飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

初心者にオススメ

>

飲食店をフランチャイズ加盟して開業するメリットとは?自力で開業する場合と比べてみました!

飲食店をフランチャイズ加盟して開業するメリットとは?自力で開業する場合と比べてみました!

飲食店を開業するためにフランチャイズに加盟するか、自力で開業するべきかで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

その際、チェックしておきたいのが、それぞれの開業方法におけるメリットとデメリットです。

この記事では、フランチャイズで飲食店を開業する場合と独自開業のメリット・デメリットについて紹介していきます。

ご自身のお店を開業方法の参考にしてみてください。

飲食店の開業方法

飲食メニューを持つ女性

飲食店の開業方法には「フランチャイズで開業する方法」と「自力(独自)で開業する方法」という2種類の開業方法があります。

実際に飲食店を開業するときには、どちらの方法で開業するかを決めなくてはいけません。

フランチャイズで開業する場合は、飲食の事業をおこなっている企業のフランチャイズに加盟し、フランチャイズ契約を結んだ上で店舗を開業することになります。

一方、独自開業は、完全にゼロから自力で始める開業方法です。企業とフランチャイズ契約を結ぶ必要がないため、自由度の高い開業方法だと言えるでしょう。

フランチャイズで飲食店を開業するメリット

メリット

フランチャイズで飲食店を開業する主なメリットとしては、

  • すでに成功している飲食店のノウハウを提供してもらえる
  • 店舗運営をサポートしてもらえる
  • 集客に困らない

の、3点があげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. すでに成功している飲食店のノウハウを提供してもらえる

フランチャイズに加盟した場合、その企業がこれまでに培ってきた経験や店舗運営に関する知識をノウハウとして提供してもらうことができます

メニューのレシピや効果的なマーケティングの方法、スタッフの教育方法など、店舗運営に欠かせないノウハウを惜しみなく提供してもらえるため、より店舗運営が成功しやすくなります。

2. 店舗運営をサポートしてもらえる

フランチャイズに加盟すると、店舗運営をさまざまな面からサポートしてもらえるようになります。

これも、飲食店ビジネスの成功につながる、フランチャイズでの開業ならではのメリットの一つです。

ただ、どこまでサポートしてもらえるかはそれぞれのフランチャイズによって異なるので、サポート体制については加盟する前にしっかりとチェックしておくようにしましょう

3. 集客に困らない

フランチャイズに加盟して飲食店を開業させる場合、その飲食店の名前商標を利用できるため、集客に困りません。

その飲食店の知名度や認知度の高さにもよりますが、よほど知名度の低いフランチャイズを選ばない限りは、店舗の名前や商標で初日からある程度の集客や売上を期待することができるでしょう

フランチャイズで飲食店を開業するデメリット

デメリット

フランチャイズに加盟して飲食店を開業するデメリットとしては、やはり加盟金ロイヤリティなど金銭を支払わなければいけなくなってしまう点があげられるでしょう。

フランチャイズ開業では、その企業が運営する飲食店の、

  • 名前
  • 商標
  • メニュー
  • ノウハウ

などを使用したり提供してもらえるため、その対価として加盟金やロイヤリティの支払いが発生します。

その企業が長年の店舗運営によって得た技術やノウハウを提供してもらうため、対価が発生するのは当然です。

しかし、加盟金は高額ですし、ロイヤリティは毎月支払いが発生するため、飲食店を経営していく上ではデメリットとなります。

自力(独自)で飲食店を開業するメリット

メリット

フランチャイズに加盟せず、自力で飲食店を開業する主なメリットとしては、

  • 加盟金やロイヤリティが発生しない
  • 自由に店舗を運営できる

の、2点があげられます。

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

1. 加盟金やロイヤリティが発生しない

企業のフランチャイズに加盟して飲食店を開業する場合、加盟金やロイヤリティなどさまざまな名目で金銭の支払いが発生しますが、自分で開業するのであればこれらの支払いは一切発生しません

フランチャイズに加盟する際に支払うことになる加盟金は100万円以上になることも少なくありませんし、ロイヤリティは毎月支払わなくてはいけません。

そういった金銭の支払いが一切発生しない点は、独自開業ならではのメリットだと言えます。

2. 自由に店舗を運営できる

フランチャイズに加盟する際は本部とフランチャイズに関する契約を結ぶ必要があり、契約内容には店舗運営に関することも記載されています

フランチャイズ店とは言え、自由に経営されてしまうとその店舗の看板に傷がついてしまいかねないため、店舗を運営する上でのルールが定められているのです。

一方、自力で開業する場合、ルールを決めるのは経営者である「あなた」です。

どういった運営方針で店舗を運営していくかは経営者次第なので、あなたの思うように店舗を運営できます。

本部のルールに縛られず自由に店舗を運営できる点も、独自開業の飲食店ならではの大きなメリットの一つです。

自力(独自)で飲食店を開業するデメリット

デメリット

フランチャイズでの開業にはない魅力的なメリットがある独自開業ですが、

  • 自分で一から集客する必要がある
  • 手探りの状態で店舗を運営しなくてはならない

という、独自開業ならではのデメリットもあります。

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

1. 自分で一から集客する必要がある

フランチャイズに加盟して飲食店を開業する場合、元々の知名度や認知度の高さを利用して店舗を運営できるため集客に困るようなことがありません。

その飲食店の知名度や店舗を開業する地域にもよりますが、初日からある程度の売上が見込めるはずです。

一方、自力で飲食店を開業する場合は、店舗の名前や存在をお客さんに認知してもらうところから始める必要があります

これは、店舗の知名度や認知度を利用できない独自開業ならではの大きなデメリットだと言えるでしょう。

2. 手探りの状態で店舗を運営しなくてはならない

飲食店を独自開業する場合、フランチャイズに加盟して開業する場合とは異なり、飲食店の運営に関するノウハウが一切ありません

これまでに飲食店を運営した経験があったり飲食店で働いた経験があればそのときの経験や知識を活かしながら店舗を運営できます。

しかし、そうでない場合は手探りの状態で店舗を運営し、ビジネスとして軌道にのせなくてはいけません

  • 仕入れ
  • メニューの開発
  • 経理
  • 採用
  • スタッフの教育

など、すべて自分で対応する必要があるため、店舗運営が軌道にのるまでの苦労はフランチャイズの比ではありません。

これも独自開業ならではの大きなデメリットの一つだと言えます。

まとめ

まとめ

フランチャイズに加盟して飲食店を開業する方法と自力(独自)で開業する方法のメリット・デメリットについて紹介してきました。

自力開業にはフランチャイズでの開業にはないメリットがありますが、これまで一度も飲食業界でのビジネスに携わったことがない場合はリスクが高いです。

飲食店の運営は決して簡単なものではなく、軌道にのせられず廃業してしまうケースも少なくありません。

一方、フランチャイズ店として開業する場合、すでに飲食店として成功している企業のノウハウを活用しながら店舗運営に取り組むことができます

これから飲食店を始めたいと考えている方はフランチャイズに加盟して開業することを前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。