飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

業種の特徴

>

【2022】キッチンカー・移動販売についての市場と特徴や収益構造をどこよりもわかり易く解説!

【2022】キッチンカー・移動販売についての市場と特徴や収益構造をどこよりもわかり易く解説!

キッチンカー・移動販売の定義と特徴

移動販売は実際の店舗を持たずに、専用の自動車などで商品を提供することです。

移動販売で取り扱われるものは、昔から移動販売として有名な豆腐焼き芋などから雑貨まで、様々なものがあります。

その移動販売の一種としてキッチンカーがあります。

キッチンカーとは、車内に食品を調理する設備が備えられた車両を指し、その場で調理した料理を提供します。

キッチンカーだけでなく「フードトラック」や「ケータリングカー」などと呼ばれることもあります。

車両に備わっている設備によって、定番のクレープやケバブから和風の丼ものなど、幅広いジャンルに対応することが可能です。

近年は、カフェで提供されるような軽食メニューやランチメニューを提供するキッチンカーが人気になっており、メニューや出店場所の自由度が高いことから、新たに飲食店の開業を考えている人からも注目されています。

キッチンカー・移動販売の市場について

それでは、話題のキッチンカーの市場規模は一体どのように変化をしているのでしょうか。

画像引用元:キッチンカー - 調べる - Google トレンド

Googleが提供するGoogleトレンドというツールで「キッチンカー」という検索ワードの人気度について見てみると、2019年から現在までだんだんと上昇していることがわかります。

コロナ禍で店内飲食の自粛や規制が厳しくなり、飲食店が新たにキッチンカーでテイクアウト販売を始めるなど、新たな形態としてキッチンカーを利用するようになったことも人気が上昇した要因の1つのようです。

株式会社Mellowの発表によれば、同社が展開するモビリティビジネス・プラットフォーム「SHOP STOP」の登録店数は、2019年12月の約700店から2022年6月には1,600店以上にまで増加しており、コロナ禍前に比べて2.2倍になっています。
参考:https://www.group.dentsu.com/jp/news/release/000739.html

また、キッチンカーの製造・販売・出店サポートをしている「MYキッチンカー」の運営をする株式会社3Aが行った「キッチンカーの需要調査」によると、対象者500人のうち95%が「住んでいる地域にキッチンカーがある」と回答し、91%が「キッチンカーを利用したことがある」と回答しています。

同調査によるキッチンカーの利用頻度については、以下のようになっています。

利用頻度回答人数
半年に1回267人
月に1回163人
週に1回18人
毎日~週に2.3回7人
利用頻度全体の割合
半年に1回59%
月に1回36%
週に1回4%
毎日~週に2.3回2%

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000074684.html

一番回答が多い利用頻度は「半年に1回」となっており、回答した半数以上の人はまだキッチンカーを利用する頻度が高くありません。

しかし、3割以上の方が「月に1回」と回答しており、今後もさらにキッチンカーが増えていけば、キッチンカーの利用頻度もさらに高くなることが期待できます

これらのデータから、現在の市場規模はまだそこまで大きいとは言えませんが、確実に成長しており、今後も市場規模が拡大することが予測できます

キッチンカー・移動販売の収益構造

実際にキッチンカーを開業し利益をあげていくためには、収益の構造について把握しておく必要があります。

何に対して費用がかかってくるのかを理解した上で、どの部分にお金をかけるのかについて試行錯誤していくことがキッチンカーでの成功に繋がるでしょう。

キッチンカー・移動販売でかかる費用の内訳

キッチンカーを営業するために主に必要とされる費用の目安は、以下のようになっています。

項目費用
原材料費30%
交通費2%
梱包材費2%
販売促進費0.5%
消耗品費0.5%
水道光熱費2%
通信費1%
PL保険料5,000~10,000円
車両維持費約150,000円
その他広告宣伝費や仕込み場所の家賃

キッチンカーの場合でも飲食店の営業許可を取得する必要があります。

飲食店営業の許可申請料は各自治体の保健所で異なりますが、目安としては10,000円~20,000円ほどです。

注意

移動販売のため、営業する各地域で取得する必要がありますのでご注意ください。

また、固定費としてPL保険料キッチンカーの維持費などが発生します。

PL保険料とは、生産物賠償責任保険と言われており、販売した商品が原因で食中毒が発生するなどの万が一のトラブルに備える保険です。リスクヘッジとして加入しておくことをおすすめします。 保険の契約内容や事業規模によって費用は異なりますが、5,000~10,000円程度としています。

キッチンカーとして利用する車両維持費の内訳については、後ほど詳しく説明します。

キッチンカーの用意にかかる費用

移動販売を開業するためにまず必要なのが、キッチンカーとして利用する車両の確保です。

キッチンカーを用意するためにかかる費用について、いくつかのパターンごとに解説していきます。

自分の車を改造する場合

自分で所持している車を改造してキッチンカーにする場合、各保健所の営業許可をクリアできるような形に改造する必要があります

DIYが得意な方であれば、自分で改造することも可能ですが、移動販売車を制作している会社に改造を依頼することもできます。

DIYで改造を行う場合にかかるであろう費用の目安は以下です。

項目費用
自作(DIY)用工具約20,000円
電源約300,000円
水道、シンク関連約55,000円
換気扇約3,000円
収納関約10,000円
自作(DIY)の棚や調理台など約20,000円
調理機材約80,000円
冷蔵庫約30,000円
合計約518,000円

また、移動販売車の制作会社に改造を依頼をする場合の一般的な費用は以下になります。

軽バンタイプ
ベース車+内装設備約250万円
車両持ち込み、内装設備のみ約160万円
大型バンタイプ
ベース車+内装設備約500万円

制作会社に依頼をする場合は、事前に数社で見積もりを取り、比較してから依頼することをおすすめします。

キッチンカーを購入する場合

続いては、新車もしくは中古車のキッチンカーを購入する場合の費用についてです。

新車のキッチンカーの場合は、フルオーダーで改造することができるため、自分の理想のデザインや仕様にできる点が大きなメリットです。

新車のキッチンカーを購入する場合の費用相場は以下です。

車種費用
軽トラックベース200万円〜400万円
普通トラックベース400万円
特殊車両やバス等1000万円以上

※導入する調理器具や外装デザインによって費用が異なります。

中古車のキッチンカーを購入するメリットは、費用が抑えられるだけでなく、改造が不要なため新車の場合よりも早く開業することが可能な点です。

中古車の費用相場は150万〜300万円ほどですが、車両の走行距離やメンテナンス歴によっても大きく異なります。

注意

あまりにも金額が安い場合、車両自体やキッチンボックス等が破損・汚損している可能性もありますので、購入する際は慎重に検討する必要があります。

キッチンカーをレンタルする場合

キッチンカーを短期で利用することが目的なのであれば、レンタルするという選択肢もおすすめです。

レンタルについては「短期」か「長期」で大きく分けることができます。

短期レンタルは、単発のイベントなどで利用されることが多く、平日と祝日でレンタル費用が異なる場合がほとんどです。

費用相場は以下になります。

レンタル費用
平日30,000~50,000円
土日祝70,000~100,000円

長期レンタルでは基本的に長期割引が適用されるため、日割り計算をすると短期レンタルよりも安くなっていることがほとんどです。

安価な会社でレンタルする場合は、長期でレンタルすることで月30万円以下に費用を抑えることができます。

注意

ただし、レンタル期間が半年から1年以上となる場合は、中古のキッチンカーを購入したり、価格を抑えて移動販売車を制作する場合と費用があまり変わらなくなることが多いです。

本格的にキッチンカーの開業を考えている方は、レンタルについては慎重に考える必要がありそうです。

ガソリン代と駐車料金がかかる

先ほどキッチンカーでかかる費用の内訳でも少し触れましたが、キッチンカーは自動車のため固定費として維持費が発生します。

また、出店場所や仕入れ先に向かう際のガソリン代や高速道路の料金など交通費もかかってきます。

キッチンカー維持費の内訳とそれぞれの費用の目安は以下になります。

項目費用
自動車税4,000~5,000円
オイル交換(都度)4,000円
自動車保険30,000〜40,000円
車検費用(2年ごと)50,000~100,000円
駐車場代10,000円

車両の維持費は車種によって大きく異なりますが、1ヶ月15万ほどを目安として考えます。

軽バンや軽トラなどの小型車であれば、費用を抑えることができますが、車体が大きくなればなるほど費用も上がってしまいます。

保険料についても、キッチンカーは業務用車の扱いになるため、年齢制限を設定できず自家用車より高めになる傾向があります。

メニュー看板・営業スポットや時間は集客に直結

集客の観点からメニュー・看板は重要なポイントです。

どんな商品を提供しているのかがすぐにわかるような看板を使用することで、近くを通っただけのお客様にアピールすることができます。

メニュー看板は、完全にオリジナルなもので問題ないので、手作りで商品やキッチンカーのイメージに合うものを作成したり、業者に依頼してプロフェッショナルな看板やのれんを作成してもらうなど、魅力的な看板を使用して売上アップに繋げていきましょう。

また、営業する場所や時間も集客・売上に直結してくるポイントです。

  • ランチ系のメニューを提供しているのであれば、オフィス街で昼休憩の時間帯に合わせて営業する
  • クレープなどのデザート系のメニューを取り扱っているのであれば、学生が多い地域で放課後の時間に合わせて出店する

このように、ターゲットの年代や職業等を絞って、ターゲットとなる人が多いスポット時間帯を見極めて出店することで、集客に繋げていきましょう。

キッチンカー・移動販売のメリットデメリット

さて、キッチンカーで移動販売をする場合、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。

それぞれについて解説していきます。

メリット

まずはメリットとしては以下の点があげられるでしょう。

  • 開業資金が安く済む
  • 人件費がかからない
  • 客足によって営業場所を移動出来る
  • 実際の店舗を立ち上げる前の準備として利用できる

実店舗を構えて開業する場合、300万〜1000万円ほど必要と言われているのに対して、キッチンカーの開業は200万〜500万円とかなり資金を抑えて開業することが可能です。

また、スペースが限られていることもあり、オーナー1人で営業することができるため、人件費もかかりません。

さらに、その時の人通りの多さや客足によっては、出店する場所を自由に移動できることは移動販売ならではの利点です。

いずれ店舗を構えたいと考えている方にとっては、まずキッチンカーで開業するというのも一つの手です。

キッチンカーで集客できれば、実店舗を立ち上げる時にすでに常連客がいたり、お店が認知されている状態でスタートすることができます。

キッチンカー販売によって、実際に店舗を持つ前からお店を宣伝することが可能です。

デメリット

続いて、キッチンカーのデメリットは以下のことがあげられます。

  • 希望した場所での営業が難しい場合がある
  • 営業場所の自治体ごとに許可が必要
  • 違うジャンルの新メニューを出すことが難しい

人通りが多く、売れやすいとされる場所には多くのライバルがいるため、出店場所を確保することが難しいと言われています。

また、無断で出店することはできないため、企業などに営業して場所を譲ってもらう必要があるため、交渉力も求められます。

様々な場所で営業できることが移動販売の魅力ですが、営業する各自治体の保健所で飲食店の営業許可を取る必要があります。

許可を取得するまでに時間もお金も要しますので、開業したばかりの頃はむやみに移動することができないケースが多いです。

さらに、スペースが限られているため、キッチンカー内にある設備仕様で調理ができる料理はある程度のジャンルに絞られてしまうことが多く、新たなジャンルのメニューに挑戦するためには改造が必要となることがあります。

そのため、キッチンカーではメニューが固定化されやすいという傾向があります。

「キッチンカ―・移動販売」の
フランチャイズ案件を探す

まとめ

キッチンカーは開業費用が店舗を持つよりも安いため、これから飲食店を始めたいと考えている人にとってはハードルが低い飲食の販売スタイルです。

また、様々な場所に移動することができる点もキッチンカーならではのメリットです。

さらに、新型コロナウイルスの影響もあり、人との接触をなるべく避けながら、お店の食事を楽しむことができるキッチンカーに、興味や関心を持っている人も増えてきています。

今後もしばらくは、人々が安心して気軽に店内で飲食できるようになるまでは、時間がかかると予想されていることもあり、新たな飲食スタイルとしてさらに人気が上昇していく可能性が高いです。

飲食店の開業を検討されている方は、将来店舗を構えるために、まずはキッチンカーから始めてみるという方法も選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。