡単に行えるようになります。

さらに、各店舗のデリバリー注文や売上を一元的に管理・分析することができるため、経営判断のスピードと正確性が向上します。

これらの機能により、オーナーは各店舗の売上や顧客の動向、さらには売れ筋商品や顧客の好みの変化などを一つのダッシュボードで確認し、迅速な対応や戦略的な施策を立てることができます。

ゴーストレストランのサポート

近年のトレンドであるゴーストレストランモデルにもCamelは対応しています。ゴーストレストランとは、物理的な店舗を持たず、デリバリー専門で運営する新しいビジネスモデルのことを指します。このモデルの最大のメリットは、店舗の維持費や人件費を大幅に削減できる点にありますが、その一方でオンラインでの注文受付率の向上や注文の見逃しを防ぐことが非常に重要となります。

Camelは、そのようなゴーストレストランの課題を解決する機能を持っています。オンライン率の改善をサポートし、注文の見逃しを防ぐことで、機会損失を減少させることが可能です。

さらに、Camelはビックデータを活用したサービスも提供しており、これによりブランドの自社開発の支援も行えます。例えば、顧客の注文傾向や好みの分析をもとに、新しいメニューやキャンペーンの提案が可能となります。

ゴーストレストランでおすすめのフランチャイズ

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!! 【食べログ評価「3.5」以上の有名店。だから売れる!】Mrs Istanbul Kebab Delivery

株式会社TGAL

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!     \ 月間売上572,230円の実績!/Uber Eats評価4.6(Uber Eats 拠点数152店舗)の人気ブランド

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!! 【【SNSで大流行!揚げるだけ!】本場!!アメリカ直輸入!!Harvest Potatoes

株式会社TGAL

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!     \Uber Eats 拠点数212店舗!/月間売上650,990円の実績(Uber Eats評価4.6)の人気ブランド

【店舗・キッチンカーを運営中の方】又は【直近1カ月以内に開業を予定の方限定】 !!!!【伝説のあのブランドが、デリバリーで復活!】なんでんかんでん

株式会社TGAL

\ 月間売上714,220円の実績!/Uber Eats評価4.4!東京人が初めて食べた豚骨ラーメン!!「なんでんかんでん」をイートイン&デリバリーの”二毛作ラーメン店”として展開頂けます。

ゴーストレストラン

フランチャイズ

開業資金や営業利益など、
気になる情報を公開中!

売上分析と効果的なプロモーション

Camelの高度な分析機能を活用することで、飲食店オーナーは顧客の購買傾向や好みを詳細に把握することができます。

どの時間帯に最も注文が集まるのか、どの曜日が売れ筋なのか、どの地域での注文が多いのか、さらにはスイーツ系の商品が売れるのか、それともガッツリ系の商品が好まれるのかといった情報を得ることができます。

このような情報をもとに、効果的なプロモーションの企画やメニューの最適化、さらには特定の時期やイベントに合わせたキャンペーンの提案が行えます。これにより、売上の向上だけでなく、顧客満足度の向上も期待できます。

デリバリー管理システムの導入事例

デリバリー管理システムの導入により、多様な業種や規模の飲食店が業務効率の向上と売上増を実現している実例をご紹介します。

株式会社E-MATE: ファストフード業界でのCamel導入の効果

株式会社E-MATEは、都内を中心に複数のファストフード店を展開している企業です。従来、各店舗で異なるデリバリーサービスを利用していましたが、管理が煩雑となり、業務効率の低下が懸念されていました。Camelの導入後、複数のデリバリーサービスを一元管理することができるようになり、注文の受付や売上の集計が大幅に効率化されました。また、Camelの分析機能を活用して、顧客の購買傾向を把握し、ターゲットに合わせたプロモーションを展開することができるようになりました。

★CRISPY CHICKEN n’ TOMATO(株式会社E-MATE)

参考:https://www.camel-delivery.com/case-study/cp2bmdvjqp

ドリームアドバンス株式会社: 高品質なサポートでの業務軽減

ドリームアドバンス株式会社は、高級レストランを運営する企業です。高品質なサービスを提供するため、デリバリーの品質管理には特に力を入れています。しかし、複数のデリバリーサービスを利用していたため、品質管理や顧客対応に時間がかかっていました。Camelの導入により、一元管理が可能となり、品質管理の手間が大幅に削減されました。また、Camelのサポートチームとの連携により、迅速な問題解決が可能となり、顧客満足度の向上に繋がりました。

参考:https://www.camel-delivery.com/case-study/cq13vsnnr

株式会社ねぎしフードサービス: 和食業界での自動化と接客集中

株式会社ねぎしフードサービスは、和食を提供するレストランチェーンを展開しています。店舗での接客に力を入れているため、デリバリー業務の効率化が求められていました。Camelの導入により、注文の自動受付や売上の自動集計が可能となり、スタッフは接客に専念することができるようになりました。また、Camelの分析機能を活用して、各店舗の売上や顧客の動向を詳細に分析し、接客やメニューの改善に役立てています。

参考:https://www.camel-delivery.com/case-study/5pigl49p9

Camelを導入する際のステップ

STEP

導入の流れ

Camelを導入する際には、まず、Camelのアカウントを作成することから始めます。

この際、店舗情報やメニュー情報、配達エリアなどの基本情報を設定することが求められます。次に、タブレットやプリンターなどの機器を設置し、Camelのアプリやシステムとの連携を行います。このセットアップが完了したら、次はスタッフのトレーニングが必要となります。スタッフはCamelの使い方を研修を通じて学び、注文の受け取り方や管理画面の操作方法など、日常業務での使用方法を習得します。

そして、実際に数件のテスト注文を行い、システムの動作を確認します。このテスト運用を通じて、システムに問題がないか、またスタッフが操作に慣れているかを確認することができます。

導入後のフォローアップとサポート

Camelのサポートは、システムを導入した後も終わりません。実際に、導入後が最も重要なフェーズと言えるでしょう。

Camelは飲食店オーナーとそのスタッフをしっかりとサポートし、デリバリーシステムの運用に関する疑問やトラブルが発生した際には、迅速に対応するサポートチームが待機しています。

まとめ 

飲食業界は、テイクアウトやデリバリーの需要が増加するなか、新たなビジネスモデルやサービスの提供が求められています。

Camelの導入は飲食店にとっての強力な武器となります。一元管理機能により、注文の受付から売上の集計までをスムーズに行い、効率的な運営を実現します。さらに、顧客の購買傾向を分析し、マーケティング戦略を練ることで売上向上が期待できます。

飲食業界のトレンド、特にゴーストレストランや多店舗運営への対応もCamelの強みです。Camelは、飲食店がデリバリー市場で成功を収めるための必須ツールと言えるでしょう。

Camelサービス

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。