飲食のフランチャイズ、独立・開業情報ならFood's Route

>

独立・開業情報コンテンツ

>

独立・開業を考えている方へ

>

脱サラしてフランチャイズでのビジネスに挑戦する前にやっておくべきことと注意点

脱サラしてフランチャイズでのビジネスに挑戦する前にやっておくべきことと注意点

フランチャイズでのビジネスに興味を持っている方の中には、「脱サラして挑戦してみたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか?

一念発起してチャレンジすることは素晴らしいことですが、リスクをとってビジネスに挑戦するからには何としてでも成功しなくてはいけません。

そこでこの記事では、フランチャイズでのビジネスに挑戦する前にやっておくべきことと注意点について紹介していきます。

脱サラを考えている方にとって必見の内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

フランチャイズでビジネスを始めるメリット

メリット

脱サラする前に知っておかなくてはいけないのが、フランチャイズでビジネスを始めるメリットについてです。

自分でイチからビジネスを始めるのではなくフランチャイズで始めるメリットとしては、以下があげられます。

  • 加盟するフランチャイズのブランド力を活用できる
  • ビジネスに関するノウハウを提供してもらえる
  • 仕入れ先を紹介してもらえる

知名度の高いフランチャイズに加盟した場合、そのブランド力だけで一定数のお客さんを獲得できるので集客に困りません。

店舗運営や教育などビジネスに関する再現性の高いノウハウを提供してもらえる点は、初めてビジネスに挑戦する方にとって非常に魅力的です。

また、飲食店や小売店のフランチャイズに加盟してビジネスを始める場合、独自のルートを通じて格安で食品や商品を仕入れられるというメリットもあります。

フランチャイズでビジネスを始めるデメリット

デメリット

フランチャイズに加盟してビジネスを始める方法にはメリットもあればデメリットもあります。

主なデメリットとしては、以下があげられます。

  • 加盟金やロイヤリティの支払いが発生する
  • 自由度が低い
  • 契約を巡ってトラブルになることがある

フランチャイズに加盟すると店舗名やロゴを使用できるようになり、メニューやレシピ、ノウハウも加盟先から提供してもらえますが、その見返りとして加盟金やロイヤリティを支払わなくてはいけません。

フランチャイズに加盟するとその企業の看板を背負って商売をすることになるため、商品開発や宣伝方法に制約が生じてしまうこともあります。

また、フランチャイズに加盟するときに締結する契約書の内容を巡ってトラブルに発展することもあるため、契約書の内容をしっかりと確認した上で契約を結ぶ必要があります。

脱サラするまでにやっておくべきこと

TODOリスト

フランチャイズでのビジネスに挑戦するのであれば、脱サラするまでにやっておくべきことがたくさんあります。

脱サラするまでに最低限やっておくべき準備として、5つがあげられます。

  • 個人事業主について学ぶ
  • ビジネスの基礎知識を身につける
  • フランチャイズというビジネスモデルについて学ぶ
  • 開業資金を集める
  • 業種に目星をつけておく

それぞれ詳しく解説していきます。

個人事業主について学ぶ

脱サラして個人事業主になるのが初めてという方は、まず個人事業主になるということについて学ばなくてはいけません。

個人事業主になると、保険の切り替えの手続きや開業届の提出、毎月の経理や確定申告などすべて自分でおこなう必要があります。 これらの作業を専門家に任せることもできますが、費用が発生するため注意しなくてはいけません。

このように、ありとあらゆる場面でお金がかかるのも個人事業主ならではです。

また、クレジットカードやローンを組むときの審査に通りにくくなるなどの弊害もあります。

サラリーマンと同じ感覚でいると苦労することも多いので、個人事業主になるメリットやデメリットについて事前にしっかりと把握しておくようにしましょう。

ビジネスの基礎知識を身につける

フランチャイズに加盟するとその企業が持っている知識やノウハウを共有してもらえます。

これはビジネスに取り組む上で非常に大きなアドバンテージになりますが、必ずしもビジネスの基礎的な部分をイチから教えてもらえるわけではありません

事業主なら知っていて当たり前と言える知識については、事前に自分で学んでおく必要があります。

また、ホームページやSNSの効果的な活用法など学んでおくことでプラスになることも多いので、できるだけ事前に学んでおくようにしましょう。

フランチャイズというビジネスモデルについて学ぶ

企業のフランチャイズに加盟してビジネスを始めるのであれば、フランチャイズというビジネスモデルについても学んでおかなくてはいけません。

儲かるらしい

成功しやすいらしい

という情報だけを鵜呑みにして安易な考えで始めると、失敗する可能性が高くなります。

  • フランチャイズの仕組み
  • フランチャイズのメリット・デメリット
  • フランチャイズの注意点

など、事前に知っておかなくてはいけないことはたくさんあるので、インターネットや書籍などを活用して学んでおくようにしましょう。

開業資金を集める

ビジネスを始めるのであれば開業資金も集めておかなくてはいけません。

必要な金額は加盟するフランチャイズによって異なりますが、最低でも数百万円、高額になると1,000万円以上の開業資金が必要になることもあります

自分で工面しようと考えているのであれば数年かけて計画的に用意しなくてはいけません。

金融機関から借りるつもりなのであれば、金融機関やローン商品の情報も集めておく必要があります。

業種に目星をつけておく

「フランチャイズ」と言っても、その種類はさまざまです。

飲食店や小売店のように店舗が必要になる業種もあれば、ハウスクリーニングや営業代行など無店舗型のフランチャイズもあります。

業種選びはとにかく時間がかかるので、脱サラしてフランチャイズでのビジネスを始めるのであれば、事前にある程度目星をつけておかなくてはいけません。

気になる業種を数個ピックアップするなど、いつでも加盟に着手できるようにしておきましょう。

脱サラしてフランチャイズでビジネスを始めるときの注意点

注意事項

実際に脱サラしてフランチャイズでビジネスを始める場合、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。

これらの注意点を軽視していると事業に失敗しかねません。

脱サラしてフランチャイズでビジネスを始めるときの主な注意点としては、以下の4点があげられます。

  • 成功するかは業種と加盟フランチャイズ選びで8割決まる
  • まとまった金額の開業資金を用意する必要がある
  • 当面の生活資金も確保しておく
  • 開業すると失業保険の受給対象から外れてしまう

それぞれの注意点について詳しく紹介していきます。

成功するかは業種と加盟フランチャイズ選びで8割決まる

フランチャイズには、人気で成功しやすいと言われている業種やフランチャイズもあれば、そうでないものもあります。

人気で成功しやすい業者やフランチャイズに加盟することができればビジネスが上手くいく可能性は高くなります。

一方で、そうでない業種やフランチャイズを選んでしまうと高い確率で失敗してしまうことになるので注意しなくてはいけません。

人気のフランチャイズや今後さらに成長していくと予想されているフランチャイズとしては、以下があげられます。

  • 飲食
  • 移動販売
  • 小売
  • スマートフォンの修理
  • 清掃業

特に飲食については需要が安定しているので、有名チェーンのフランチャイズに加盟できれば上手くいく可能性は高いと考えられます

フーズルートは飲食フランチャイズの比較プラットフォームとして、利用者の満足度No.1という実績を誇るプラットフォームです。

魅力的な飲食フランチャイズとマッチングできるようになっているので、ぜひ活用してみてください。

まとまった金額の開業資金を用意する必要がある

フランチャイズに加盟してビジネスを始める場合、加盟金や保証金を用意しなくてはいけません。

加盟金や保証金の金額はフランチャイズによって異なるものの、加盟金と保証金だけで100万円以上になることも珍しくありません

  • 店舗の取得費用
  • 店舗の修繕費
  • 設備費
  • 人件費

さらに、上記のようなさまざまな費用が必要になります。

当面の生活資金も確保しておく

脱サラする前に用意しておかなくてはいけないのは開業資金だけではありません。

ビジネスが軌道にのるには時間がかかるため、最低でも半年分の生活資金を確保しておかなくてはいけません

生活がままならなくなってしまうとビジネスを継続することができなくなってしまうため、仮にそのビジネスが順調に伸びそうな兆候を見せていたとしても撤退せざるをえません。

そのような機会損失を防ぐためにも、開業資金とは別に当面の生活資金も確保した上で脱サラするようにしてください。

開業すると失業保険の受給対象から外れてしまう

脱サラしてビジネスを始めようと考えている方の中には、失業保険を受給して開業資金や生活費にあてようと思っている方も多いのではないでしょうか?

もちろん、条件を満たしていれば失業保険を受給することは可能です。

注意

ただ、一度開業してしまうと「失業者」ではなく「個人事業主」という扱いになるため、失業保険を受給することはできません。 開業したにも関わらず失業者という立場で受給を申請すると不正受給となるので注意してください。

失業保険を受給している間に準備を進め、失業保険の受給期間が終了してから開業届けを出すなど、計画的に取り組むようにしましょう。

まとめ

まとめ

脱サラしてフランチャイズでビジネスに挑戦したいと考えている方向けに、脱サラする前にやっておくべきことと注意点について紹介してきました。

フランチャイズでのビジネスには、自分でイチから起業する方法にはないさまざまなメリットがあります。

すでに成功している企業のブランド力やノウハウを活かしながらビジネスに取り組める点は、脱サラというリスクを取って企業する方にとって特に大きなメリットになります。

しかし、いくらフランチャイズに加盟してビジネスを始めると言っても、準備もせずに成功できるほど甘いものではありません。

失敗を避けたいと考えているのであれば、最低でもこの記事で紹介した内容を実践した上で脱サラするようにしましょう。

希望条件にあった
フランチャイズ案件を探す

この記事をシェアする

新着記事一覧

飲食業での出店・独立・開業をご検討の
皆様を応援します

Food's Routeは、飲食でフランチャイズを検討されている方とフランチャイズオーナー様の募集情報の掲載、マッチングをはじめ、 開業にまつわるさまざまな情報を提供する独立・開業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。